2018年 02月 16日
インフルA
パンダちゃんちのおじちゃんのお話するね。

昨年末にインフルエンザの予防注射を打ったの。

たぶんAってやつの注射。

一瞬チュっと痛くて、でも5秒で打ち終わって、ハイお支払い。

ありがたさが薄かったよね。

最後の1本ですよって、さもありがたそうに言われたって。

まあ免罪符っていうか、安心だよね。

そんでね。

パンダちゃんちのおばちゃんは、いつだって手洗いウガイがうるさいおばちゃんなの。

夏でも冬でもガラガラぺッってやってるの。

おじちゃんもしっかり仕込まれてるよ。

おうちに帰ったら真っ先に洗面所だよ。

ある晩おじちゃんが鼻水垂らしてへんな顔してるの。

ガラガラペッってしてお布団に入ってたけど、へんだへんだって言ってるの。

そしたらインフルだって。

Aだって、診断書をもらってきたの。

おかしいよね。

人ごみに入った覚えもないし、注射も打ったのに、大当たりだよね。
d0182119_20272083.jpg
そんでね。

おかゆおかゆって大騒ぎして、おかわりいっぱい食べてるの。

どさくさでアイスとかプリンとか食べてるの。

みんなも気を付けてね。

気を付けようがわからないよね。

[PR]

# by kerokikaku | 2018-02-16 20:32 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 02月 11日
イタイタ
てもみんに行くって、それは言葉の綾。

ほんとはてもみんでなく、中国漢方整体院という大陸のお姉さんがひとりでやっている近所を予約した。

年に1度くらい、しっかり強くやってほしい時に行く。
たまにお姉さんの細く圧のきいた指でギュウギュウしてもらう。
普段はてもみんか、りらくる。

昨年、家の者が肩こり腰痛で「中国(と我が家では呼ぶ)」に週イチで通った。
すると決まって尻子玉を抜かれたようになって帰ってくる。

60分コースなのに2時間帰ってこないこともザラだった。
時間になってもやめず、痛がっても一切ちからをゆるめず、らしい。
痛くて痛くて恐怖なのだと。

それでも翌日から「カラダが動く」という。
効いているのかもしれない。
フラシーボ5割な気もする。

肩が悪すぎるので、予約を強要されていた。
翌週も「こわいよこわいよ」と言って出かけ、予定の60分もとうに超え、尻子玉を抜かれて帰ってくる。

しっかりしなさい、とバカにした。
男子は痛みに弱い。
おおげさだ。

こわすぎると言って、具合がおさまってから「中国」へ行っていない。

わたしはお姉さんの怖い目に今まであったことがない。
適度なイタキモ、で楽しみなのだ。

それで昨日、久しぶりに「中国」を予約した。
ちょいと強めのマッサージのつもりで横になった。

果たして、拷問だった。
d0182119_23245832.jpg
首と肩甲骨のコリを訴えた。
最初はいいあんばいだった。

肩にさしかかった時、何かを感じたお姉さんは、特に痛くもかゆくもなかったわたしの肩一点に狙いを定め、一気呵成に責めてきた。

「コレカ?コレカ?」と聞くので「うん」と。

わたしはマッサージで余程でなければ「痛い」とは言わない。
聞かれたので「痛い」と答えた。

てか、そんな握りつぶしたら、痛くないわけがないわな。
わざとひねりつぶしてるじゃないか。

スイッチが入ったのかなんなのか。
お姉さんは集中砲火を浴びせてきた。

やめてーとか、いたいーとか、たすけてーとか。
声も出ない、失神する寸前。

涙が出てきた。

薄れゆく意識の中で「ああ、これがうわさの」とぼんやり思った。
肩がこわれる恐怖を感じた。

前歯の着色クリーニングに行ったのに、奥歯の神経3本抜かれたみたいな。

新種のプレイかと疑った。
このまま起き上がれないと思った。

長い60分だった。
時計を見たら90分経っていた。

大目にやっといたって。
サービスがいいのは相変わらずだ。

こりゃ明日しんどいぞ。
筋肉痛で肩が上がらないぞ。

とうとうやられた。
尻子玉を抜かれた気分を味わい、フラフラで帰った。

家の者に顛末を話し、今までバカにしていた非礼を詫びた。

すると「だろ」とドヤ顔でよろこんだ。
「あの恐怖をわかってもらえてうれしい」と。

そして一夜明け。

あれだけひねりつぶされたんだもの。
起き上がれるかと心配したが、ふつうだった。

なぜだろう。
肩が軽い。

ポイントを触るとそれなりに痛むが、触らなければ痛くない。

あれ?すごーく軽い。
ふわふわだ。

コリ固まっていた首と肩甲骨のことは、忘れてしまった。
凝っていたのかどうかさえ。

中国4千年のちから、恐るべし。

恐ろしくて、こわくてこわくて、いつまでたっても終わらなくて。
またと思うと身の毛がよだつ。

マッサージなんて生やさしさはない。
お姉さんはまったく容赦しない。

イタキモでなくイタイタだ。
気持ちは全然よくなく命がけ。

本物だ。
ほんとにあかん時こそまた行こう。

イタキモのリラクゼーションを求めるときは、てもみん。
「中国」とてもみんは別もんと考えよう。

あーびっくりした。
まじで殺されるかと思った。

今までの、適度にイタキモだったお姉さんもわりと好きだった。
施術中に、北国の春やテレサテンを流したり、そんな大陸的な情緒も嫌いじゃなかったのに。

あの日には戻れないのか。

イタイタの最中に北国の春だったら辛過ぎだ。


[PR]

# by kerokikaku | 2018-02-11 23:39 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 02月 10日
あわてるなんとかのパンダちゃん
それっきり、音沙汰なしのパンダちゃんです。

どうもです。

あっちのパンダブームとは無縁です。


2018年になってからというもの。

やる気があるんだかないんだか。

その答えはひみつです。
d0182119_13283502.jpg
西でソージキ、東でゾーキンがけ。
床にはいつくばって四方八方右往左往していたら、熱が出ました。

日中はしらっと労働してますが、うちへ帰ると倒れ込み。
メガネもとらずにグーグーです。
寝ても寝ても治りません。

いまからてもみん行ってきます。
マグロになって揉まれたいパンダちゃんです。

これ、いいでしょ。
さいきんパケ買いしたステキなもの。

究極のデザインですね。

空けたら紐を二度と戻せないのでそのまんまです。
中身が食べられないけど、まいっか。

お祭り屋台で売ってたおじいさんは、完全に酩酊してました。
そこもいいですね。
d0182119_13334652.jpg
そうそう。

春3月って、なんて言いますか?

時節の表現のこと。

例のアレ、3月にやることに決まりまして。

アーリースプリングかなあと、ぼんやり入稿し、仕上がってみてびっくり。
d0182119_13371786.jpg
初春って1月だったね。
アーリーだけど、3月だと早春だね。

ちょっとの違いだけど、だめだよね。
d0182119_13375657.jpg
あーあ言わんこっちゃない。

パンダちゃんはいつだってあわてるなんとか。
なんぼ繰り返しても治らないね。

花粉よさらば、まではよかったね。
全国数千万の同士をねぎらう配慮はすてきだよね。
d0182119_13384481.jpg
げほげほ言いながら、マッキーで修正するのって、辛いね。

600部修正って、なかなかだね。
d0182119_13404711.jpg
がんばるぞ。

花粉も初春も負けないぞ。


[PR]

# by kerokikaku | 2018-02-10 13:44 | GSS | Comments(0)
2018年 01月 31日
グレーゾーンの正藍型染師
「来週のいついつに伺います」と連絡をいれたとき。

今年まだお目にかかっていないので、社交辞令に「染めてますか?」と野暮クエスチョン。

すると「別に仕事もないし、遊んでるんだ」と。
d0182119_20314464.jpg
いやいやいや。

そもそも「仕事があるから染め」ていましたっけ。

誰に頼まれたわけでもないのに、いつだって「染めなきゃなんない」って。

今も昔も唯我独尊。
好き勝手に染めるのが田中紺屋。

お騒がせの引退発言からの、うやむやの。
ぐるっと回りまわって、いまに至るってやつ。

止めようがなだめようが。
ロマンティックと染め意欲が止まらないのは、どこのどなたか。

まさかのリバ爺、消極的発言。

何やら不穏なままの川口上陸。
d0182119_20374202.jpg
ハトとかハダカのお姉ちゃんとか、どうでもいい。
d0182119_20402651.jpg
2018年1月田中学校。

別件で小声通話していたら、車掌さんにたしなめられてシュン。

幸先がアレで、気が重い田中学校。
d0182119_20411785.jpg
まだ雪の残る干場。
d0182119_20421981.jpg
藍場はオガクズのいぶり臭でもうもう。
d0182119_20432664.jpg
なかなかの雪国。

ご本人はいずこ。
d0182119_20440695.jpg
板場を探す。
d0182119_20452431.jpg
気付いて「あぁ」って。

新聞を読むとも読まないとも、ぼんやりと日なたぼっこ。

好々爺風味を醸し出す82歳。
d0182119_20455777.jpg
てか、ちゃんと染めているじゃない。
d0182119_21064848.jpg
手前の白生地、精錬もしてあるじゃない。
d0182119_21073134.jpg
「いやもう、たいへんだったんだ」と渋い顔。
d0182119_21080422.jpg
「また糊がはがれちゃってさ」

うん、それ最近のパターンっちゃあパターンですよね。

これは昨年12月にやった染め仕事。
そのあとは手を付けていないと言う。
d0182119_21084340.jpg
「オレ、倒れちゃったんだよ」
d0182119_21095091.jpg
なにぬ?
d0182119_21103574.jpg
年末、風呂場で倒れたんだ、って。
d0182119_21280630.jpg
すべって転んで、意識が飛んだのか。

