2014年 06月 03日
ざんねんなスキル
諸事情に疎く、用語も不案内。
説明も不得手なため、何のことやらわからない御仁を大量生産してしまいそうなネタだが、ちょっとぼやきたい。

データ作成のこと。

以前の勤め先では、DMをたくさん作った。
グラフィックデザイナーでもなく、特にその道に長けていたわけでもない。
必要に迫られてやってみたら、まずまず出来たからである。
d0182119_18414398.jpg

写真加工ソフト「フォトショップ」を使い、写真を切り抜き加工し、そこへ文字を貼り込み、版下を作る。
編集ソフト「イラストレーター」を持たなかったので、データ作成用にフォトショップを使っていた(ここからして異端のようだった)。

そこから先がわからない。

DM印刷には400dpiが妥当とどこかで聞き、それはなんとか変換出来た。
しかしピクセルを実際のmmサイズへ落とし込めなかった。

そこで猿知恵として、DMサイズ枠を入れたワードのヒナガタを作り、原稿をはめこみ、ワード入稿した。
画像だけを別送りもしておいた。
印刷は出来た。
d0182119_1842670.jpg

道の分かった人には「そういう方法もあるんだ」とへんに感心された。
へんに感心される意味もわからなかった。
得意の野良犬拳法だ。

「そのソフトとスキルで、よくぞここまで」と驚かれたこともある。
裏を返せば「ちゃんとしたソフトとスキルがあれば簡単なのに、どうもご苦労様」だろう。
自慢にならない。

味をしめて「ワードでこれは出来るのか、あれはどうだ?」と聞くと「何でもできそうに見えるけど、本来はワープロソフトなんだからね」と言われて我に返った。

いま、うちにはフォトショップがない。
それなりに高価だし、DMやチラシなどだし、写真加工がメインでもないし、たまのことだし、でフリーのペイントソフトを使っている。

ソフト作成者は無料開放しているわけであり、感謝を述べこそ文句を言ってはバチがあたる。

そうは言っても、使いづらい。
わたしには。
d0182119_18422411.jpg

いくつかを試したが、こっちはdpiが替えられ、こっちはサイズがカスタムしやすく、あっちはその逆。
オールマイティがあるようで、ない。
方法がわからないだけかもしれない。

文字のカタマリをつかみ、全体的にひょいっと移動することが、夢のように難しい。
ちょっと右に寄せたいだけなのに。
ちょっと拡大させていだけなのに。
単純なことなのに。

そこで、必要に応じて複数ソフトをサーフィンする方法をとる。
案の定、グルグル巡ってしまい、どれが最新原稿なのかがわからなくなる。
気づけば混乱を極めている。

まあそんなわけで、最近は入稿するやいなや「すみません、この原稿ではちょっと」と印刷屋から緊急連絡が必ず入る。

このままでは画像が荒すぎる、ピクセルがでかすぎる、原稿スタイルが違う等々。
困った客だな、って具合。

しかし腹ではどうでも、印刷屋の対応は押しなべて親切。
ありがたいやら恐れ入るやら。

ああ。
今まで猿知恵で目くらましをしてきたツケが一気に回って来た。
ソフト以前に、基本知識の欠乏が露呈した瞬間だ。

いまこうやって書いていながらも、大きな無知が漂っている気がしてならない。
d0182119_18435183.jpg

なにごとも基本は大事。
野良犬拳法にも限度がある。

やはりここはひとつ、区民PC講座に通うべきか。
でも、エクセル計算やら画像編集は一応できる。

データ作成のイロハをピンポイントで知りたいだけ。
ただし取説本で学ぶのは、辛抱力の関係上、出来ない。

そうだ、その道の方がぴったり横についてくださればいいのだ。
ほんの1-2時間程度。
30分でもいい。

おーい、誰か。
わたくしにズッポリ抜けている基本知識を、ちょいっと教えてもらえないだろうか。

意欲はある。
自己アピールとして、糸口さえ見つかれば理解は早いと思われる。

ちょっとざんねんで、ちょっと惜しいスキルもある。

お礼は、今ならもれなく、ハムでどうだろう。
[PR]

by kerokikaku | 2014-06-03 19:31 | ものすごくその他 | Comments(0)


<< もらいものから早起きへ      ハム >>