2013年 10月 19日
5本指始め
だいたい9月も後半になると、衣替えをいつすべきかをうかがい始める。
極小住宅では、全部出しっぱなしというわけにもいかず、この入れ替えは必須イベントである。

しかし、ご承知のように夏日に次ぐ夏日、プラス真夏日。
日本は常夏化したかと疑わざるを得なかった。
いくらなんでも半袖短パンの身で、ウールを触る気になれなかった。

先週、宅配便との連絡行き違いにより、午前必着の受け取りが夕方にずれた。
急きょ、ぽっかりタイムが数時間発生する。

もう10月だし、勇み足でもなかろう。
後ろ指もさされまい。
好機、と衣替え開始。

長袖ばかりで大丈夫だろうか、短パンも仕舞ってよかったものか。
扇風機とファンヒーターの一挙スイッチもする。
またぞろやらかしたかと、ふんわりした不安を抱えていた。

額に汗し、冷たい炭酸を飲み飲み、わさわさとやり終えてみた。
過ぎてみれば、杞憂かつグッドタイミングだった。

現在、マフラーを巻いて震えております。
極寒地使用の防寒ツナギを着るべきかどうか、迷っています。

ヒーたまらん、と先ほどヒーターの前に立つ。
当然ながら灯油が未充填。
しばらくはインテリアとして暖房気分を味わうことになる。

夏にこもった熱が一気に放たれた数日。
あれだけ騒いだ金魚印の冷麦/素麺が、冷ではきつい。
ぜひにも温かいつゆでいただきたい。
d0182119_1502984.jpg

※細かい指摘として、正確には前川製麺は「金魚印」ではなく、研究中途の妹が書いたもの。

ここだけの話、あれだけ吹聴していた5本指靴下生活を、今夏は丸々放棄していた。
てか、履けんかったでしょ、どう考えても、ふつう。

すっかり忘れていた。
そして今思い出した。

この後「寒い寒い」と言う人に会うごとに、
「そりゃ駄目よ。5本指の重ねばきしてないなんて、当然よ。」と、したり顔で物申そう。
[PR]

by kerokikaku | 2013-10-19 14:57 | ものすごくその他 | Comments(0)


<< 初期不良      10月下旬のインフォルマシ >>