2013年 10月 17日
10月下旬のインフォルマシ
何をもって下旬とするか。
中旬と下旬のあいまいさを縫って、怒涛のインフォを。

残暑の長いトンネルを抜けると、そこは晩秋の様相であった。

着ると暑く、脱ぐと寒い。
そんな我らにはあれがあるでしょ、たんすにいっぱい。

2013巻物シーズン、いよいよ到来。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

須田二郎「木の器」
2013/10/16(水)-28(月):OUTBOUND(吉祥寺)


西八王子の工房にて木の器作りに従事する、須田二郎氏の展覧会を開催致します。
定番とも言える、使い勝手を考えたオイル仕上げのボウルやリム皿、カトラリーに加え、
今回は機能から少し離れた、樹木の洞や皮を活かした花器なども登場致します。
会期中は、OUTBOUND店主の小林が撮影した、工房での製作風景を収めた映像も上映致します。
荒々しい樫の原木が、次第に滑らかな肌のボウルに変化していく過程を、是非ご覧下さい。

d0182119_19232093.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラオスから HPE 谷由起子の仕事展
2013/10/18(金)-27(日):ギャラリー招山(鎌倉)


ラオス北部 ルアンナムターに移り14年。
レンテン族、黒タイ族、カム族などど「一から作る布作り」。
素直で 地に足がついた 機織りの音が聞こえるような布です。
谷さんが 現地の人達の生活や伝統、民族性を引き出した布、豆敷、風呂敷、手拭い、ショール、衣服など。
布は 1mより切売りします。すべてが手縫いです。

d0182119_19283186.jpg

谷さんは18(金)19(土)20(日)在廊されます。

昨日、台風に押されて10時間遅れで帰国されたようです。
このあとHPE2013秋の日本縦断ツアーが始まります。
各サイトでご確認の上お出かけください。

2013/10/23(水)-11/5(火):柳沢画廊(浦和)
d0182119_1953710.jpg

2013/10/24(木)-11/3(日):アートワークスタディオ・アン(富山)
d0182119_19433711.jpg

2013/10/30(水)-11/11(月):OUTBOUND(吉祥寺)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

toko manis special 浅井恵子さん企画
painting work ウスタニ・ミホ
2013/10/18(金)-22(火):toko manis アトリエマニス(京都)


ブログ布とお茶を巡る旅」の浅井恵子さんにご協力いただく今回のtokoは葉山在住の染色家ウスタニ・ミホさんの世界をご紹介します。
フリーハンドで描かれる墨絵のようなペイントは独特。
カジュアルでおしゃれなBAGなどを中心にマニスとのコラボ作品も登場します。

d0182119_194914.jpg

拙ブログをご覧のみなさまにはすっかりおなじみ。
「布茶」こと「「布とお茶を巡る旅」浅井さんが企画する、ウスタニ・ミホさんの展覧会を京都のtoko manisで。
フロム真鶴。しかし都内は庭、愛知も庭、京都も台湾も完全に庭。
ドコでもドアをお持ち。

もう定員かもしれませんが、浅井センセーによるドミノ編みのワークショップもありますぞ。
詳細はサイトをチェキラ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の袋展
-角袋、米袋…袋のかたちをしたものすべて-
2013/10/19(土)-23(水):ギャラリー啓(京都)

d0182119_1959317.jpg

上の浅井さん企画tokoへ行かれたみなさまにおかれましては、もれなく袋展もセットでどうぞ。
このあたりの布・袋について、なにがしかを所有しているクセに、わたくし恥ずかしながら不勉強。
こちらも浅井御大に詳しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秦宏子 織りもの
2013/10/19(土)-27(日):ギャラリー日日(富ヶ谷)


玉虫のように、光と遊ぶ布地。経糸と緯糸、それぞれに違う色の絹糸を使うと、布染めで得れない色合を生み出せる。
秦宏子さんは自分の手で、国産の繭を糸に挽いて、植物で染めて、布に織る。
こういう手間ひまをかけないと、自分が惹かれている、シルクロードの昔の織りものに近づけないと。
薄くて滑らかな風合いに、強くて奥床しい質感。
古来の手法を用い、秦さんが独りで織り上げた布地をぜひご覧になって下さい。
主にストール、反物、袋物を展示します。

d0182119_2042537.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二階堂明弘×台湾茶道《初霜の月》
2013/10/19()-27():うつわhase(名古屋)


昨年一年間、四季の茶会を開きました。
二階堂さんが祈るように作る器は茶湯に色々を語りかけます。
この茶会から感じる”何か”は多くの方の心に届いたようでした。
茶会を作る者、茶会に参加した者、遠くの地でその噂を聞いた者・・・。
この度、名古屋にお届けにゆきます。
神無月である10月は初霜月ともよばれます。
初霜のようにはじめての方でも台湾茶の楽しさと深さを感じられるお茶会になればと想っています。どうぞ足をお運び頂きましたら幸いです。
台湾茶道 茶人Peru

上記茶会は満席のようですが、26(土)15時からの森岡書店森岡督行さんのトークイベントは予約不要の無料イベントです。
詳しくはサイトでご確認下さい。
d0182119_20575534.jpg

台湾茶会?どっかで耳に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さか井美ゆき Darling Machine vol.22
2013/10/23(水)-11/4(月祝):Art&Products Laboratory tsubaki(京都)


カラフルな色鉛筆や鉛筆を走らせるように直線縫いのミシンで描くように刺繍する凄腕ソーイング・アーティストのさか井美ゆきさん。
15年前に渡米されてからは、日本だけでなくアメリカでも大活躍されています。
制作3年目を迎える、毎月差し替えるのが楽しみな12枚のカレンダー。
2014年のカレンダーのテーマは『パッケージ』!
製品の魅力をギュッと凝縮したパッケージの美しさに心躍らせ捨てられなかった経験は誰しもの記憶にあるのではないでしょうか?
ワクワクするカレンダーの原画をはじめ、新作が賑やかに揃います。

d0182119_2142975.jpg

さか井さん、来てるんやろか。
[PR]

by kerokikaku | 2013-10-17 21:08 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< 5本指始め      モ ス >>