2013年 03月 04日
vacantのTシャツ
「この火曜から春になります」のアナウンスに耳を疑った。
昨日のTBSラジオ情報である。

防寒ツナギ&毛糸の帽子でスッポリの月曜午後現在、俄かに信じがたい。
しかも木曜からは20℃超えと言う。

まじすか。

「ゴールデンウィークの頃の気温」ということは、ほぼ「初夏」と申し上げてよかろう。
ああ、10℃以下の今から勇んで衣替えをしてしまいそうだ。

安住さんも「ほんとうですか?」とお天気お姉さんに再三確認していた。
お姉さん、ウソつかない。

出ました、得意の一足飛び。
いつだって春はいきなり来る。

20℃というと長袖1枚・コート不要である。
そろそろTシャツを出そうか、まだ早いけどどうしようか、と言う気温である。

アパレル業界でもあるまいし、3月初旬のTシャツWS&展示会というのは、いささか先取りすぎるかとふんわり躊躇していた。

来ました、2013/Tシャツ月間。
初夏っぽい春3月にシェイクハンド。

自分で作るのか。
vacant製を選ぶのか。
はたまた両方か。

ホップ・ステップ・ウルトラソウル。

vacantはTシャツ&アクセサリー作家/樋口女史のブランド名であり、原宿のVACANTではない。

あれは2011秋、TBSラジオ主催の菊地成孔氏のイベントが原宿VACANTで開催された。申込定員から外れたわたしが言うのだから間違いない。


vacantのTシャツとは。
シンプルでエッジの効いたロックスピリット溢れるTシャツ。

巷に吐いて捨てるほどロゴTシャツが溢れる中、vacantのTにだけ魂を奪われた。
西荻窪PLAZA FRAUで発見し追っかけ開始、早や3年。
d0182119_16292543.jpg

d0182119_16294171.jpg

とても単純な文字組み、なようで実は綿密なデザイン&思い切りの賜物。
d0182119_16295051.jpg

d0182119_1630455.jpg

d0182119_16301455.jpg
すみません、ぜんぶ、持ってます。

こう言っちゃナンだが、社交辞令分を大きく差し引いても、vacantのTシャツを着ていると各方面よりお褒めにあずかる。

オオヤコーヒーさんに至っては百発百中で褒めて下さるので、ついぞ真に受けた。
同じTシャツなのに毎度褒めて下さった。
印象健忘効果もあるらしい。

展示会では2013/SS新作が登場します。
オーダーをお受けして約1ヶ月後のお送りとなります。

あ、ということは。
20℃超えの今週から着たいとなると、Tシャツ作りのワークショップにご参加いただくと良いでしょう。
はっきりとしたステルスマーケットとは言え、決して悪いようにはさせません。

2013 3/8金.9土.10日
①「自分で文字組みしてロゴTシャツを作るワークショップ」13:00-15:30
②「vacant 2013-SS展示会」15:30-19:30

会場:homspun show room(渋谷区富ヶ谷1-8-7 飯島ビル2F)
小田急線 代々木八幡駅南口 徒歩3分
千代田線 代々木公園駅2番出口 徒歩0分
当日のお問合せ番号 090-6501-9408
[PR]

by kerokikaku | 2013-03-04 16:41 | けろ企画 | Comments(2)
Commented by chi-colla at 2013-03-09 22:50
た だのじぞーーーーー!!!
Tシャツ 文字組 ビール−!!!
Commented by kerokikaku at 2013-03-11 14:56
次回は強制参加とさせていただきます。
文字組みは「BEER」を入れてお考え下さい。


<< 3月中旬のインフォルマシ      ワークショップのプロセス >>