2013年 11月 28日
PC入院
立ち上げる→フリーズ→強制終了→再起動。
およそ50%の確率(けろ企画調べ)。

この儀式を終えると「え、なんかありましたっけ?」と白々しく動き出す。
もっぱら初期不良という噂の高い新PC。

10月に買いたてほやほやの。
赤イボ付きの。

自然治癒での改善を試みましたが、努力むなしく、このたび入院することになりました。

べっつに、しばらくなくたって困ることもない、といきがってみるが、ほんとは困る。

ブログも、FBも、生協の注文も、銀行の手続きも、ひとしきりPCを使っている。
音楽、ラジオ、DVDも。

ある程度はスマホで代用できる。
そうよね。メール1本につき2回以上着信音の鳴る、バリューでゴージャスなスマホがあるよね。

だから特段困らない。

と、いいな。

それよりも不安なのは、わたしが使うとフリーズするのに、修理に出すと「不良箇所が見当たらず、そのままお返しします。」なこと。

ありそうで怖い、よくある話。

昔、おばあちゃんが介護認定の審査にあたり、いつもはぼやーっとしているのに、認定員(というのか)が来た途端にシャッキリ開眼。
「どこも悪くない」「なにもボケていない」アピールが強く、認定が受けられなかったことがある。
d0182119_18455544.jpg

「どこも悪くない」のはめでたいのだが、認定員が帰るやいなや元のぼやーっとへ戻ったことが渋かった。

頼む、しっかりフリーズしてくれよ。
[PR]

by kerokikaku | 2013-11-28 10:06 | ものすごくその他 | Comments(0)


<< 12月上旬のインフォルマシ      ぴらぴらについて >>