2010年 11月 27日
えあろびかよ
のど元過ぎればなんとかの
ゲンキンな素材でできております。

数年前よりバリではスポーツが大流行。

以前なんてちょっと走ったりするだけで異様にみられたのが
国技のバドミントンやバレーボールから始まって
いまでは一般人もまとめてジム通い。

ちょっぴり豊かになった余裕の証である。

3年前より週二回のエアロビをはじめたという、
バリ友女子30代後半。
続けているとは思えない体つきを
高値安定化しているのは良しとして

それにしても気にいっているようで
ことあるごとに誘ってくれる。

今回いよいよ観念しお供することに。

あ、わたし運動、しません。
しない人です。

Tシャツ/Gパン/スニーカー。
初心者だしこんなもんでいいだろう。

UBUDの中心部近く、もとはワルン(食堂)であったろう佇まい。
階下はジム器具に精をだす男子の山。

その奥に、ADUH!

「わたし脱いだらすごいんです」的な
たとえが古いのだが、ほんとにすごい。

肉、肉、肉。

おっとっとっと、失礼千万。
むせ返るほどのぬるい香り放つ、肉々しい女体の山。

アラ、けっこういいカラダしていらっしゃるですね。

ウエアはきっちりとお揃えになったようで
あちらからもこちらからも
何かがたくさんはみ出るような押し込むような。
おいしそうというべきか。

面食らって最初は何がなんだか。

合図も挨拶もナシで始まるものだから。
しかも途中に先生の奇声付き。
d0182119_14594380.jpg















まぁとにかく
動きとしてはついていくのが精一杯。
下は20代から上は60代。

先生は40代前半かな。
先頭でお手本を見せてくださるのだが

見ていいのか悪いのか。
見えそで見えなくて、でもつい目がいく。
そ、そ、そうとうあぶないポージング。

わたしの動きだけデクノボー。Tシャツ姿がやけにうざい。

だくだくの汗をかき、女子臭にまみれ、目正月もし
なんていうか。

来年にはウエアを揃えて
バリへ持ってくるのだろうか。
今となってはお祭り正装のmyクバヤ持ち込みでなく。

八目うなぎ油だけは用意しわすれた。
そのせいもあり、
夜、久々に足がつって寝られなかった。

肉感/動体/ムンムン女子が
目に焼きついたせいもある。
[PR]

by kerokikaku | 2010-11-27 14:39 | インドネシア | Comments(0)


<< 表札      ボカシスパ >>