2013年 05月 01日
ジロータロー
FBを始め、よくわからないまま2日過ぎる。

友達申請という、胆の縮まりそうな天城越え儀礼を終え、ありがたいことにほとんどの方に「承認」していただき、その後「いいね!」という今もってよくわかっていない機能のおかげか何か、朝から晩までピンコロピンコロ携帯が鳴りまくり、「あらら、わたしって人気者かしら」ととんだ勘違いの1日を過ぎ、2日目の今日にいたっては、全く凪。

静かな一日。
人気者ちゃうし。
らーるー。

なんつうか、みなさん元気で精力的に活動しており、情報交換もあちこち盛んで、面食らってしまったのだ(FBをやっていないとFBを見ることが出来ないので未知であった)。

ここにセカンドワールドが存在していた。

やっている人には当たり前でも、やっていなかった私には衝撃であった。
てか、遅いよ。

mixiのコミュニティより交流キャパが広い。
mixiが大学やサークルレベルのちょっぴり専門的な仲間だとすれば、FBは中高時代や地域活動のラフな感じ。

例えて言えば、家族も入ってくるし、友人の子供だって入ってくる。
赤の他人はめったに入ってこないが、家族や友人のつながりは分かる。
ああ、こういう知り合いがいるのね、って感じ。
それによって本人のキャラクターも見えるというか。

設定方法にもよるのだろうが、FB自身からやって来る積極派。
mixiやブログは、こっちから行かなくては見られないが、FBは「ども三河屋っす」と呼び鈴をどんどん押してくる。
設定かな。ピーチクもそうだっけ。

え、なんだ、みんなここに居て仲良くやってたんだ。わたしゼンゼン知らなかった。
と、いまさらジローな、浦島タロー的感想を持った。
d0182119_21312996.jpg

しかし開始以来、PCがやたら重くなりガチガチに固まるという不測の事態が頻発する。
磐石かと思われたiphoneさえも落ちる。

はからずも墓穴。
いい加減に古い機器を買い替えよ、と迫られたカタチになった。

FB、恐るべし。
[PR]

by kerokikaku | 2013-05-01 20:05 | ものすごくその他 | Comments(0)


<< TVくんイキナリ      FBなんて >>