はたまた、意識が飛んだから転んだのか。

そこの大事なポイントは、ふんわり。
d0182119_21290155.jpg
救急車を呼ぶでもなく、後日お医者に行ったのだと。
検査の数値とか、特に何もアレだったって。
d0182119_21303626.jpg
ともあれ。

奥方と相談の上、もう仕事はやめるんだと。

こんな按配じゃ仕事は出来ない、って。

やめる、って。
d0182119_21322675.jpg
いつか。

そんなに遠くない、いつか。
d0182119_23280469.jpg
こんな日が来ることは覚悟していた。

正直言って。

2017年月日荘展が終わって以来、染めもうまく出来ていない。

動きもヨチヨチしている。
言葉も出にくく、誘い水をしてやっと会話が成立する次第。

「これじゃあしょうがないな」って。
d0182119_23363224.jpg
田中軍団ことTGの立場、全国一千万の田中紺屋をそろり見守る立場からして。

何も言えない。

やって下さいとも、やめて下さいとも。

「はあ、そうですか」としか。

そして、倒れたんだか転んだかの、後遺症はありやなしや。
d0182119_23265668.jpg
えっと。

倒れてからのビフォーアフターとして。

染めはアレだし、動きもヨチヨチ、言葉も出ず。

いつもと何らお変わりない。
後遺症とも思えない変わりなさ。

「底値安定ですね」と、言いたかったがグッとこらえる。
d0182119_23511185.jpg
そうなると。

手配してある希少な「播磨藍」のこと。

寒明け蒅の手はずを、藍師さんのご厚意に甘え、無理して確保をお願いしている。
仕事をやめるのなら、いっそキャンセルし、ほかの方へ回すほうがいいでしょう。

もう蒅はいらないね。
今ある藍で終わりってことだよね。

「寒明け蒅、お断りしときましょうか」
d0182119_23523993.jpg
いや。
d0182119_23531329.jpg
「この藍をあっちの甕に移してさ、新しい播磨藍はこっちで建てるんだ」って。

夢と希望を、なめらかにお語りになる。
d0182119_23560719.jpg
わたしの耳がおかしくなったのだろうか。

今、なんの話をしていたんでしたっけ。

やめるって、何をやめるんでしたっけ。
d0182119_23574058.jpg
干場の向こうの2軒が道路拡張で移動するらしい。

後方で道路工事が始まっており、いずれ田中紺屋の敷地が半分なくなる。
なくなった分が付け足され、敷地が細長くなるのだと。

数十年来のお役所計画が、にわかに動き出した気配。

「見に行くか」
わたしを置いてスタスタ行く。

めっちゃ早い。
d0182119_00001645.jpg
「そしたら作業場をこっちに作り直してさ」

次なる野望が止まらない。

どの口で言っているのかが、不明すぎる。

まともじゃ聞いていられないので、ふんわりのお伺いにする。
d0182119_00011636.jpg
ともかく。

自宅に工事計画が及ばないうちから、早まって新しい作業場を作らないでね、と伝える。

いつだって前のめりなんだから、と。
d0182119_00062107.jpg
世の中は、おしなべて黒と白では分けられない。
パンダちゃんの出番はない。

リバマ御大は、ブルーでもブラックでもホワイトでもなく、グレー。

グレー圏内を縦横無尽にワープしている。
無重力すぎて、捕らえるのに苦心する。
d0182119_00085349.jpg
何でもいいからさ。

仕事をしてもしなくても、もはや、どっちでもいいからさ。

骨を折るのだけは気を付けてね。
つんのめないでね。

夢も野望も引退宣言も。
いつだって馬耳で聞きましょう。

田中さんが仕事をしててもどっちでも。
我々TGは「生姜焼永年無料権」を行使させてもらう。
お昼に財布は持たない。

頼むよ、ほんと。
d0182119_00144142.jpg
わたしのごはんも半分差し上げ、ペロリの巻であった。

お元気が何よりだっつう。
d0182119_00310943.jpg
本日は、安否確認と確定申告の書類整理が目的だった。

出るわ出るわ。

自動アンティーク化した、骨董寸前のステーショナリー群。
d0182119_00301536.jpg
「取り替えっこしませんか」
いずれうまいこと言い聞かせ、100均か何かの同等機種と交換したい気分でいっぱい。

絶滅危惧テープカッターとパンチ穴器。
d0182119_00344492.jpg
わたしの密かな野望だって、なめんなよ。
d0182119_00374664.jpg
いろいろとずり落としながらも、ご丁寧にお見送りして下さった。

また来ます。
d0182119_00362790.jpg
毎月のリバマ訪問のおかげか。

わたしの心臓は鍛えられた。



[PR]

# by kerokikaku | 2018-01-31 00:55 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(4)
2018年 01月 29日
パンダちゃん
どうも。

ごぶさたしてます。

パンダちゃんです。

スマホの画像編集で、ドラマチック加工したらコワモテになりました。
d0182119_22354094.jpg
おもいのほか、ばたすこいそがしくて、何が何だか、ヒーハー。

もちょっとしたら落ち着きます。

そしたらあらためてこんにちは、します。

その前に、今年初のリバマ安否確認、行かないと。

今朝、移動中で出られなかった20分の間、リバマから電話鳴りっぱなし。

切ってはかけ、切ってはかけ。
都合6回もかかってきました。

マナーモードが満員電車内でぶるぶるです。
辛抱タマランチ組合の御大です。

なにごとか、って電車降りるなり折電したら「今日来るんだっけ?」って。

「こないだ連絡させていただいたとおり、明日ですけど」って言ったら「ああそうか」だって。

おい、そんだけかい、って言わなかったけど、ものごっつい言いたかったです。

パンダちゃんはちょっとばたばたです。

こんどちゃんとお話しします。


[PR]

# by kerokikaku | 2018-01-29 22:43 | GSS | Comments(0)
2018年 01月 25日
リーゼント
つっぱり
d0182119_17580740.jpg
モチスクール
d0182119_17581331.jpg
ロケンロー

[PR]

# by kerokikaku | 2018-01-25 17:59 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 01月 24日
あたまに
もち。
d0182119_23011364.jpg
ぽっこりと
d0182119_23014683.jpg
もち。

[PR]

# by kerokikaku | 2018-01-24 23:02 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 01月 22日
もち
外が明るくて静かだと2択。

元旦もしくは雪。

夕方、まだこれは序章だった。
d0182119_20542474.jpg
こんな日に、わざわざやんなくていいことをやりたくなるアホウ。

ちょいと出先で西友に入り、今買うこともない液体やらジャガイモ玉ねぎバナナを大カゴ一杯購入。

ポカリスエットとか、白がゆパウチとか。
ぜんぜん今いらない。

今夜は鍋と決めてるくせに、焼肉用のタレもカゴに入れる。
誰か止めてくれ。

ほんとに今じゃなくていいものばかり。
へんなスイッチが入った。

歩く先から雪にまみれる重量カゴを引きずる。
ネギに雪が積もる。

傘をおチョコにして、両手ふさがり、のっしのっし遠路帰るアホウ。
フード付きドカジャンで、自分も雪だるまになる。

なんか、まぶしくて、非日常で、見知らぬ駅で。
ついアホウに拍車がかかった。

見ると道がもちになっていた。
d0182119_20542912.jpg
もしくは、雪見大福かMOWかウェンディズのアイス。

これでアイスなめて歩いていたら、酔狂も完璧。


[PR]

# by kerokikaku | 2018-01-22 21:06 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 01月 19日
1月下旬のインフォルマシ
「棚」と「コマ」。

時代は「棚」と「コマ」にシフトしている。
と、断言したい。

世の中、あまりにも「棚」が足りない。
「棚」があれば、雑多もなんとなく整然化する。

そして日々「コマ」にどれだけ助けられているかわからない。
重たいものが動くんだぜ。

「棚」と「コマ」が万全なら、たいがいのことは平和だ。
と、言い切りたい。

「棚」と「コマ」の時代、到来。

例えば、100均のネットを曲げ、その場しのぎの「棚」を作る。

ああ平和。
もうひと棚あってもいい。
d0182119_11493808.jpg
いくら棚の幅が細かくとも、奥に深いのはかえってよくない。

奥のモノを取るために、前のモノを取らなきゃならない。
d0182119_11494682.jpg
ワンアクションで取り出せない不幸。
パズルか、オラ。

奥の皿を取ろうとするたびにイラッとし、じりじり精神をむしばむ。

例えば、軍モノだからってビジュアル重視で買ってしまいがちな書類棚。

A4仕様だが、ファイルに入れたりバインダーをつけると、あれま入らない。
あたしゃこの購入ミスを3度繰り返した。

BOWIEも呆れる。
d0182119_12090651.jpg
「浅くて細かく融通の利く棚」を、ユニバーサルデザインに取り入れたい。


そして「コマ」。

キャスターと言ったり、タマだったり、コロだったり。

ホッチキスの針を、芯と言ったり、タマと呼んだり。
それと同じのアバウト呼称。

ともかく「コマ」。

全ての家具にコマをつけたいところをグッとこらえている。

とりあえずヒーターに「コマ」。
最初からコマ付きヒーターがあれば、苦労はない。

そこんとこ、どうお考えなのか、企業戦士諸君に問うてみたい。
d0182119_11495260.jpg
動かせるメリットは、動かせないことの数億倍有効と疑わない。

