2014年 03月 19日
ウルトラC
C判定。
まるでウルトラCを彷彿とし、もいっちょEまで目指したくなりませんか。

なんだかとっても偉くてスペクタクルな気分になりませんか。
d0182119_22255788.jpg

ああ残念。
健康診断だとそうもいかない。

家人がCを2つももらってきた。
お医者さんでちょっと叱られてきた。

Aよくできました、Bふつうです、CがんばりましょうのCと言うより
「あかんで、あんた、生活改善せんといかん」だ。

あひるの行列の通信簿を見た親の気分を味わう。
あれ、ごはん係の自分の通信簿か、え?

揚げ物はせず、シャケやアジを焼くだけのしんみりとした粗食の日々。
肉のときも、一杯のかけそば並に100gを細々と2人でつついておるのに。

中性脂肪や高血圧のヤローめ。
ちなみにわたしは脂肪スカスカで、悲劇的な低血圧。
ベクトルが逆すぎて数値の魔術内では相容れない。

自然ごはんの本がかたわらにあるが、すびばせん、ちょっとタンマ。
さしあたっては、3日前から試行している玄米ごはんでどうかしら。

夢はトラネコボンボンのもちもち玄米ごはん!と一生懸命に炊く。

いや、ガスと鍋でふつうに炊く。

というか、今夜の米はうっかり水に浸しすぎ、水も米も目分量、炊き時間もテキトー。
はっと気づけば、焦げ一歩手前。

なんとまあ、この3日で最高の出来であった。
ウルトラCだった。

美味すぎたが腹7分目にとどめる。
余らせたシャケを具に残りをおむすびにした。
d0182119_22253589.jpg

このような一か八かの不安定な味こそが家庭の味だと開き直りたい。
めざせミラクルC。

しんみり粗食のベツバラとしてノーカウントしているコーラやせんべいやパルム。

しっかりとカウントされていた。
わからないと思っていたが、ばれていたのだね。

ジャンク枠は少し多めにとっといてもらわないと、やってられない。

なにとぞ麦とホップ枠も多めに。
花粉枠も多めに。
パルム枠も。
なむ。
[PR]

by kerokikaku | 2014-03-19 22:49 | ものすごくその他 | Comments(0)


<< なつみかん      自然のごはん >>