2013年 07月 01日
7月上旬のインフォルマシ
あのですね、例えばですけど、重いものを持つ場合はですね、ダンボール箱に入った鉄のカタマリみたいなものを想像していただくといいんですけどね、滑り止め軍手や作業着とかの装備の問題じゃなくてですね、身をもって知ったこととして、まず、準備運動をすべきです。

気合いは二の次で。

降ろせたんだから上げられるじゃろ、と甘く見てはイケナイ。

TシャツWS用のプレス機。
85kg。

こ、腰…、肩も…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NEW DIRECTION IN JEWELRY
2013/7/2(火)-7/8(月):松屋銀座7階 
デザインギャラリー1953 ”クリエイターズショウケース2013”
d0182119_21315254.jpg

個人のジュエリー作家/デザイナーが作るジュエリーをセレクトする展示会「NEW DIRECTION IN JEWELRY」を、松屋銀座7階デザインコレクション デザインギャラリー1953にて開催いたします。
今回のテーマは“夏に身に着けたくなるジュエリー”。
ガラスや天然石などの、涼しげな透明感のあるジュエリーから、夏の日差しを跳ね返す様なポップで元気の出るカラーのアイテム、夏のファッションに合わせたくなる、軽やかな素材感やモチーフの個性あふれるジュエリー達。


「あふれる、こぼれる、光」
by _cthruit
2013/7/10(水)-7/16(火):日本橋三越本館5階 スペース#5
d0182119_21344813.jpg

_cthruit(シースルーイット)はガラス作家梅田香奈ちゃんのガラスジュエリーブランド。
明日からは松屋銀座、そのあと日本橋三越へとサーキット巡回。
かっこいいんだよなー、ガラスも本人も。

ビビリのわたしは、出会って数年のあいだ「え?割れない?割れない?」と何度もしつこく尋ねた。
「割れにくい素材をつかっているけど、ガラスだもの、割れるよ」との男前発言にしびれる。
その後は「よっしゃ分かった!」と納得して求めている。

こんだけ粗雑なわたくしでも、今日現在、1つも割らかしとりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フラワーズ FLOWERS
さかいあつし 坂野友紀 冨沢恭子 堀仁憲 増満兼太郎
2013/7/5(金)-7/14(日):間・kosumi(東中野)

d0182119_21235921.jpg

2005年から毎年7月は5人の作り手の企画よって、創意工夫に満ちた展覧会が開催されました。
あらたなクラフトの流れの一翼を担った5人の作家たちは、8年のあいだに大きく花開きました。
夫々の環境も方向性も変化してきています。
お祭りのような楽しい展示は、お客様も毎年楽しみにして下さいましが9回目となる今年で一区切りをつけます。
2005年から2012年の8回の展示には延べ112人の作家が参加して下さいました。
参加してくださった方たちの今後の活動を楽しみにしたいと思っています。


そう、恒例kosumiの7月企画は毎年楽しみにしている。なにをおいても出かけている。
縞のシャツ着て灯台でとか、みずうみのほとりでとか、畳を敷いた回とか、船のトビラをテーブル什器に仕立てた回とか。どさくさ紛れで打ち上げに参加した回とか。
今年9年目でひとくぎり。

DMも、同じモノを各方面よりどしゃどしゃ3枚いただきました。
ダイジョウブ、行きますから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つなげる つながる
宮本佳織里 個展
2013/7/11(木)-7/15(月):匙屋(国立)

d0182119_214916100.jpg

匙屋のお店を開いた時、紹介したいと強く思った最初の作り手が宮本さんでした。
宮本さんにとっても初個展となり、以来、匙屋で4回目の紹介です。
お店を始めなければ、つながることのなかった人との縁。
その縁を深めることができる素晴らしいできごと。
宮本さんとのこれまではその象徴的な出会いでした。
小さな布をつなぎ合わせる作業に込められた思い、ぜひお手にとってご覧下さい。
この展示会をもちまして匙屋企画展を終了したいと思います。
7年間、ほんとうにありがとうございました。       匙屋


このDMの文面を読んで、きゅっとなる。
[PR]

by kerokikaku | 2013-07-01 21:59 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< シマシマの線      TシャツWS&vacant展2... >>