ゴミ箱やベッド下収納には、いわずもがな「コマ」。

わたしは恒常的に「棚」と「コマ」のことばかりを考えている。

押入れを開くたびに途方に暮れる。
ふとんと毛布に「コマ」をつけるにはどうしたら。

深く遠く、険しい道のり。
だからこそ究めたい道。

あきらめるもんか。

いつか自分自身に「コマ」のつく日まで。


以下、コメントなしのさっぱりインフォ。
詳細はサイトをご確認を。

PCから見ると、フォントサイズがごちゃついている。
非常に気に入らない。

こんなんでいちいちイラッとしては身が持たない。
ゆえに見て見ぬふり。

問い合わせたサイト屋でもワカランチ案件につき、ご容赦下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「江戸小紋・廣瀬展」
2018/1/24(水)-28(日):
itonosaki(外苑前)
d0182119_10452964.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Tulla&TATTE by TATTE
2018/1/22(月)-28(日):
スパイラルショーケース(表参道)
d0182119_11053928.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うなぎの寝床展
~2018/1/24(水):
ギャラリー&カフェ草花舎(島根益田)
d0182119_10531645.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古美術中上展「のどかな、さみしさ」
2018/1/20(土)-28(日):
Gallery SU(麻布台)
d0182119_10455149.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MJ’s FES みうらじゅんフェス!
マイブームの全貌展 SINCE 1958
2018/1/27(土)-3/25(日):
川崎市市民ミュージアム(武蔵小杉)
d0182119_10454099.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「紙の仕事 」
~2018/3/9(金):
国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館(三鷹・武蔵境)
d0182119_11182044.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北澤美術館所蔵

ルネ・ラリックの香水瓶

-アール・デコ、香りと装いの美ー
〜2018/1/28(日):
松濤美術館(神泉)

d0182119_10455194.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寒さと衣服
2018/2/15(木):
文化学園服飾博物館
(新宿)

d0182119_10455112.jpg




[PR]

# by kerokikaku | 2018-01-19 11:13 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2018年 01月 17日
切なる夢
今日こそは、明日こそはと、停滞ブログを気にしつつ。
あれやこれやとフル稼働。

からだじゅうががちがちだ。

うっかりインドネシア大使館で、えらい人らしき方と世間話。
ジョグジャからのお客様が行くって言うんでお連れしたら、どさくさ同席。

帽子ってとらんでも良かったのかな。
d0182119_22042708.jpg
ある日はおしゃれタウン青山で反物担いで大汗をかく。
冬って暑いね。
d0182119_22085489.jpg
いまの夢は、てもみん60分です。

[PR]

# by kerokikaku | 2018-01-17 22:15 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 01月 11日
いいわけ
お返事しないゆえに、年々順調に減りゆく年賀状。
机の奥に置き、目の端に入れつつ。

てか、目の端に入れないようにしつつ。

ご丁寧にすみません、ありがとうございます。
このご恩は何かの折に、という気持ちでいっぱい。
ほんとにほんと。

お返事すりゃいいとわかっちゃいるけど、先送り。
とりいそぎお年玉くじが発表される日まで。
当たった日にゃバチもついでに当たろうもん。

いつもの人からいよいよ年賀状が来なかった場合。
「何かやらかした?」と、日ごろの不徳を考える。

返事をしてない、という明快な理由だけならいい。
伏してお詫びの平身低頭で、返事をしない。

こうやって世間から順調に薄まっていく。
そよ風のようにさりげなく。

ここ数年は、リバマ方面より草加せんべい大箱が送り付けられていた。
今年は届かなかった。

届くと「うひゃあ、こんなに食えねえ」と。
アタマを抱えてしまう量なのだ。
来ないと「ありゃま、ぼけたかな」と。

いいんです。
まったく問題ありません。
リバマ的大容量せんべいは食えない。
食えるもんか。

せんべいこわい。
麦とホップはもっとこわい。

明けてしまえばなんとやら。
昨今は三が日さえ正月っぽくなく、そのくせ連休だなんだでいつまでも正月風味。

些事の積み重ねで、日が暮れ、年が暮れ。
2018年の1/24くらい終わりました。

やれやれ、例のアレでもやるべかな。
今春か、そこら。
機が熟しはじめた予感。

各方面に招集かけんといかん。
腰を浮かして待っとるメンツもおるしな。

しかし「やる人ばっかで来る人おるんか」と。
不安神経症でブルーになる自分の姿が目に浮かぶ。
d0182119_22250481.jpg
ちょっと日が伸びましたな。


[PR]

# by kerokikaku | 2018-01-11 22:25 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 01月 08日
よろすぐ
年末、実家で恒例の。

人肉の生を発見。

運良く、なのかどうか、中身は空。

すでに食べたらしい。
d0182119_18004547.jpg
生がどうした。

ゆでたら良かったのか。

塩漬けはどうか。

はてな。


2年前に作ったクライミングホームUNO宣伝用垂れ幕。
d0182119_18005118.jpg
あの頃に比べて、クライミングだのボルダリングだのの、認知は広まった。

おかげさまでと言うべきか。

今だにわたくしが、登ったことのない。
d0182119_18182688.jpg

2年のあいだに、曲がり角の目印である「サークルK」が「ファミマ」になってしまった。
d0182119_18010049.jpg
やれやれ、と言いつつの工作開始。

お姉ちゃんの、そんなに嫌いじゃないお仕事のひとつ。

白ガムテとカッティングシートとPPテープを駆使の。

貼り終わるところまでの完全納品をしたかったが、間に合わず、郵送。
d0182119_18010593.jpg
耐久性に不安を残すものの、初仕事が完了。
d0182119_18011078.jpg
でらいまさらだけど、こどすもよろすぐ。





[PR]

# by kerokikaku | 2018-01-08 18:16 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 28日
2017リバマ界隈、ロングバージョン
年内ラストの安否確認日。
d0182119_20075808.jpg
晴天のリバマステーション。
d0182119_20081626.jpg
太郎焼前に佇む、黒い美魔女を拾って、いざ。
d0182119_20094342.jpg
はだかのお姉ちゃんの足元には、おとろちい文字が刻まれていた。
d0182119_20410627.jpg
スルーして、バスに乗る。
d0182119_20100885.jpg
奥に座ったため「十二月田中学校」表示が見えないが、まさに本日、十二月田中学校。
d0182119_22073128.jpg
何かやってる。
d0182119_20105777.jpg
やっていないと、かえって心配。
d0182119_20110826.jpg
ご寵愛のバラは首チョンパ。
d0182119_20111992.jpg
愛は無残に打ち捨てられていた。
d0182119_20112764.jpg
半年ぶりにリバマ訪問、黒幕こと型染作家津田千枝子。

すぐさま宿題の採点が始まる。
d0182119_20114975.jpg
田中くん、藍地部分のポツポツが気になりますよ。
d0182119_20121023.jpg
糊の落ちきっていないところもありますよ。

このままではだめですね。
d0182119_20122467.jpg
黒幕センセにほめられると思ったのにザンネンな田中くん。

「目も悪くなったんだなぁ」とため息混じり。

まあまあイケてると思ったけど、実はよく見えてなかったのだ。

で、善後策を考え中。
d0182119_20123837.jpg
無地部分にも、謎のシミがありますね。
d0182119_20153324.jpg
次やるときは、もう一度精錬してからやってみて。

原因はそれかもしれないよ。
d0182119_20154785.jpg
なんやかんやしていると、そわそわし始めた。
d0182119_21035252.jpg
時報より正確な腹時計が12時になったのだ。

そりゃ失礼。
d0182119_22095346.jpg
つるりと平らげ、そして我らは意地でも財布を出さない。
d0182119_20131838.jpg
お会計はとんがりボーシに一任する。
d0182119_20133204.jpg
近い日か遠い日かわからない話として。

田中紺屋近辺は、区画整理エリアだという。
d0182119_20135439.jpg
作業場あたりは丸っと道路になる。
d0182119_20141296.jpg
ここまで取られるから、藍甕を移動しなくちゃなんない。
d0182119_20143375.jpg
ついでだから、板場と藍場を一緒にした作業場にするんだって。
今度はステンレスの甕かな、って。

おおよその図面が、御大の頭の中で出来上がっていた。
d0182119_21130873.jpg
わたしと黒幕は腰が砕けた。

区画整理なんてのは、いつやるのかも知れず、しかも引退しかけての、来年83歳の御大である。

そうなったとして、これを機に「やめる」のかと思いきや、新たな野望を語る。

男のロマンと、ロマンティックが止まらない。
d0182119_20145007.jpg
すげーぞ。

ほんものだぞ。

知らねーぞ。
d0182119_20150722.jpg
うちら、たぶん見届けらないんで、すんません。
お元気でどうか。

確実に言えることは「早まるな」っつう。
d0182119_21263019.jpg
部屋に戻り、チェック作業をしながら「あれは2017年のことだったのか?」という話になる。
d0182119_21385188.jpg
去年の今頃、12月末。

あの日は雑誌「七緒」の撮影をしてました。
d0182119_20160806.jpg
年が明けて2017年。
ずっと藍が足りず、寒明け蒅を待って待って、待ち切れずの1月。

苦肉の策で「うす藍かわゆす」を大量生産。
d0182119_21445469.jpg
道路に出て待つほど、待てど暮らせど寒明け蒅が届かない。

ブチ切れて暴れまくった2月。
d0182119_20162150.jpg
藍甕の中身を移動して大騒ぎ。
d0182119_20164222.jpg
したら翌日、待ち焦がれた阿波藍が届き
d0182119_20170199.jpg
ヤマト便をひんむいて、全部ザバーッ。

やることなすこと、デカくてよう。
d0182119_20170983.jpg
3月の月日荘展まで、残り半月。

1反でも新作を出したい。
d0182119_23482492.jpg
なのに藍がよくない。

みょうなカスがたくさん混じっている。

ここからが真の苦悩の日々であった。
d0182119_21501007.jpg
試行錯誤と言う名の慌て仕事をしてしまい、黒幕に叱られてシュンとなる。
d0182119_23470719.jpg

