2014年 08月 05日
セーブ・ザ・モモ
果物も女も、くさりかけが一番食べごろだとは、誰の名言だったっけか。
または史実なのか。

夜炊いたごはんは、朝には糸ひき飯だもの。
食品のうかつとんかつ要注意期は続いている。
どうぞお大事に。

お盆を控えても、仏壇のない家庭ではモモやナシのお供え物がない。
でも食べたい。
しかも美味しいやつ。

どうするか。

くさりかけ、なんて言うと聞こえが悪い。
オンタイムでリーズナブルな逸品を手に入れるしかない。

悔しいことに、果物ってやつは味と値段が比例している場合が多い。
特にモモは、憎らしい。

ちなみにバリの果物で言うとマンゴスチンが憎らしい。
見るからに美味そうでも、安物だとハズレが5割。
ああ、憎らしい。
サラックやバンクワンやマンゴは平均点なのに。

いままで何度後悔したことか。
二度と安物のモモに手を出したくない。
高物に手を出せるかというと、これが、あのその。

いくら軒先でも、この暑さじゃ足も早くなるよねぇ。
腐ってしまっては元も子もないが、くさりかけは、くさっていない。
決して。

売り場のはずれにある、熟れすぎパイナップル100円、危なげなキウイ山盛200円。
そういうのを見逃すまじ。

あの日。

両手に大荷物で、重量級くだものを追加で買う、フィジカルな余裕は全くなかった。
心はためらったが、体が動いた。
マンガのように、後を歩きをした。

「これください」と口をついた。
後ろ歩きのまま買った。

お兄さんが忙しそうだったため、「自分で入れます」と、カゴ盛りをセルフでレジ袋に入れた。

見切り品2個200円。
ここは200万円と呼びたい。

全世界から見切られたとしても、わたしが救おう。
セーブ・ザ・モモ。
d0182119_221568.jpg

でーら、うまかった。
仏壇のそれらと負けず劣らず。

価値ある200万円とはこのことだ。
モモも自分も救った。

あしたはハムの日、おめでとう。
無事に冷凍し、まだちょっと在庫のある太ももハムで、お祝いだ。
[PR]

by kerokikaku | 2014-08-05 22:49 | ものすごくその他 | Comments(0)


<< 快適もどき      阿佐ヶ谷バリ祭 >>