2013年 02月 24日
白衣道
この冬、ももひき・5本指靴下・谷さんワンピース以外の衣料を全く買わなかった。
心待ちのギャルソンSALEにも行かなかった。

あるもので過ごし、着倒している。
今季の経済社会に足跡を残せなかった。

しかし、ひとつだけ大買いしたものがある。
それは「白衣」。
d0182119_112729.jpg

決してそちらの意味ではなく、実用のためである。
というとやはりあちらの意味になり、更に誤解を生みそうだ。
そうではなく「作業着」としての実用のためである。

なんのこっちゃ。

銅版画の作業着としてずいぶん前から白衣は愛用していた。
お医者さんが着ているコートタイプ。
丈もヒザまであり汚れも気にならない。

家ではオールインワンのツナギをスッポリ着る。
料理をする時は、その上から「白衣」を羽織る。

作業着・事務着。
要するに「エプロン」代わりである。
服の上から着るので大きめがマストである。

中の衣料がどんだけ大事なの?というご意見もあろう。
中の衣料の保護が優先なのではなく、「作業着」を1枚上に着ることにより俄然作業効率が違う。
これは経験則。

今季、買い替えに当たり、思うことが多い。
白衣の世界が深かった。

参考までに、これは実際に医療現場で使われた白衣を分けていただいたもの。
d0182119_1125897.jpg

残念ながらわたしには小さいため、そちらの方面で悪用しようにも出来ない。
夏に1枚でぱっつんぱっつんで着るしかない。

白衣。まずはこちらを買った。
Wボタン・コートタイプ・¥3,900位。
d0182119_1192963.jpg

メンズMサイズにもかかわらず、服の上から着るのがキツく、小さい。
春になったら薄着で着るとしよう。

もう少し大きめを買った。メンズLサイズ。
シングルボタン・コートタイプ・¥4,200位。
d0182119_11165388.jpg

白衣=作業着であるのに、袖口が「ヒモ」しばりであったため、自分でゴムを通した。

袖口をヒモしばりシステムにする意味が全くわからない。
いっそリブ袖を切望するが、日本の医療用コートタイプには存在しない。

色気を出す。
追加¥200ほどのオプションでネーム刺繍が入れた。
d0182119_11184946.jpg

お医者さんみたいにネクタイを見せたいわけではなく、ヒザ下のピラピラも不要なので
ボタンを2ヵ所付け足しカスタムした。
d0182119_11523358.jpg

言うまでもないことであるが、すべての白衣の首元には、ひっかけヒモのカスタム済みである。
d0182119_11533055.jpg

今季の白衣ハンティングは終了のつもりでいたら、またぞろ出会ってしまった。

吉祥寺ラウンダバウトで¥1,200位。チェコかどこかの軍モノだと思う。
Sサイズだが、どえらいでかい。
上のメンズLサイズよりも身幅は広い。
d0182119_11253833.jpg

ほかに比べて生地が粗く縫製もザツ。
服の上から着る「作業着」という観点からすると、ザックリ生地なのは正しい気がする。
d0182119_1140499.jpg

後ろ身頃、肩線タックが素晴らしい。
「服の上から着る」わけだから。

袖口については、もうなにも言うまい。
「ボタンで調整してね」ってことらしい。
d0182119_1134280.jpg

「それ、全然ダメじゃん」ってことで、いつものカスタム、ゴムin。
d0182119_11352241.jpg

ポケットが付いていない。
「作業着としてありえねー」案件浮上。

カスタム魂のたまもの。
d0182119_11413637.jpg

終わりなき道に、また一歩踏み出してしまった。
[PR]

by kerokikaku | 2013-02-24 12:04 | ものすごくその他 | Comments(4)
Commented by matahari at 2013-02-25 20:49 x
うーむ、ディープな白衣道に感動!確かにプレイにも有効ですからユースフル。次は黒衣なタブリエを愛して下さいまし。詳細はヨミタ画伯に。。ギャルソンSALE初日に参戦したmatahariより。
Commented by kerokikaku at 2013-02-25 21:14
matahari様
黒衣タブリエ。。
白衣カスタムにうつつを抜かし、着たきり雀率高い数ヶ月。
ギャルソン縮絨に毛玉が生えるアリサマでございます。夏こそ初日参戦へ。
Commented by midori/kalo at 2013-02-26 20:37 x
いや〜、久しぶりに拝読。面白かった〜。けろさんってさらっと行かないんだね、何でも。それが面白〜い。やっぱりただ者じゃないなぁ。
Commented by kerokikaku at 2013-02-26 21:41
midori様
しつこくてアブラ症のクセに、弱粘着で打たれ弱いのが玉にきず。
というか、ザンネン賞だと自覚しています。
もうふたまわりアップでしつこく食らいつく性質だと、違う世界がきっと広がるのでしょう。


<< 一社会      HPE News No.009 >>