2014年 03月 13日
青空
17才になりたての青空くんはおでかけになった。
中部国際空港から中国広州経由で、またなにやら怪しげに乗り継ぎ、ネパールカトマンズまで。
d0182119_1103045.jpg

40日間のおひとり様。
ネパール観光が目的ではなく、6000m級のお山登りが目的。

何もかもが自分手配なので、止めることはできない。
やつは非常に固い素材で出来ている。

それがややこしくもある。
危ないのは重々承知。

母親は近所の神社へ何度も参り、祖母はこれで最後と妙に覚悟を決めている。
一歩離れた周囲は「行け行け、がんばれ」とエールを送る。

わたしは餞別にインドネシアルピアを2000円分用意した。
2日分のバックパッカー的滞在費になる。

あと、ネパール語の本も。
おととい聞いたところ、まだ「ありがとう」ひとつ覚えていなかった。

青空くんのことを話すと
「モンベルみたいな山メーカーにサポートしてもらえばいい」とみんな言う。
メーカーのステッカーを胸に貼り、山頂で画像を撮って随時レポートする等々。

こんな酔狂な少年は、大ネタになろうもん。
若ければ若いほどおいしい。

大人が考えがちなビジネスマインドを示唆し、そう何度か提言した。
めんどうなのか興味がないのか生返事ばかり。

まあどうでもいいのか。

自分がそこらに行った時は、家のことなど気にもせず、謳歌していたのだもの。

そんなもんだ。
[PR]

by kerokikaku | 2014-03-13 23:59 | ものすごくその他 | Comments(3)
Commented by yomita at 2014-03-17 23:27 x
あらら、青空くんすごーい!
いつの間にかすごいことに。
経過報告お願いします
素敵すぎてわくわくします。
Commented by kerokikaku at 2014-03-18 21:05
yomi様

そうなんです。
行ってた高校もやめて、通信科に変えて、山とバイトだけの人生。
青の母は半年で10kgやせた。
ダイエットに効く息子になりました。
Commented by yomita at 2014-03-19 16:20 x
自転車で佐賀町に来たときからただ者ではないとは思っていたけど。
楽しみな甥子さんだこと♪


<< 豆腐プリンキャラメル      あのひ >>