月日荘展秒読みの3月アタマ。
d0182119_20174735.jpg
リバマ状況を見るに見兼ねたという有難いご厚意があり、播磨藍の蒅を分けてもらえることになった。

月日荘展には間に合わないが、なによりのこと。
甕を洗うのは御大の誠意。
d0182119_23473741.jpg
TGこと田中ガールズ返上の田中軍団、ポカーン。
d0182119_23480149.jpg
目先の大事は、月日荘展。
蒅騒ぎで立ち遅れてしまった。

準備に精出すTGの傍らで、なんもやることのない御大。
d0182119_23502241.jpg

大わらわの最中にビールを持ってきて、怒られる。
d0182119_23475279.jpg

若い衆のコラボ仕事は、ほんっとにナイスだった。
d0182119_20183544.jpg
危険物取り扱い部隊を結成し、無事に名古屋月日荘へ搬送。
d0182119_20190042.jpg
オープン10分前。
d0182119_20203583.jpg
オープン5分前。
d0182119_20191130.jpg
あれよあれよで夢のような月日荘展。

盛会に終われたことは、皆々様に感謝してもしきれない。
d0182119_23480269.jpg

でもね。

リバマ御大は、藍のほうが気になって気になって、もう。
d0182119_20210147.jpg
ラオス谷さんのレンテン生地の染めがうまくいかない、4月。
d0182119_22215401.jpg
焦れば焦るほど、空回り。

指も痛む5月。
d0182119_20211006.jpg
一応、月日荘展のTG慰労会を催したものの、なんだかさえない。
d0182119_20212388.jpg
そもそも、気の利いたおしゃべりはできやしない。
d0182119_20213447.jpg
徐々に藍の調子も出てきたが、さえない6月。
d0182119_20223050.jpg
いよいよ年かねえ。
d0182119_20224401.jpg
見かねたTG忖度組合が、アンダーグラウンドなルートでレンテン白生地を入手した夏。
d0182119_20225329.jpg
持ち上がらない長板をひきずって台車に乗せて。
d0182119_20290515.jpg
はがれた糊の修正をする度、手についてまた修正。
d0182119_20291542.jpg
そんな折、お役所から「90万円支払いの書面」が届いたっていうもんだから、慌てふためきリバマへ急行。
d0182119_20294121.jpg
それはただの記入例であり、つうか、よく見りゃ90万でなく900万だし、しかも爺には関わりのない案件と分かる。

グッとやせちゃった。
d0182119_20333412.jpg
昼ごはんを誘ってものらない。

部屋で見つけた500円玉2枚を勝手に頂戴し、仕方なしにわたしひとりで生姜焼き定食を目指す。
d0182119_20304419.jpg
チッ、定休日。
d0182119_20305691.jpg
そんな秋のはじめ。
d0182119_20310532.jpg
11月、ちょっと調子が出て
d0182119_20322751.jpg
まあまあの染めも出来た。
d0182119_20315604.jpg
染めがまあまあだと体調も連動するシステム。

生姜焼きはペロリ。
d0182119_22502176.jpg
いやー、どれもこれも今年のことだったかねぇ。

寒明け蒅の大騒ぎや、月日荘展って。
もう何年も前のことのようですねえ。


ぐぅ。
d0182119_22530950.jpg
キョーミの範囲外。

大切なのは、染めが出来るか出来ないかってことだけ。
d0182119_22563107.jpg
長板の上には正月しめ飾りが準備してあった。
d0182119_22592569.jpg
とんがりボーシに成り代わって、皆々様のあたたかいご支援とご愛顧に御礼を申し上げます。

本人はよう言いません。
d0182119_22580876.jpg
盆暮れ正月、なーんも関係なし。
染め、また染め。

それが幸せです。
末永く健やかな日々でいられますように。

わたしのケータイ画像の8割が、この爺さんばっかな2017年。
関係性不明のまま、やれやれ、今年も終わります。
d0182119_23222052.jpg
みなさまよいお年を。
d0182119_22525692.jpg

[PR]

# by kerokikaku | 2017-12-28 10:27 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(2)
2017年 12月 25日
イブにしたこと
今年もあと1週となり、大掃除はしないが小掃除をしてみようと、大ゴミ袋をふたつ用意する。

そこいらに当座で置いた様々なブツを仕分けする。
右のものを左に。
上のものを下へと。

強い気持ちで。
情がわかないように。

結果、不穏なすき間を発見してはブツをすかさず差し込み、角を揃え、みちみちになった。
ゴミ袋に半分もたまらない。
質量変わらず、密度が増した。
d0182119_10475438.jpg
整理の目的は達成したが、取り出すのが困難なステージへと変容。
これが正しいのかどうかを考えるのはやめ、昼から麦とホップ。

ともあれ正月前にさっぱりするのは気持ちがいい。
正月に東京に居たことはないけれど。
d0182119_10474867.jpg
同年代である某名古屋着物ギャラリーの姉妹が「ピンクレディ対決」を挑んできた。
断る理由がない。

年明け早々、名古屋のカラオケ酒場に集合となった。
いとこがやっている店の仕事始め一番を予約した。

ピンクレディズバリ世代なので、歌も振り付けも暗記している。
右手か左手かが怪しいだけ。

でもまあ、ぶっつけ本番は失礼だ。
練習しておいたほうがいい。
マイクスタンドがない場合の対処法も考えよう。

YouTubeで映像を確認する。
当時モノも、現在(まさかの還暦)モノも、たっぷりある。

感心したこととして、振りはだいだい覚えていた。
ビデオのない時代の七不思議。

台所で踊ってみる。
すると、イメージ通り踊れないことに愕然とした。

画像を見ながら上半身でふんふん踊る分には9割方イケる(と思う)。
立って、となるとヘッポコという、悲しい現実を突きつけられた。

そしてピンクレディのレベルの高さをあらためて知る。
踊りが大きいのだ。
イメージをはるかに超えて。

ギンギンにカラダを伸ばして縮んでいる。
現在のほうがキレッキレって、何がどうなってんだか。

はるか小学生時代のチャラ踊りでは勝てない。
うろ覚えの右手左手ではだめだ。
ちゃんと立って踊らないと。

腕を伸ばせば電灯にあたり、足を出せば椅子に小指激突。
左右にとらわれ、よろけて危険。

イメージと現実の差が激しかった。
ぬう。

鉢巻きに鳥の羽根を差し、いっそビジュアルから攻めるか。
衣装で攻めないのが我ながら賢明。
筋を痛め、青タン必至だがやるしかない。

YouTubeを自動再生していると、そのうち明菜ちゃんになり、聖子ちゃんになり、ルビーの指輪になって、いつしかダンシングヒーローを踊っていて、ハッとする。

はて、わたしは今、何の練習をしているのか。
d0182119_12260055.jpg
小掃除して、踊ってあちこち散らかし、ほこりをたてたが、いいイブだった。


[PR]

# by kerokikaku | 2017-12-25 11:13 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 23日
みかん
あと数日しか命がない人がいて、数週前にお見舞いしたもののもう一度行きたくなり、恐る恐る出かけた。

ほんとうに恐る恐る。
ご家族に断らずの、いわゆる無断で。

前のときは、簡単に食べられるものと保湿クリームやらを持って行った。
しゃべりにくそうだったが、それなりに声は張っていた。

肌なんか以前よりよっぽどつるりとしていた。
お土産の封をガサゴソ開けて、嬉しそうにしてくれた。

もうそんな状態ではないだろうな。

いま何かを持って行くのはむずかしい。
悩んだ末、ポッケにみかんをひとつ忍ばせた。

個室に移っていた。
そうか、やはり。

暖房がんがん、音のない、人気もない、日当たりばかりよい、広い個室にひとり。
深く考えないようにする。

そっと覗くと、これ以上ちいさくなれない程ちいさくなっていた。
ああまずい、と思った。

帰ろうとしたが、思い直し、声をかけてみた。
2回目でゆっくり目をあけた。

つらそうだった。
会いに来たと言うと、ありがと、と動かしにくそうな口が動いた。

どっか痛いかを聞くと、ぜんぶ痛い、と小さく答えた。
手をさすってみたが、恐る恐るのへっぴり腰につき、何のマッサージにもならない。
どうしていいかわからない。

みかん持ってきた、と顔の近くに置くと、ゆっくり手を伸ばして頬にあて「冷たくて気持ちいい」と言った。
しばらく頬やおでこにあてていたが、すぐに力がなくなりポトリと落とした。

ご家族の話やいろいろを少し。
みんなに感謝してるんだ、と言った。
やさしい顔だった。

自分の状態は棚に置き、家族のことをこれからもよろしくね、と。
恨みがましさも何もなくて、真っ白で、きれいすぎて、困った。
これがこの人のほんとうなんだと思った。

握手していいかと聞き、手を握らせてもらう。
これほど力のない握手もなかった。

目をつむったので、さよならした。
うんうん、とちいさく頷いたので、終わりにした。

すごーく近いわけでもなく、もう何年も会ってなかったけど、良くしていただいた御恩の忘れられない人。

こんな時に行くもんじゃないとか。
身内でもないのにとか、誰かいたらどうしようとか、もういなかったらとか。
逡巡したが、行ってよかった。
自分本位だけど。
d0182119_17371959.jpg


[PR]

# by kerokikaku | 2017-12-23 17:32 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 20日
お歳暮
いちおう、毎年暮れにはお姑さんに肉を贈っている。

