2013年 01月 17日
中値
d0182119_2151882.jpg

毎年正月恒例の食べ比べ。

比べないと年が明けないわりには
とっくに明けた。

高い肉、安い肉。松阪牛、国産牛。

普段は買わない。
正月だけ買う。

100gあたり、500円(国産牛)、800円(国産牛)、1200円(松阪牛)。
上はキリがないのでここまでで打ち止めておく。

お店の方が値段のふせんを貼ってくれた。

g/1200円。
霜が降っり降り。あぶらでジューシー。
薄いの一枚でごちそうさまになる。

g/800円。
薄霜。程よいあぶら。
歯ごたえもあるので満足が得られる。

g/500円。
ご覧のとおり。
上席と比べれば硬い。しかし何枚でもガツガツ食べたくなるヤング感がある。

値段×食べられる量のコスパというか、お財布からすると、
松阪牛を一切れだけいただいて「こういうのは一枚でいい」と、上品に箸を置くのが一番エコノミーなのが判明した。

g/500円はついつい箸が進むので、結果的に最高級肉になる。

で、「美味しいなー」と思え、満足感と味のバランスが良いのはg/800円の肉。

毎年こうやって比べる。

「今がチャンス」とばかり意地汚く食らいつき、今年は元旦から持病の腸捻転が疼いてヒヤリとした。

中値の肉が一番良いことがわかっているにもかかわらず、性懲りもなく高値と安値との三種盛りにして、あーだこーだとやりたいのが正月なのである。
コスパだけが人生ではない。

次の正月が待ち遠しい。
[PR]

by kerokikaku | 2013-01-17 21:05 | ものすごくその他 | Comments(0)


<< NO!やるせ!      選択 >>