2014年 07月 31日
8月初旬のインフォルマシ
さすがにですね、なんぼなんでもギャラリーでの展覧会は多くないです。
丸っと夏いっぱい、お休み店もあったりして。

夕方、町のどこかで祭囃子や花火の音がこだまする。
つい、うかれぽんちで徘徊したくなる。
これでも昔は盆踊りでブイブイ鳴らしたものだ、と遠い目になる。

海へ行く元気は全くないが、お隣りさんちに干してある子供プールが借りたい。
人目を気にせず、ホースでチャーッと水浴びしたい。

そんな思いをダブルで叶えるイベントがある。
来る8月17日(日)は3年に一度の深川大祭、いわゆる水かけ祭りだ。

55基の御神輿が、深川界隈をずらずらワッショイ練り歩く。

なんと言ってもピークはお昼12時ごろ、永代橋を渡って二つ目の信号機あたり。
佐賀町名物のトラック水かけがある。
d0182119_1402013.jpg

ええ、ずぶ濡れです。
おでかけは、気合を入れた水着スタイルでどうぞ。

そして大事な情報として、100均でスマホ用ビニルケースをご用意されることをおすすめします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第13回・阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 [百花価千金]
2014/8/2(土)-3(日):阿佐ヶ谷神明宮(阿佐ヶ谷)


恒例!インドネシア・バリ島芸能の祭典「阿佐ヶ谷バリ舞踊祭」。
本場バリ島の舞踊家・演奏家をはじめ、 国内有数の踊り手&演奏者約100人が 一堂に会す大イベント。
踊りが音楽が人が花になり、それを取り巻く人もまた花になる。
百の花が千になってあふれる幻想的なバリ芸能の宵を、2日間たっぷりとお楽しみください。

d0182119_14142693.jpg

両日とも17時開演、入場無料。

上の深川大祭でも15(金)20時からガムラン演奏があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第16回展「日本の衣」 - 原紙布や野良着の美しさ -
The Beauty of Old Japanese Textiles
2014/5/8(木)‐8/16(土):岩立フォークテキスタイルミュージアム(自由が丘) ※木金土開館 

d0182119_1425271.jpg

まだやってると思って油断していると、じきに終わってしまうものなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生誕120年記念 濱田庄司展  
2014/6/17(火)-8/31(日):日本民藝館(駒場東大前)


当館の二代目館長として活躍した陶匠 濱田庄司(1894-1978)。濱田は自分の歩んできた道を「京都で道を見つけ、英国で始まり、沖縄で学び、益子で育った」と述懐しているように、東西の陶技を習得しながら、益子を生活の拠点にして質朴で力強い作品を生み出していきました。この展覧会は生誕120年を記念するもので、館蔵する濱田作品を中心に、自らの眼で蒐集した品々など約200点を展観します。
d0182119_1429057.jpg

こちらも上に同じ。
ハマショー先生展、行かねば行かねば、イパネマの娘。
[PR]

by kerokikaku | 2014-07-31 13:40 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< 阿佐ヶ谷バリ祭      ここ、ちなみにTOKYO、JAPAN >>