松阪牛では胸やけだろうという高度な配慮の下の国産牛。
同じ予算で量も多いしよかろうもん。
それが正解かどうかは聞いたことはないけれど。

問題は実家の母へのお歳暮。

贈答箱に入ったビールや洗剤や菓子はいらない。
毎年元気に帰省、が一番だろうが、手ぶらと言うわけにもいかない。
一般的な「お歳暮」でなくていいのだ。

肉は近所で調達できるし、どうせ食べるのは私だ。
カニも近くで安く買える。
米は新潟コシヒカリがいつもあるし、酒の味はわからない。

母本人の役に立ち、喜ばれるものと考えると頭が痛い。

以前、エステ券をあげたが「もういらん」と言われた。
口紅も、唇何個分もあげた。
ブレンダーもマキタの掃除機も一度でじゅうぶん。

数年前のPUENTE靴下もまだ新品同様。
毛のものはさんざんあげた。
そして使っているのを見たことがない。
身に着けるものは難しい。

帰省中に、初売りファンヒーターを「お歳暮」としたこともあった。
電源を入れる前に甥の青空くんが上にのって(バカ)、へこませた。

IKEAの羽毛布団は喜んでくれた。
軽くて暖かく、これはいいと。
なのに、わたしが帰省の折に使う布団となっている。

東京銘菓も一度たりとも喜ばれない。
人気店に寒風に並んでみたり、保冷材まんまんで運んだりした。

また欲しいとリクエストがあれば、甲斐もあるってもの。
それはない。
上等のオリーブ油は炒め物に使い、お味は不明だったらしい。

ホームで慌てて買った「東京ばなな」と「崎陽軒のシウマイ」が思いのほか好反応なことが、どうにも悔しい。
頂きものを横流しした「高知の芋けんぴ」、あれは美味かったといまだに褒められるのも。

試されている。

くれとも言われないが、何かあげたくて、しかも喜ぶもの。
自己満足世界の最難問。

多少はぐうの音を出させたい。
つゆほども出さない。

そろそろネタ切れだ。
d0182119_21062022.jpg
スーパー銭湯の「アカスリ券」はどうか、って?

そんなん、とっくに拒否られてます。
「今はいらん」と。
ご自分のタイミングがあるらしい。

西銀座で宝くじ、ってのも済んでます。


[PR]

# by kerokikaku | 2017-12-20 21:23 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 19日
寒い時に寒いもの
灯油が切れた。

指を鳴らせば瞬時に届くシステムでもなく。

凍えすぎて鳴らす指がかじかむ。

ひーはー。

キンキンに冷えた居間で、麦とホップで途方に暮れる。
わたしは今どうしたら。

早よ買えよって話。

そうそう。

あまりに麦とホップを連呼するので「けろちゃん好きでしょ」と麦とホップを差し入れて下さる方がいるが、それはちょっと違う。

いい機会なのではっきりさせておく。

ほんとに好きなのはビールです。
いわゆる第1のビール。

だから発泡酒と比べて倍近くしまけれども、ふつうのビールを差し入れて下さればよろしい。
銘柄は問いません。
第1ならよか。

経済を考え、第3のビールを自宅では愛飲しているまで。
その中では、のとごし極麦その他一切認めず、麦とホップと申しているまで。

わざわざ金麦を下さるのは、たいへん言いにくいことですが、間違いです。

ありがたく飲み干しますけど。

と、ゆうたところでせんなきこと。
d0182119_19002508.jpg
ちなみに母は、ビールが濃すぎるため、あえての発泡酒とか。
薄味好き。

わたしは違うんで。

とか、埒もないこと言ってないで、どげんかせんと。

ひー、ぶるぶる。
d0182119_18562620.jpg
はなもたれてきた。


[PR]

# by kerokikaku | 2017-12-19 19:01 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 18日
楽園なのか
めずらしく中野に降りたので、そうだブロードウェイでも、と。
d0182119_09542870.jpg
その門前、駅から伸びるメインから1本はずれた小道も衝撃的であった。

一杯飲み屋が、これでもかとひしめいていた。

鼻の利かぬわたしさえ当たりと確信の持てる中華系。
ここ、うまいはず、ぜったい。

時代も国籍もようワカランチの路地裏。
20世紀の台湾か香港か軍艦島か。
絶賛営業中で廃墟でなく。

これまでノーマークだったことを反省する。
d0182119_09522763.jpg
後ろ髪ひかれまくった小道を抜け、閉店間際のブロードウェイへ急ぐ。

と思ったのはゲーセンで、2周して間違いに気づき仕切りなおす。

蛍の光が流れるビル内。

まず、何階なのかがわからなくなった。
そして、入ってよかったのかが不安。

細長い複合商業施設の真ん中に階段があり、両脇に通路があり、その通路がところどころ枝分かれし、各階まんだらけだらけ。
シャッターの閉まった店も多く、1階からの吹き抜けも混乱を増長させる。
d0182119_10223227.jpg
一度方向感覚をなくすと、トイレにたどり着くのさえ一苦労。

とりあえず自国。
迷子でもなんとかなる。
d0182119_10121201.jpg
わたしのような部外者と、本気の層との差が激しすぎた。
空気が別物。

本気の層は、大きな荷物をひきずり、一点を目指して汗をかきかき小走り。

もしくは手ぶらで、焦点はあさっての方角。
ゆらりと斜めに揺蕩う、本気層たち。

数十円のレトロ玩具から4桁万円の高級時計まで。
ひそやかにぎゅうぎゅう店もあり、何屋かわからない一見お断り店もあり。

通りすがりとして、どこからもお呼びでない感じが、かえって清々。

入口に「わからなければおじさんに聞いて」張り紙の店。

無駄に思いあぐねるより、さっさと聞いて、買うなり帰るなりせよ、と。
翻って親切だ。
ピンクレディの未開封パズルは、聞かなくてもわかった。

そしてまんだらけ王国の進化には目を見張った。
ここへは20数年ぶり。

マニアなカテゴリをさらに因数分解。
しかも美品にしつらえ済。

ビル内の何コマかは事務所。
スタッフが、全国から届いたらしき段ボールを整理してるのが見えた。

こんなものやあんなもの。
あるってことは、いらなくなった人がいるってこと。
そして、こんなものにはニーズがあるってこと。

自分の浅さは自覚している。
しかし、ひと様やよそ様って人たちは、マントル到達ほど異常に深いらしい。
おしなべて、深すぎる人は嫌いではなく、むしろ尊敬している。

ああすごい。
すごすぎて、ほんの数十分で満腹になった。

通路でキャピキャピじゃれていたおじさま達を背に、脱兎のごとくビルを出る。
だめだ、もうお腹いっぱい。

宝とゴミ。

無用と有用の楽園だった。
そうと聞いてはいたものの。

あるソリューションのかたち。

そこかしこで現在起こっている由々しき案件。
レスキューしてキラーパス、それから。
d0182119_10451800.jpg
何かの教訓になったかどうかは、考えない。


[PR]

# by kerokikaku | 2017-12-18 10:05 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 11日
えだまみ
バリ島サヌール地区。
リゾート地として有名なエリア。

そこにあるスーパーのチラシ。

こんだけ荒くてエッジ極まる印刷は、現代日本の技術ではぜったいに出来ない。
むしろ新しい。

1キロ、5キロ、10キロ。
みなさま、枝豆はキロでお求めらしい。
d0182119_21425848.jpg
ツナミもカラオケもエダマメも。

世界共通、日本が誇るグローバル語。

まさかの誤植。
d0182119_21435960.jpg
くまちゃんとギャルデニムは、とうぜん同列。
d0182119_21464643.jpg
ストッキング、履くんだって。
需要があるから掲載するのさ。

南国だからって、バリ女子の美意識、なめんなよ。
d0182119_21483513.jpg

[PR]

# by kerokikaku | 2017-12-11 21:49 | インドネシア | Comments(0)
2017年 12月 10日
津田千枝子 型染展
12月になるとはじまる。
もうそんな季節。

誰もが知っている黒幕こと津田千枝子さん。

白ヤギ関係者である黒幕。
の、ヤギ展。

略して黒ヤギ展ではなく。

黒ヤギ会期は、なんの因果か毎年どうにも身動きトレンチ問題が発生する。
行くに行かれない地方出張とか、イベント中だとか。

今年もだめかも。
と、よくよく会期を見ると、初日のみ行かれる。
ホッと胸をなでおろしたが、いや待て。

通りすがりのわたくしごときが、初日に伺うなんぞ恐れ多い。

まずは、全国一千万のお客様方のお邪魔にならぬよう。
次いで、ご対応にお忙しい黒殿に見つからないよう。

息を殺してそろりそろり。
じっとりじとじと拝見の予定。

美しくたくましく。
たゆまぬ研鑽を続ける黒殿の染めを、拝まずに年を越してはいけない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

津田千枝子 型染展
2017/12/13(水)-16(土):
青山八木(青山一丁目)
d0182119_23090134.jpg






[PR]

# by kerokikaku | 2017-12-10 23:11 | 情報として | Comments(2)
2017年 12月 08日
運用ぶれ
気に入らない、もしくは改訂など。

なにかの理由により、仕事をやり直すことは多々ある。

多々というより日常茶飯事。
恒常的。

逆に、1度でフィニッシュ出来ることはまれ。
無駄とも思われる、誰にも理解されない修正を重ねまくった末、自分の中でやっと良しとする。

いじくりすぎて、美しくなくなる。
結局なんのこっちゃ。

要領が悪いとも言う。
わたしの場合、悪すぎる。

治したいが薬がない。
なんぼ学習してもあかん。

サクサクやる風に見えて、修正多く、要領最悪。

下手にいじらなくてよかったんだよ、あんた。
はっきり言っちゃうと。

時間があると堂々巡りで終わらない。

一番の薬は納期。
どうしたって納めなくてはならない。
リミットがあることで、いいも悪いもとりあえず納り、あきらめもつく。

昨日出会ったこちらのお仕事について。

他人ごとではない。
まるでわたしの仕事みたいだ。

作業者の気持ちが、わかりすぎるほど分かる。

仕上がりなんて、どうでも良かったでしょ。
そんなの、問題じゃなかったでしょ。

気持ち、分かる。
ハグした後でとうとうと説教したい。

一度、俯瞰しろ、と。

自分との謎の闘い。
その成れの果て、なんでしょ。
d0182119_22453446.jpg


[PR]

