2014年 09月 09日
9月中旬のインフォルマシ
十日町の叔母が「おまえの母ちゃん今どこにいる?」と電話をしてきた。
わたしは東京在住、母ちゃんは三重。

母ちゃんとのメールや電話もたまのことで、今どこにいると聞かれても、知る由もない。
携帯を不携帯がちな母ちゃんにも、問題はある。

なのに十日町の叔母は、母に電話が通じないと、すぐさまわたしにかけてくる。
それで所在が分かったためしはない。
イラチなのだ。

「知らない」と伝え、その後しばし四方山話をして電話を切る。
モーレツな方言のため、話半分とはいったもので、3割程度しか理解できない。
適当に相槌を打って楽しく過ごす。

しかも「母ちゃんにかけたつもり」が、わたしにかけてくることもある。
いわゆるひとつの間違い電話。
それも一度や二度ではない。

叔母主導で話がぐんぐん進む。
どうもおかしいと思い、「わたし、母ちゃんじゃないよ」と告げると「あっはっは、間違えた」。

切ってすぐに、またかかってきて「あれ?またお前か。」
そして「母ちゃんはどこだ」。

「姪としゃべりたかったからじゃないの?」と思われるだろうが、決してそうではない。
結果的には平和に終わるが、第一目的は「母ちゃん」の所在確認。
ウラをかいたことは叔母にはできない。

この間違い電話と母ちゃん捜索のおかげで、たまに叔母の声が聞けてうれしい。

どうやらこの夏は雨でキュウリがだめだったらしい。
1本100円にもなって、まんずひでえこって、オラいやんなって、草ボーボーだ。
これからナッパを植える。
屋根のペンキがはがれてみっともねえ。
じいさんがボンクラで困る。

おおよそ、こんな話だったと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「パキスタンの民族衣装」 ―沙漠と山岳地帯の手仕事―
2014/9/4(木)-12/20(土):岩立フォークテキスタイルミュージアム(自由が丘)
期間中/木・金・土開館 
入館料300円

d0182119_12361550.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

角掛政志 展
2014/9/6(土)-13(土):UTSUWA GALLERY 千鳥(水道橋)
d0182119_121244.jpg

千鳥ブログをのぞき見するのが、ひみつのお楽しみだ。
器に合った美しきカンタン料理と、ウィットの効いたコメント。
そして写真もたいへん素晴らしい。

てっきりキレッキレの女主人かと想像していたが、行かれた方はご承知の通り。
いい意味で期待を裏切れられ、ニヤリとしたのはわたしだけではないと思う。

角掛さんの菜箸立て、いいなあ。
そしてDMのミニ額縁をお買い上げの方は、好きなだけ古切手もサービスとは、にくい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カンタと刺子 -ベンガル地方と東北地方の針仕事  
2014/9/9(火)‐11/24(月祝):日本民芸館(駒場東大前)

d0182119_1232112.jpg

ベンガル地方の刺子・カンタは、白い布に花や動物や人物を色糸で刺繍し、余白部分は白糸でさざ波のように刺し埋められています。
一方、日本の東北地方には、藍染の刺子類があります。本展では、インドの布の蒐集で知られる岩立コレクションより約70点のカンタと、日本民藝館蔵の東北地方の刺子約60点をご紹介します。
いずれも家族の幸福を願い心をこめた女たちの針仕事です。
〔出品協力・岩立フォークテキスタイルミュージアム〕
←ここ、だいじ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋野ちひろ個展 空中立体展
2014/9/13(土)-21(日):Galerie AU BOIS/MAISON GRAIN D'AILE(大阪・北浜)

d0182119_12142938.jpg

金属を叩く、切る、繋げる。

そうして造り出される秋野ちひろさんの作品は
強さや儚さを内包し美しく輝き、その空気感は心に響きます。

今回は「空中立体」をテーマに構成して頂きました。
そっとぶら下げて楽しみたい、楽しい作品が揃います。
金属のかけらのアクセサリーも並びます。

本店は秋野ちひろさんの関西初個展です。


金属のかけらは、胸元を飾り、耳にぶら下がり、壁にかかり、コーヒー豆をすくったあと、空に浮いて。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

林友子 記憶のとびら
2014/9/13(土)-27(土):Gallery SU(麻布台)

d0182119_12203052.jpg

木と土を素材に、「泥彩木工」と名づけた独自の技法で額やオブジェを制作している林友子さん。
今展では、「手に取って下さった方の、記憶の断片とつながる糸口になれば・・・」という願いから生まれた作品を展示いたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暮らしの造形Ⅳ 金森正起・humoresque
2014/9/13(土)-28(日):ギャルリももぐさ(岐阜・多治見)

d0182119_12251461.jpg

多治見のギャルリももぐさにて、鉄の作家 金森正起さんと展覧会を行います。
鉄や琺瑯やアルミと、ニットという異素材の物の展示を、是非お楽しみ頂けたらと思います。
秋の始まる頃、多治見の自然の美しさとともに皆様のお越しをお待ちしております。
また、12日~15日はももぐさに在廊しております。
humoresqueのお店はお休みさせて頂きます。  humoresqueサイトより

[PR]

by kerokikaku | 2014-09-09 12:26 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< 栗きんとん      カップヌードル ミーゴレン >>