2014年 02月 04日
豆さがし
そもそも落花生で代用しようと思ったのが始まり。

毎年「その後」が悩ましい。
落ちた大豆を拾い、フーフーしてから年の数だけ食べる。
庭に落ちた大豆については、土に還るのを一年かけて静かに待つ。

そうだ、皮つき落花生があるじゃないか。
あれも豆ならこれも豆。

横着ではない。

伝聞によると、正規に落花生で豆を巻く地方もあるという。
日本各地の伝統を重んじたい。

神楽坂jokogumoで、ちょうど浄法寺の落花生¥315があり、買おうとした。
手に取ったと同時に電話が鳴り、店外に出る。

通話をしながら無意識に駅に戻ってしまった。
そういうことってあるよね。
豆のことをすっかり忘れて家に帰ってしまった。

たいへんだ。
巻く豆がない。

味噌用の豆をとっておけばよかったか。
言ってもはじまらない。

急遽、家中の捜索に入る。

小さくて、つぶつぶで、巻いたあとで年の数だけ食べられるもの。

●パッと目に入った柚子3ツ。
d0182119_18523620.jpg

サバを読むにもほどがある。

●後から食べやすいコメ。
d0182119_18533310.jpg

さいごは掃除機で吸う図が予想されて却下。

●ヨーグルト用のレーズン。
d0182119_18544987.jpg

糖分でねたねたになるので却下。
豆でもないし。

●カンカンに入っていたアメちゃん。
d0182119_18553530.jpg

年の数だけなめられるならどうぞ。
というか、豆じゃない。

●小さくて、拾いやすいぞ、天カス。
d0182119_1857204.jpg

論外。


探すとなかなか見当たらないものである。

こりゃ万事休すと、本年の豆まきをあきらめた頃、ひらめいた。

●コーヒー豆
d0182119_191474.jpg

いいね、いいね、豆だし、挽けばいいし、こりゃいいね。

巻くときに油で手がねたっこくなるけど、それくらいは目をつぶろう。
家がほのかに喫茶店のアロマでいいね。

おかげ様で、鬼は出ていき、福がやって来ました。

伝統文化の継承はこれでよろしいのだろうか。
[PR]

by kerokikaku | 2014-02-04 19:10 | ものすごくその他 | Comments(0)


<< 山男      2月上旬のインフォルマシ >>