# by kerokikaku | 2017-12-08 14:31 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 07日
小匙イベント
最寄駅は吉祥寺、と疑わず。
すべての生活タームは吉祥寺中心。

のろい自転車で20分、渋滞バスでも20分。
そしてまさかの。
ドアto駅ホームは、徒歩40分。

カトレア幼稚園児の秋の遠足並み。
最寄りとは何ぞや。

いくら練馬最南端に居していても、吉祥寺北方在住、といきがっていた。

若かった。
おしゃれ地名に目がくらんでいた。

徒歩10分に位置する、ダークホース、西武新宿線。
それに気付けなかった十数年。

気付いてしまえばそればっか。
新宿線ラバーへと鞍替えした。

何かっちゃあ新宿や馬場がお得意となる。
そうと決まれば吉祥寺が遠い。

丸亀はないし王将もない。
嵯峨谷もアキダイスーパーもない。

荒野、吉祥寺に気付いてしまった。

ごめん。

もう心が離れてしまった。

徒歩40分で吉祥寺→JR中央線で新宿。
ちょこ1時間かけていた日々については、もう忘れよう。
d0182119_21443756.jpg
さあ、西武線で新宿へ。

JR新宿駅のパトロール開始だ。
もちろん修悦体の。
d0182119_21384894.jpg
足元に、ひっそりとたたずむ2Dコーン
d0182119_21371340.jpg
だいぶんとくたびれていた。

修悦さんではない、別人の修正と見受ける。
d0182119_21374789.jpg
てか、雑。

彼の美意識に配慮せよ。
d0182119_21382544.jpg
わたしは修悦体を尊敬してやまない。
d0182119_21404169.jpg
どっちもすてき。
d0182119_21421510.jpg
今夜のわたしたちは、あなたの誘導に従います。
d0182119_21460586.jpg
それとは関係なく。

いや、関係性が厳密に「全くない」ことなど存在するのか否か、と自問しつつ。

きのこ3束と前島密2体。
しわすの豪華5点盛。
d0182119_21531215.jpg
DAIDAIこと小匙ジャムのお知らせ。

明日12/8金スタートなのに、12/7に手元という、余裕ぶっこきのお知らせ。

と、いちおうつっこんでみる。
d0182119_21532303.jpg
悔しいことに、DAIDAI小匙は美味すぎるため、そんな些末なことは一切チャラであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小匙ジャムイベント
2017/12/8(金)-10(日):
chiclin arelier shop(尾山台)



[PR]

# by kerokikaku | 2017-12-07 21:29 | 情報として | Comments(0)
2017年 12月 04日
12月上旬のインフォ追加しつつの中旬インフォ
ほぼ無趣味につき、ドラえもんの日本語版とインドネシア語版を交互に読むことしか遊びのない昨今。

ドラえもんはあなどれない。
対訳が滅法難しく、すぐくたばる。

惰性につき、3歩進んで3歩下がる学習マーチ。
行ってないので実践もない。

もし「ご趣味は」と問われたら、すかさず「バリです」と答える準備を怠らなかった。
箸にも棒にもの自意識過剰も今は昔。

なにゆえ学ぶかとの問いには返答不可。
逆に知りたい。
d0182119_21283975.jpg
バリ島の活火山アグン山。
11月末に噴火したのを知ったのが今って。

避難勧告で騒がれた9月末、ちょい慌てたものの、このありさま。
趣味の風上にも置けず。

完全無趣味宣言、緊急発令。

とりいそぎご無事でなにより。
あんたたち、たくましいから。
d0182119_21124134.jpg
フルーツの
お味は
お足に比例する (詠み人 知らんけど)

※道の駅や無人販売的なものを除く。
※熟れ過ぎおつとめ品を除く。
d0182119_21131150.jpg
いくらやっても学習しない事案ふたたび。

昨年、立派な山形ラフランスを頂き、夢のように芳醇な味を知ってしまった今、そこにある残念。

自分で買うたらいかん。
安物を買うからいかん。
ヒトからもらわないかん。

黙っていても毎年もらえる身分になりたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

small people
hiroko watanabe
2017/12/11(月)-24(日):nidi gallery(渋谷)
d0182119_19591875.jpg
DMフライヤーがペラのB4変形でうまくA4スキャンできず、画像がこんななのは謝るとして。

彼女はキます。
もうキテますけど、さらにこの後、もっとキます。

サイトは9月新着情報から変わってませんが、ほれ、インスタとかうんぬんでアレなんで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「カンカンバッチ」とシャンシャンバッチ sunui 
2017/12/5(火)-10(日):森岡書店銀座店

d0182119_19594888.jpg
for you
2017/12/16(土)-23(土):
間・kosumi(東中野/落合)
d0182119_19594358.jpg
リンリンランラン、カンカンシャンシャン。

sunui2連発。
間・kosumiの冬のギフト展も参加します。

恒例カレンダーの発売は年内に間に合うのか。
年外にならないことを祈るしかない。

我らが若い衆、奥田早織&小原聖子(ちゃん略)も出展します。
ロックマンは優秀。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

栢野紀文&岡モータース 
ワンダーランド
2017/12/9(土)-24(日):
ギャラリー&カフェ草花舎(島根益田)
d0182119_19592776.jpg
間・kosumiで出会った岡モータース
今日も暮らしに役立たない、明確な理念。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

郡司 慶子展
2017/12/9(土)-24(日):
Gallery SU(麻布台)
d0182119_19593727.jpg
青山のうつわ楓での郡司庸久展ともリンクします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、お気づきでしょうが、今回インフォDMの共通点。

赤い。

浮かれクリスマスってわけじゃないけど、なアダルト赤と黒。

岡モータースのはっちゃけ具合はカテゴリ外。



[PR]

# by kerokikaku | 2017-12-04 21:20 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2017年 12月 02日
不便

4-5年前だったか。
ミシンが壊れ、パソコンが壊れ、洗濯機も壊れ、TVも掃除機もダメになったあの頃。

うっとりするほどの物入り。

ちょっとした中古の軽トラが買えるってお話。

優先順位が全部すぎる。

どれからやっつけるべきか。

むせび泣きつつ、一気に全部をどうにかし、途方に暮れたあの頃。

d0182119_21040520.jpg
でもまあ、終わってしまえば、あんな時代もあったねと、それっきり。
不便を楽しむ選択肢はなかった。

数日前のこと。

水道料金の請求額に目を見張った。

なんのこっちゃ。
いつもの3倍。

見た目には蛇口きっちり。
しかし耳をすませば、はるかかなたで清らかな水音が聞こえる。

壁の向こう。
涼やかなせせらぎ。

ダダ漏れであった。

ダーダーの漏れ漏れ。
滝行のごとく。

いっそのこと、我が背中にへばりついた邪気も流してほしかった。

漏れとわかったその日から、お湯の出ない生活を余儀なくされる。
あとは工事の日を指折り待った。

お湯のない冬って、けっこうアレだね。
皿の油って落ちないね。
水風呂ってつめたいね。

不便を経験し、便利にあらためて感謝した。
当たり前すぎていまさらだが、経験してはじめて身に染みた。
d0182119_21174687.jpg
同じ頃、大家様のご意向により、プロパンガスから都市ガスへ変更のお知らせ。
まったく異存はない。

高いプロパンから安価な都市ガスへの大改革。
ご厚意に喜ぶ。

しかし、よくよく伺うと、都市ガス専用コンロは店子自身で購入せよとのお話。
d0182119_21205620.jpg
急転直下。

あたいは買ったさ。
少したるみの出た太い自腹で買った。

なんでも言われたら、へーへーするさ。
どんな話もごくんと飲むよ。

この数日でインフラ整備に右往左往。

やるときゃやるぜ。
なめんなよ。
d0182119_22041674.jpg
拙宅は、冷え冷え御殿で暖房設備があやしい。

居間にエアコンてものはなく、石油ファンヒーターは節約事情により点けたり消したり、大忙し。
PUENTEアルパカ完全防備は言うまでもなく。

在宅日はヤマトさんと生協さんとしか出会わないことが前提。
基本はツナギで過ごす。

秋冬は、極寒地向けのもこもこ防寒ツナギで過ごす。
おしゃれとは無縁。
とか言って、青山とかも行ってしまう勇気と厚顔。

でも防寒ツナギは本気で役に立つ。
いままで何人に薦め、買わせたことか。
d0182119_22091459.jpg
加えて20年前のチョッキ。
年季が入りすぎて、フリースがすれて無残だが必須アイテム。
d0182119_22114369.jpg
さらに首巻。
d0182119_22122835.jpg
そして手かせ。
d0182119_22131392.jpg
アンド、足かせの重装備でチンとすまし、自宅仕事をこなす。
d0182119_22413574.jpg
インナーは某BAHAGIA UNDERWEAR装備でオールシーズンね。
すません、これはステマで。
d0182119_22500790.jpg
ここで問題。

