2014年 10月 02日
10月初旬のインフォルマシ
気に行った歯科医や美容師を変えたくない派は多いと思う。
からだに関することは、相性さえよければなるべく保守でいきたい。

移動となれば「次が決まったら教えてください」と耳打ちする。
そういうこと、あるよね。

数年前、運よく合う歯科医に出会え、それ以来追っかけをしている。
3か月に一度、呼ばれもしないのに行っている。

「そろそろ定期健診」ハガキが届くという、巷のウワサ。
聞いたことはあるが、一度ももらったことがない。
鮭やハチ公と同じメカニズム保持者だと知られている。
ほんとうは毎月行きたいところだが、嫌われないよう遠慮してこの間隔にしている。

おかげで大事には至っていないが、中事は頻発。
大がかりだとシャレにならないが、中がかりなガリガリは、いっそたまらない。

痒くてムズ痛いところに、適度な乱暴さと圧迫で、遠慮なくグイグイ攻めたてる。
大口を開けながら、いつもあやうく落ちかける。
この女先生の治療にメロメロだ。

この治療が永遠に続いてほしいと、半寝でアルファ波を出しまくる。
ほとんどリラクゼーション目的に来ている。

先生がどんな遠方へ移動しても付いて来た。
今後も付いていく覚悟で、もちろん。

永遠って、無いんですね。

夏の初め、いつものように予約をとった。
どことなく先生の動きがもったりし、体に幅が出ていた。

ご懐妊。

震えながらお祝いを申し上げた。
今月でおしまいだと聞き、さらにシュルシュルになる。

素晴らしい日々が終わってしまった。
ここだけの話、胸が詰まって、さいごのお礼が涙声になってしまった。

あれから3か月。
きょうは初めての先生に診ていただく日。

ああ、イチから構築か。
もしかしてまた難民と化するのだろうか。

シュルシュルすぎて、言葉にならない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ATLAS antiques
秋の食卓風景展 at R
2014/10/3(金)-5(日):R(西麻布)


Rの食卓にアトラスのアンティークが並びます※喫茶もご利用いただけます。
d0182119_1161166.jpg

いやあ、じつはじつは。
2014も暮れなずみつつあるのに、どうしたことか。
今年に入ってRに行けていない、わたくしにあるまじき事実を告白します。
タッキーへの気持ちは、週3通った蜜月期となんら変わっていないことも追記します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

柳沢光二コレクション
「飛行機のもの、集めました」
2014/10/3(金)-5(日):PONNALET葉山の家(葉山)
 
d0182119_11155552.jpg

カンボジアの万能布クロマー取扱クロマニヨンの「HOUSE1891」。
今月の5days5hoursも同時開催です。
詳細をご確認の上一緒にお出かけください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SAKE SHOP 福光屋 玉川店 10周年企画
花咲く金沢 
工房あめつち・スズキサト・中町いずみ
2014/10/3(金)-13(月):SAKE SHOP福光屋玉川店(玉川高島屋S・C 南館B1F)

d0182119_11314711.jpg

おそるべし百万石。とうとう新幹線を誘致してしまった。
3作家の器と、金沢のお菓子、もちろんお酒も並びます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇と☐
真鍮・小原聖子 和紙・ハタノワタル
2014/10/4(土)-12(日):GALLERYみずのそら(西荻窪)

d0182119_11412776.jpg

もう何度目になるのか、聖子ちゃんとハタノさんの展示の季節になりました。
〇の真鍮、部材のような、部品のような。
DMを見ただけでもひじょうにしびれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

蚤の市で見つけたもの 2014秋
2014/10/4(土)-13(月祝):ギャラリーブリキ星(西荻窪)

d0182119_11463211.jpg

全国の蚤の市で集めたもの
約500点を展示・即売・随時補充します。
日本の古陶磁、西洋の古陶磁、
李朝の工藝、アジア古民具、職人の道具、鉄や木のジャンク
大隅剛


上のみずのそら展と一緒に行かれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Silk&Flower Collection
buanobi
2014/10/9(木)-11(土):お茶とお菓子 まやんち(蒲田)

d0182119_1151848.jpg

タイシルクを中心に、韓国ベトナムインド日本のシルクに、すべてbuanobi福島さんが手刺繍をほどこしたアイテム。
ふわっと気が遠くなります。
[PR]

by kerokikaku | 2014-10-02 11:16 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< 更紗の時代      ニオイについて >>