2013年 07月 06日
こすり明け
あけましておめでとうございます。

わがカビ御殿の年明けでございます。
今年もよろしくお願いいたします。

うちは梅雨になると1階全体がカビまくる。
どこもかしこも田舎のばーちゃんちの物置のような香りに包まれる。
懐かしいような、忌まわしいような。

木やカゴは胞子で雪景色。
うす緑のフワフワを発見すると、ちょっとイヤなキブンになります。

布モノはこころなしか重くなります。
絞れるんじゃないかと思うじっとり感。
2階はそうでもないのだけれど。

今朝、明けましたと聞いて腕まくり。
野良帽子、作業着、日焼けクリームに蚊取り線香。

梅雨明けが逃げてはイケナイ、とばかり。

あろた、あろた、洗ろうてやった。
ざぶとん、干した、干しまくった。
ついでにあれも捨て、これも捨ててもうた。

あ、明けたばかりなんですけど。
どうにも気が急きまして。
フワフワ臭に嫌気がさしまして。

ちょっとした夜逃げレベル。
d0182119_136784.jpg

もうしまっちゃったけど、1畳ほどの木テーブルも洗ろたった。
いっそ1階ぜんぶをブラシでこすりあげてしまおうか。
やれるもんなら。

ブラシでゴシゴシしながら「澄敬一さんの作品みたいになるといいな」なんて厚かましいことを思う。

だんぜん甘し。
にわかブラシのゴシゴシじゃ、どうにもならんち。
根気レベル低し。

茶色いおつゆを出し、フワフワも洗い流し、乾かし、まいっかっと終わらせる。

そしてポカリスエットを飲んだ。
ここ大事。
[PR]

by kerokikaku | 2013-07-06 13:43 | ものすごくその他 | Comments(0)


<< 夏のワールドキッチュフェスティバル!      シマシマの線 >>