2014年 11月 11日
第二回ツアーを終えて
となりの食堂で腹にしかとチャーハンを仕込んだあと川口アトリアへ向かった。
アトリアのガラス越しに黒山のひとだかりが見え、真っ先に思ったこと。

「バスに全員乗れるかな」と「だれか藍甕に落ちるかも」
いつもに増してビビリ妄想が頭をもたげる。

一時は暗雲のような風雲を巻き起こしてしまった田中騒動。
知らぬは田中翁のみ。
当局黒幕と参謀は日々奔走、ホホはこけ、髪は抜け、腹ばかりが減る。

本日第二回田中昭夫展ツアーを開催しました。
どこでどう聞きつけられたのやら、知らぬは当局のみ。
多くの皆様にご参加いただきましたこと、ここに御礼申し上げます。

ありがたいことに皆様映像を先にご覧下さっていた。
集合の後津田千枝子が皆様の前で説明をする。
d0182119_2384774.jpg

田中型染を見ながら解説を聞き、直に布を触り、道具や工程の説明がすすむ。
絶滅目前のスペシャルな仕事について、皆様がどんどん理解されていくのが分かる。

みんな、すんごく吸収している。
サーっと見るのと、解説と画像でじっくり理解してから見るのとでは、それはそれは天と地ほどの差がある。
元々藍や布に興味のある方々だから、吸いとりが早いのも当然。

ゲリラ前のわたしは、それこそ合成藍も正藍もインド藍も何も分からなかった。
今でも分かったとはぜったい言えない。

分かったことと言えば、田中昭夫の正藍型染は、おそろしくバカで、今どきありえなくて、天上天下唯我独尊で、どうしようもなく正直仕事ということ。
ある意味「しょうがねえな」感は皆様にもズシッと伝わったと自負している。

アトリアをあとに路線バス1台にむりくり乗り込み田中紺屋へ移動。
小雨の中なんの行列かと。
d0182119_23273751.jpg

藍場と板場を適宜シャッフルしながら、田中さんor黒幕津田がご案内。
d0182119_23282475.jpg

人員不足により、限りなく黒幕に近いグレー幕の"布茶"さんも案内係に駆り出される。
拙ブログではカバーできない様々な事象は後日的確にレポートされるに違いない。
d0182119_015987.jpg

あれよあれよで広巾用の型紙を発掘し、そして披露となった。
いやー、これはラッキー。いいもの見せていただいた。
d0182119_024175.jpg

わたしと言えば、庭に干された大根をしんみりと眺めたりして。
d0182119_0562028.jpg

その後の大混雑の展示室ではいくつもの不行き届きがあったことをお詫び申し上げます。
お茶も出しませんでどうも。
ハートフルな皆様のご協力のおかげで無事に第二回ツアーが終えられましたこと、心より感謝しています!

さて。
ちょっといい話。

参加者のひとりにKAPITALにお勤めで工芸好きの若い衆がいた。
39年前の「染織と生活」を愛読していてこのツアーにも参加とは、なかなかの好事家とみた。
明るい未来の光がスッと射した。

彼はアンティークの藍染消防士(?)服を着ていた。
というか着ていたコートを脱がしてしまった恐るべし外野の女子力よ。

若い衆のレアでグーな感性に超うれしくなった田中さん。
d0182119_002198.jpg

この笑顔を見よ。
d0182119_003036.jpg

ボトムがジャージなところもまるで新旧双子。
d0182119_05286.jpg

オレなんか裏は型染で紐がついて合わせだし。
d0182119_06174.jpg

ボクだって袖口はこはぜです。
d0182119_08448.jpg

えへへ。
d0182119_09556.jpg

さて。
「えへへ」で済まない話。

本日もわたくし、押し入れ段ボールをさばくったのはもちろんのこと。
せっかくだもの、田中昭夫全仕事をお見せしたい。

こんな機会もそうそうない。
抜かりはないと思っていた。

なのに知らない段ボールが発掘されてしまった。
おーい、もうみんな帰っちゃったぞー。
「なんですか、これ!!」
「もう出さなくていいよ」
d0182119_0403792.jpg

てか、さあ。
d0182119_0405585.jpg

当局の管理不足で重ね重ね申し訳ありません。

今週土曜の第三回ツアーでは、初だしの広巾数本とタイ手引き木綿反物軍団。
こちらも引っ張り出させていただきます。

実はもう一点、抜かりがございまして。
明日あらためて。

[PR]

by kerokikaku | 2014-11-11 23:22 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(2)
Commented by team-osubachi2 at 2014-11-12 14:24
昨日はありがとうございました!!
おかげさまで、すこぶる面白い見学ができました。
あ、若い男子がいると思っていたら、こんな男子だったとは?!です。二人の様子、いいショットですね。
勝手ながらけろさんと布茶さんのブログをリンクさせていただきました。事後報告で申し訳ありません。一人でも多くの方にこの仕事を知っていただけますように。
そして、カタバミの帯地、うちに連れ帰ってから、よく来てくれました!とギュッとしました。はやくお仕立て出来るようがんばって働きます!!感謝。
Commented by kerokikaku at 2014-11-12 20:03
team-osubachi2 様
温かいコメントをありがとうございます。
そしてツアーご参加、カタバミお持ち帰り、ありがとうございました。
team-osubachi2 様のブログを読んだ黒幕津田から「嬉しくて涙が止まらない」報告がありました。
ハンカチを用意して第三回に挑みます。

分かりやすくすばらしいツアーレポートにて、こちらも事後承諾ですがリンクを貼らせていただきますことをご了解ください。
こんなにも喜んでいただいているなんて、田中翁はわかっているのかなー。じゅうじゅう伝えておきますね!
ひょうひょうとしたところが田中さんのチャームポイント。
おかげで周りはびびったり泣いたり笑ったり、なんだかんだと結局は目を離せない。
最初は迷惑がっておりまして「こんなになっちゃってダイジョウブ?」と昨日尋ねたら「もうどうでもよくなっちゃったよ」と笑ってました。実親じゃないですが、黒幕はほんとうに親孝行したなあと思います。


<< 正藍染布について      第二・三回 田中昭夫展ツアーの... >>