おトイレ問題、大浮上。

そのたびに、全部脱ぐ。
便所の前に脱ぎ捨てる。

脱ぐのもそれなりに面倒だが「今そこにある間に合わない危機」との熱き闘い。
死闘的な。

日に数度おとずれる。
ギリまで我慢する我も我。

いろいろが億劫な年頃につき。

全身、かなぐり捨ててのお便所タイム。
せっぱつまると、ほんとにやばい。

レッグウォーマーとBAHAGIA以外、まるっと脱がなあかん。

お見せできない。
見たないやろけど。
d0182119_22272277.jpg
ほっこりもこもこ、あったか装備で過ごす冬。

あらら天然生活。

と、見せかけての不便。

見えないか。


[PR]

# by kerokikaku | 2017-12-02 22:28 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 11月 29日
12月上旬のインフォルマシ
お役所関係、提出関係。

毎度それなりに不備なきよう臨む。
それでも突っ返され、泣く泣く帰ること多々。

言うてもせんない。
リベンジするしかなかろうもん。
どもならんもん。

そもそもうっかり気質。
おまえはツメが甘い、とたしなめられ続けて幾星霜。
チッ。

けろたん、がんばるぞ。
日の丸お役所へ乗り込んだ、いつかの小春日和。

すると「担当がおらんち、今日はあかんち」って。

聞いてない。

準備万端でお伺いしたのに、担当が出かけたもんで受け取らんち、って。

時間内めざして、やっとこお伺いしたのに。
アポとって出直してね、って。

オラオラ。
d0182119_17103396.jpg
なんぼ吠えてもダメでした。
ワンワン吠えてもあかんでした。

オメオメ。

ルサンチマン、溜まりまくり。
オラが悪いのか、お月様がアレなのか。
d0182119_17122871.jpg
そんな昼下がりにひとさまの心配。

するよね。
d0182119_17132250.jpg
しちゃうよね。
d0182119_17133182.jpg
詳細は、各サイトをうんぬん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Keep Calm and
Wrap Up Warm
2017/12/1(金)-23(土):
humoresque(西麻布)

心温まる贈り物をご用意いたしました。
d0182119_17220430.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NaO|つきのいろ
Silver Jewelry
Handmade Original Designs
2017/12/1(金)-3(日):
itonosaki(外苑前)
d0182119_17244969.jpg
カシミールの美仕事
2017/12/7(木)-10(日):itonosaki(外苑前)
d0182119_17253374.jpg
itonosakiさん12月はジュエリーとパシュミナ。
詳細はサイトをチェック。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カンカンバッチとシャンシャンバッチ
sunui
2017/12/5(火)-10(日):森岡書店(新富町)
d0182119_17435100.jpg

さいきん三方より「うぇーん、カンカンバッチを落としてしまったー」という嘆きを聞いた。

そんなあなたに朗報、と言っていいだろう。
いいのかどうか。

新作シャンシャンバッチは、パンディストへの挑戦状かもしれない。
受けて立ちたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

織物以前 タパとフェルト
EARLY CLOTH TAPA and FELT
2017/12/7(木)-2018/2/24(土):
LIXILギャラリー(京橋・有楽町)
d0182119_17320427.jpg
会期が長いので、記憶の端に入れておき、銀座界隈のおついでにちょいと寄るのがよかろうもん。

我らが岩立先生の講演会もございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

kimono nakamura + kocari
*Style Japandia*
2017/12/8(金)-10(日):フラスコ(神楽坂)
d0182119_17360021.jpg
すっかり恒例のStyle Japandia。
kocariさんはインド布だけど、華やかな12月が似合うな、と思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

海田曲巷 上田晶子 ”茶かご展”
2017/12/8(金)-14(木):
DEE'S HALL(表参道)
d0182119_17370061.jpg
この画像ではなんですが、実際のDMとてもいいです。
布の良さがあふれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ルーペのメキシコ展
2017/12/9(土)-24(日):
Loupe(西荻窪)
d0182119_17285219.jpg
メキシコ展、と堂々とうたっちゃうLoupeが好きだ。



[PR]

# by kerokikaku | 2017-11-29 16:43 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2017年 11月 29日
おっさん
非常によくある話として
d0182119_16284879.jpg
もらいものの、LOFT30周年のファイルがありまして。

それを見たうちのおっさんが
d0182119_16265003.jpg
30歳はおっさんだ、と言い放つことについて。


[PR]

# by kerokikaku | 2017-11-29 16:27 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 11月 25日
やろうかやるまいか
d0182119_21513255.jpg
むだに悩んでいます。

[PR]

# by kerokikaku | 2017-11-25 21:52 | ものすごくその他 | Comments(2)
2017年 11月 22日
11月田中学校-その2
「4反しかないけどさ」

なんでも豪儀にようさん、がお好みの御大にとっては不本意らしい。
d0182119_19090554.jpg
こちとら、4反にホッとした。

ダメ染め過多だと、なんと答えてよいものやら。

引き取れないし、見るのもしんどい。
d0182119_22511632.jpg
あれ?
d0182119_21421507.jpg
まあまあですね。

うん、まあまあだ。
d0182119_11142464.jpg
夏の仕上がりとは、別物。

全然いいじゃないですか。

てか、あれは何だったんですか。
d0182119_11151323.jpg
うん、そうね。

なにやってもダメだったよな。
d0182119_11163868.jpg
なんじゃらほい。

d0182119_11174637.jpg
影の薄かったしょぼくれ爺。

心なしか、影が濃くなったような。
d0182119_11200130.jpg
そりゃあね、パキンパキンの往時の「紺定」と比べるのは酷なこと。

でも、なかなかのまあまあだった。

「結構いいじゃないですか」
どこから目線のコメントを差し上げると、まんざらでもない風であった。

そうと決まれば、何に染めるか。

端ミシンの薄手岡崎木綿は、一時休止にしませんか。
ようさんあるけど。
d0182119_11252178.jpg
そうそう、昨夏の発掘時。
白生地もあったっけ。

韓国手引木綿・耳付きの岡崎木綿など、ほんの数反。

どこへやった。
d0182119_22433295.jpg
ギリギリセーフ、残ってた。

帯丈も帯幅もありやなしやだが、この際いいでしょう。
d0182119_11270359.jpg
小千谷も2反、忘れててセーフ。
d0182119_11274679.jpg
夏のいまひとつ染めは、泣く泣く糊を落としていた。
d0182119_11290753.jpg
これらについて、今は考えないのが正解。
d0182119_11293366.jpg
帯に短し、科か大麻かそこいらへんの自然布ハギレ。
d0182119_11304701.jpg
「こういうのも染めていいですよ」と、けろセンセーがのたまっとか。
「そうだな」と、爺が従ったとか。

探せば何か出てくる田中紺屋。
これ以上は、ホントにないから。

世界中の誰ひとり信じてないけど。
d0182119_22441276.jpg
焦らず、慌てず、大騒ぎせず。

優先順位をよく考えて。

まじ頼むぜ。

リバ爺。
d0182119_11342883.jpg
「オレさ、分かったんだ」って。

「藍ってのは、染め続けてなきゃいい色が出ないんだ」
d0182119_11352613.jpg
染め歴60年の大職人。

どえらいウブな発言。

いまさら何を。
d0182119_11485167.jpg
曰く、手が痛いわ雨が降るわで、染めがはかどらなかった。
藍の世話はかかさなかったが、染め自体はロクに出来なかった。

続けて染めていないと、藍の色も、結局はよくならない。
そのことが改めて分かったと言う。

藍は活性化させてないと、いい色にならないって。

誰かさんみたい。

やれやれ。

それと怪我の功名。
仕事が出来なかったことで、腱鞘炎が治ったっぽい。

色々でこぼこ。
痛しかゆしだが、まあいいでしょう。

「まあまあ染め」がまた出来て、マンモスうれぴーだ、きっと。
d0182119_21395431.jpg
そうだ、お役所からなんか届いてるって話だけど。

見せてください。
d0182119_19173864.jpg
電話じゃ要領を得ないため、伝書鳩化したわたくしが現場へ急行ってわけ。
これも大事な確認事項。

名前書け、ハンコ押せ。
すべからくご指示させて頂く。

几帳面につき、誤字脱字をやたら気にされるが「んなの、いーから」と一喝し、無事完了。
d0182119_23031355.jpg

すません、手前の紙、なんすか?

