2013年 06月 17日
預け物
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・とりおき広告・・・・・・・・・・・・・・・・・・

d0182119_20103634.jpg自分で文字組みしてロゴTを作るワークショップ2nd
&vacant 2013-SS展示会
2013 6/29(土)30(日)
←←チェキラ!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
荷物プロブレムに困惑している。

バリ島からの帰りの荷物。行きの荷物もハンパないけど。

日本へ送る荷物の送料プロブレムは超ビッグだが、手持ち帰り荷物もビッグ。
更紗の本を何冊も買い、空港でオーバーチャージに泣いたこともある。

イチかバチかのオーバーチャージに懲り、最近は量りを持ち歩いている。
量っても重さは減りゃあしない。
はみ出た分の対処が事前に出来る、というだけである。

「のんびり読書でも」と夢想し、文庫本を何冊も持ち込み、1ヶ月居たのに一文字も読まず「来年取りに来るから」とバリ友に預けたこともある。

粗悪な印刷物を嬉々として作るのはいいが、紙系は重い。
「来年まで置いといて」とこれまた預けて帰る。

ランドリーに出した洋服を取り忘れ「来年までとっといて」と連絡したこともある。

そしてそれらの全てが「来年」行ったときには無かった。
ええ~!?と申し立てたところで出てくる由も無い。

まあ、そうだわな。

前回買ったもの。ドラム缶を再利用したゴミ箱。
そこらじゅうでよく見るバリのゴミ箱。※拙宅、散らかり放題、えらいことになってます。
d0182119_2237968.jpg

持っている先から「うわ、あの日本人、ゴミ箱持ってる!」と口々にバリ人の声が聞こえる。
微妙に早足で歩いた。

機内持ち込み重量オーバー&送料予算オーバーにて、例によって「来年」扱いにした。
「ごめんね、ごめんね」とバリ友によろしく頼む。
結論を持ち越せば、何かいいことでもあるかの如く。

そして今回。
取って無いだろうと高をくくっていたが、残念ながら、というか、取ってあった。

カーゴで涙の荷造り中、「これを本当に送るのか、再度置いて帰るのか」を最後まで悩んだ。
しかしバリ友が「まさか、また置いてくの?」と、怪訝な表情をしたのを見逃さなかった。

仏の顔が曇った瞬間だった。

買い値は安かったが、重くてかさばり、送るのも持ち帰るのも難儀。
しかも「来年」になっても、時空の隙間に落ちなかった逸品が、我が家にある。
[PR]

by kerokikaku | 2013-06-17 22:20 | ものすごくその他 | Comments(0)


<< BeBe メガマワル、メキシコ...      探し物 >>