2013年 03月 17日
3月下旬のインフォルマシ
・・・・下旬広告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0182119_19574873.jpgけろ企画主催フリマ開催
3/21(木)―3/23(土)
帰って来た GARAGE SALE SHOW


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イベントごとが一気に重なる日というのが年に数度ある。
季節の始りや、曜日の並びにもよる。

3月は春分の20(水祝)が、諸々動き出す日のようだ。
例のGARAGE SALE SHOWは、そうと見せかけての翌21(木)から。

間違って20(水祝)に会場へ来たりすると、立ってるものなら誰かれ構わずコキ使われます。
なぜだろう、作業ツナギと軍手を余分に用意してみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Primitive works:on the skin
Yoshie KOBA
2013/3/16(土)-3/31(日):ギャラリーフィールアートゼロ(名古屋)

d0182119_2156123.jpg

木場さんの装身具。
古い和紙を使ったプリミティブなコンテンポラリージュエリーの世界。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

井上尚之のうつわ
2013/3/20(水祝)-3/31(日):暮らしの道具の店シマシマヤトーキョー(下北沢)

d0182119_222995.jpg

熊本・小代焼ふもと窯、井上尚之さんのうつわは
スリップウェアの技法を使い、大胆で、だけれど繊細さもある。
ヨーロッパから渡ってきた技法ではあるけれど
私たち日本人の暮らしにも、なぜかしっくりと馴染みます。

小代焼の伝統も受け継ぎつつの作品を、暮らしにひとつ。
ぜひどうぞ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小さなかばん 4人のかばん
2013/3/20(水)-3/25(月):匙屋(国立)

d0182119_2215533.jpg

ちょっとそこまでのお出かけやお散歩に。
旅先で大切なものだけを入れる手元のかばんに。
小さくても色々なシーンでお供してくれる小さなかばん。
それぞれ作風は違いますが丁寧に作る4人が小さなかばんに挑戦してくれました。
どうぞお楽しみに。


これは各方面及び作者本人においても言われていることであるが、とみーぱみゅぱみゅもとい冨沢さんの柿渋かばんが、いったいどれだけ小さいかばんとして登場するのかが最大焦点である。
ああ、GARAGE SALE搬入日でさえなければ、匙屋のガラス戸に鼻の脂をくっつけて、初日の朝イチからサイズ確認ができたのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動物文様の布 animals&flowers tribe
2013/3/20(水)-3/25(月):クリスタルスポット(新宿西口エステック情報ビル中2F)

d0182119_22144772.jpg

花・鳥・動物文様が織り込まれた布・キリム・絨毯などを集めて展示します。
2月に仕入れる新着も届く予定です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

栢野紀文 陶展 「人が集まるうつわ」
2013/3/23(土)-4/14(日):ギャラリー&カフェ草花舎(島根)

d0182119_2221254.jpg

器の中や外に記号のようにちりばめられた文様と色彩がどことなく韓国のポシャギや民画を思わせて、美しく、楽しい。
形の面白さにはフッと笑みがこぼれ、器かオブジェかの境目はなし。軽々とやきものの枠を飛び越えた感あり。「人を楽しくし、人が集まるうつわ」をめざして、常に新しい発見と新しいものづくりに邁進中の栢野さん。

[PR]

by kerokikaku | 2013-03-17 22:15 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< 残欠の思い出      開花ブルー >>