ああ、これ。
d0182119_19234061.jpg
「まさか」

にわかに心臓があおった。

やりかねないんで。
d0182119_19254538.jpg
聞けば、10数年前の仕業らしく安堵。

でも、なんでこんなにようさん刷るかなあ。

ほんの一部です、コレ。
言うまでもなく。
d0182119_21440111.jpg
本日はこれにて。
但し、お昼だけは食べて帰りたい。

この春以降、お誘いしても「オレはいい」と振られていた。
お腹だかおシモだかの具合が悪いし。
だいたい気分も乗らなかった。

おひとりけろさま。
歯噛みの自腹定食であった。

「今からわたし、お昼して帰りますけど、田中さんもいかがですか?」

ダメ元で誘ってみる。
d0182119_19284929.jpg
うん、行こう。

よたよたで、突っかかりながら、小走りで。

前掛け外して、すっ転びそうだが、素早いのなんの。
d0182119_19332071.jpg
生姜焼き定食、永年無料権。

TGが有する最大の権利を掲げ、こぶしを挙げる。

爺っちゃんの名にかけて。
d0182119_19341416.jpg
イエス。

d0182119_19373649.jpg
財布の中身忘れたとか、ぜったい言わないで下さいね。
d0182119_19384322.jpg
いちいち右往左往、なんでも真に受け、オロオロ騒ぎ、慌てて火消しをし、そんでヒーヒーする。

けろ企画の問題点は主に上記、ほか省略。
d0182119_19392836.jpg
もう話すことも、ほとんどない。
d0182119_19554026.jpg
キャベツだけでなく生姜焼きにもとんかつソースをたっぷりかけて平らげる御大を拝めたことは、この秋最大の収穫だった。
d0182119_19545670.jpg
とはいえ、予断はいつだって許さない。

あの御大なんで。
d0182119_22182271.jpg
瀕死と不死身の反復横飛び、フルマラソン。

なめたらあかん。

この先、なんにもないわけがない。
d0182119_22180498.jpg
それは肝に銘じている。




[PR]

# by kerokikaku | 2017-11-22 11:35 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(6)
2017年 11月 21日
11月田中学校-その1
伝書鳩の出番か。

なんぼかけても出ない。
d0182119_20191843.jpg
3月の月日荘展を終えて、この春夏秋、ずっと。

リバマこと、リバーマウスこと、川口。

の、正藍型染師 田中昭夫御大。
d0182119_20125321.jpg
具合が悪かった。

どこ、というより全体的にダウン気味であった。
d0182119_20203010.jpg
腱鞘炎で指が痛い。
雨ばかりで染めがうまくいかない。

言葉もつまってぜんぜん出てこない。
トイレ関係、おシモのあんばいもよくない。

根は頑丈なタチだが、そんなこんなでしょっちゅうお医者に行っていた。

食欲はあるが、痩せてしょうがないって。

10月に伺った時は、ちょっと小さくなっていた。
d0182119_20130234.jpg
わたしと御大をつなぎとめる手段は、ケータイのみ。

ただし、着信に気付いて折電をする技量はない。

出ないとなると、やりようがないのだ。

でも出ない。

もしや。

まさか。

はたまた。
d0182119_20173896.jpg
万が一、御大に何かがあったところで、わたしは知る由もない身分なのだ。

そのことを再認識した不穏の日々だった。



伝書鳩寸前のラストチャンス。

どうにも出ないホットラインへかけてみた。
d0182119_21274879.jpg
あっさり出たのでずっこける。

伺いたい旨を伝えると「うん」。

せっかくカケ放題プランに入っているのに、15秒で済んでしまった。

ちっ。

などと一切思わず、速攻でリバマ上陸する。
d0182119_21360489.jpg
正直言って。
d0182119_21391005.jpg
ピンチ!な、11月田中学校。

いささか気が重い。
d0182119_21391651.jpg
四方八方、八百八町。

もうもうといぶった藍場。
d0182119_21461059.jpg
ああ、やってるんだ。
d0182119_21393199.jpg
ご寵愛のバラはお元気。
d0182119_21394243.jpg
本人は板場にいた。
d0182119_21403838.jpg
「来るって言ってたっけ」ってお顔で。
d0182119_21404948.jpg
例によって挨拶もそこそこ。
d0182119_23191341.jpg
何かを取りに行った。
d0182119_21413667.jpg
最近の染めを見せようってことらしい。

けろセンセーの花丸でも励みになるのだろうか。
d0182119_21415125.jpg
実は10月のこと。

この夏の宿題、というわけでもないが、染めた反物を10反ほど拝見した。
調子の悪い中やっと染めた、って。

ラオス谷さんの白生地・残りわずかとなった耳付きの岡崎木綿ばかり。
貴重な生地を染めていた。

あの時はブログ内でぼやかしたが、正直良くなかったのだ。
ひいき目に見ても(本来はひいき目で見てはいけない)ダメだった。

そもそも糊がダメで、すぐ落ちた。
d0182119_22075559.jpg
直す先から手につき、やればやるほどキーッとなり、悪循環。
d0182119_22094343.jpg
仕上がりも、見ていられなかった。

往時の見る影もなかった。
d0182119_21584004.jpg
ショックだった。
来るべき時が来た、と思った。

本人へのコメントは控えた。
いいとも悪いとも言えなかった。

帰り道、黒幕にすぐさま報告した。

「田中さん、仕事はもう無理っぽいです」

やるな、とは言えない。

やりたいだけやらせよう。

でも、この染めを外に出すことは出来ない。
d0182119_21595742.jpg
端ミシンした岡崎木綿はたんと準備済み。

向こう100年分ある。
d0182119_22155790.jpg
今後は月日荘で取り扱いしてもらう約束。

それが最大のモチベーションなのは間違いない。

でもあの染めでは、外へ出せない。
出したら「紺定」が廃る。

これじゃあダメだ。
出せない。

「紺定」印を守らないと。

いつか言わないと。
この染めでは引き受けられないと、年内のどこかではっきり言わないと。

それを見極める意味もあっての、訪問だった。

確かにこんな大作業、いつまでも出来るものではない。
d0182119_22454118.jpg
あの日の真新しいサンがなくなっていた。
d0182119_22470540.jpg
どうせ長板は持ち上げられないし、そういうことは早いんだ。
d0182119_22480792.jpg
でもまあ。

なんやかんやで染めていたんですね。

ほかにやることもないしね。

やっぱ、そうだよね。
d0182119_21414437.jpg
見せてもらうの、こわいなあ。

と、気取られないように平静を装う。

d0182119_22550794.jpg
「湯のし屋(染布の最終仕上げ屋)が入院しちゃってさ、まだ出せてないんだけど4反ある」って。

4反と聞いて、ホッとしつつ、拝見。
d0182119_22511632.jpg
続きます。



[PR]

# by kerokikaku | 2017-11-21 11:56 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(4)
2017年 11月 19日
11月下旬のインフォルマシ
ああどぼちよう。

港で釣り上げかけている大物案件について。
d0182119_13030502.jpg
様々な文殊賢者にも相談しよう。
そうしよう。

てなわけで、こういう感じでいかがでしょうか。
いやいや。
それでは不本意で、こうしたい。

ああそうですよね。
じゃあ再考します、そうします。

心棒がいまだグラグラで、あっちウロウロ、こっちウロウロ。
右往左往で帰宅し、麦とホップに癒しを求めるあまり、冷えが止まらない晩秋。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
d0182119_13025849.jpg
色あせつつも豪儀な面構えがたまらない。
夢のように昭和なジャンボ。

パチンコはしない。
しかし20代の頃、無理くり誘われて1度だけやった。
1000円しか使わないと決め、わけもわからず台の前に座った。

ほんの10数分で2万位になった。
恐ろしくなって中座し、その足で飲んでチャラにし、それっきりこれっきり。
だからって、何の教訓もあれもございません。

リバマに電話が通じない。
伝書鳩を用意すべきか。

詳細は各サイトをうんぬん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソピアップ・ピッチ展「desire line」
~2017/11/20(月):
8/ART GALLERY/TOMIO KOYAMA GALLERY(渋谷ヒカリエ8F)
d0182119_13171585.jpg
世間とかかわりの薄いわたくしの、社会の窓口のひとつが渋谷ヒカリエ。
わりと好きで、定期的にパトロールしている。

8階D&DEPARTMENTでは「群馬展」だった。
思わず手にした篠原様。
d0182119_13234417.jpg
中身はふつーに桐生市の観光パンフ。
d0182119_13235036.jpg
表紙とのギャップが激しすぎてあっぱれだった。

ようでけてるわ、と感心した日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

芹沢銈介コレクション 
インドネシア 島々の絣
2017/10/3(火)-2018/2/1(木):
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館
d0182119_12595328.jpg
静岡でなく、仙台ね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小さいもの好き
ーベビヰドヲル&ルーペ
2017/11/23(木祝)-12/3(日):
Loupe(西荻窪)
d0182119_13024195.jpg
小さいとか繊細とか、わたし苦手なんや。

と言い聞かせているくせに、なぜだかLoupeさんが好きである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩井窯 山本教行
2017/11/23(木祝)-12/3(日):
工芸 器と道具SML(中目黒)
d0182119_13004753.jpg
気になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スズキサト
2017/11/25(土)-12/1(金):ギャラリー上屋敷(目白・池袋)
d0182119_13021990.jpg
25(土)26(日)スズキサトさん在廊です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アフガニスタンの手仕事
tribe
2017/11/28(火)-12/10(日):
the ETHNORTH GALLERY(日暮里・千駄木)
d0182119_13020451.jpg

vol.1とvol.2と、会期中に休みをはさみ、展示が変わります。
詳細はサイトでご確認を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

衣の原点
ー南太平洋諸島の樹皮布、編布など
2017/11/30(木)-2018/3/17(土):
岩立フォークテキスタイルミュージアム(自由が丘)
d0182119_13010299.jpg
岩立先生のファッションチェックも込みで、伺うのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あこがれの明清絵画
~日本が愛した中国絵画の名品たち~
~2017/12/17(日):
静嘉堂文庫美術館(二子玉川)
d0182119_13015729.jpg
来週のアートシーンでやるみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界を変える美しい本 
インド・タラブックスの挑戦
2017/11/25(土)-2018/1/8(日):
板橋区立美術館(下赤塚・西高島平)

南インド・チェンナイの出版社「タラブックス」。1994 年に設立され、ギータ・ウォルフとV・ギータという二人のインド人女性が中心となって活動しています。タラブックスといえば美しいハンドメイドの絵本が知られています。ふっくらとした風合いの紙に、民俗画家による絵を版画の技法で印刷し、1冊ずつ職人が糸で製本しています。インド各地には、多様な民俗画家たちが存在し、壁や床に絵を描いたり、民芸品をつくったりしています。そのような、生活の中で営まれてきた表現活動を、タラブックスは出版に結びつけました。…
d0182119_13023584.jpg
これもね、とても気になるよね。




[PR]

# by kerokikaku | 2017-11-19 13:01 | 毎月のインフォルマシ | Comments(2)