2014年 11月 16日
第三回ツアー&田中展終了、このあとどうする?
田中展の黒幕津田千枝子より親愛なる皆様へひとこと申し上げます。

昨日、田中紺屋展は終了いたしました。
皆々様には、様々なご配慮と熱心なご指示、温かい眼差しを頂きましたこと、心からお礼申し上げます。
田中昭夫さんの長板中型職人として幕を引かれる時を、皆様とともにご一緒できたことを心から感謝しております。

今回、特に私がうれしかった事のひとつは、若い方々が多く田中さんのお仕事を見て下さったことです。
かつて 何も知らない若造だった私が、偶然 行った講習会で思いもよらぬ体験をし、今にして思えば それが自分の考え方の原点ともなっていると感じます。
そういう出会いが また 今の若い感性の中に 響いて、真っ正直で 本当のこととはどんなものであるかが、心の中に残ってくれたら嬉しいです。
田中さんが 全身全霊で追い続けてきた仕事を、記憶に留めていただけたら、この大馬鹿とも言える 大職人の仕事は、消えることはないと思います。

本当に、皆様 ありがとうございました。
津田千枝子

11/15(土)、いよいよ最後の田中ツアー。
あの人も?まさかこの人も?ヒコーキや新幹線など万障お繰り合わせのご様子。
「都内からなので近くてすみません」と恐縮している方もいましたがオーマイ、そういうことでは一切ありません。

「どちらから」「なぜ知って」と一人一人にお尋ねし、全員様へ感謝のハグをしたい気持ちをグッと抑え(されても迷惑)、川口アトリアからバス2便に分かれて田中紺屋へと移動しました。
d0182119_1541457.jpg

当局はツアー段取りを考えていた。
大人数の場合、藍場と板場を2組に分かれて交互にシャッフル見学がベター。
田中さんの興さえ乗れば各所で説明して下さるだろうと。

ライブってのは、いや、田中さんって人は、ナマモノなんですね。
「オレがいっぺんに説明する、二回もやんない」との当日発言にザワっと肝を冷やしましたが、もはやいかんとも。

藍場、板場からあふれでた皆様、田中さんの声も届かなかったでしょう。
せっかくの藍甕も長板も見られたかどうか。説明も聞こえたかどうか。帯地反物も見れたかどうか。
もちろんお茶もでませんで。

そんなバタバタにもかかわらず「こんないい機会をありがとうございました」とお帰りになる皆様の後ろ姿に、わたしの胸はいっぱいでした。
そうは見えなかったでしょうか。
d0182119_2002153.jpg

まだこんなにございましてよ。
d0182119_1554276.jpg

閉場時間が近づくと、田中翁の動きがにわかに活発化してきた。
囲炉裏に炭をくべ、出前なんか頼んじゃって。
d0182119_1558418.jpg

残った数名の方々と打ち上げ会と相成った。
これを待ってたんだな。
d0182119_162480.jpg

津田さんより、田中紺屋の愛染明王様へ寄贈のお酒が開けられ、生きたご本尊様へ供えられる。
出身地秋田の酒とは泣かせるなあ。

花なんかはじめてだ、とまんざらでもなさそう。
d0182119_2005470.jpg

しかし宴会前には、ひとり静かに藍甕の世話をしていたのだった。
d0182119_16174851.jpg

藍はまだ生きており小さなものは染めるかもしれないが、長板も広巾も無理。
これで引退。

おかげさまで多くの方に知ってもらえて本当に良かった。
弱弱しく引退をつづり数名だけに知らせた最後の案内。
小さな花火だった。
線香花火よりもっと小さく、吹けば消えそうな。

そこに津田さんがポッと火をつけた。
大職人の最後をもう少しどうにかしたいとの思いだった。
あれよあれよで賛同を得ることができ、あちこちより火が追加され、途中火消しにも回ったが(汗)、終わってしまえば尺玉級の美しい打ち上げ花火になった。

ここに田中昭夫紺屋展の終了、川口アトリア展も終了しましたことをご報告します。
皆様のおかげです。
ありがとうございました!
d0182119_17501659.jpg


で、途中から反物がぞくぞくと発掘された経緯はご承知の通り。
根っからの職人で販売はからきし、、も美談っちゃあ美談ですが、程があると思いませんか。

引退だから、最後だから、これだけの方々が注目してくれた。
しかし"最後の展覧会を2回やる"のはルール違反だ。

でも、頒布会だったらいいですよね。
今回来られなかった方にも、ゆっくりご覧いただけなかった方にも、いいですよね。
d0182119_1643311.jpg

まだこんなにあるんです。
d0182119_16431430.jpg

掘ったら出てきました。
d0182119_16433461.jpg

じつは今回の価格は古いものだと20数年前のまま未改訂。3%消費税導入前の古いおはなし。
しかも事情があって通常よりも安くつけたままだったのでした。
いくらなんでもこれじゃあと、当局は再三田中さんに伝えましたが努力空しく間に合いませんでした。

そんな事情もあり、未来の頒布会では少し値段が上がりますことをどうかご了承いただきたい。
「え~高くなるの~」とどうかおっしゃらないで下さい。
不条理な値上げは予定していません。いままでがあまりにも安すぎたのです。
今回お求めの皆様にはその点はよくよくご承知いただいているはずです。

"値上げ”なんてデメリット情報をお伝えしましたが、非常に残念なお知らせとして、当方の性質上、悪質値上げが出来るタマでもなかろうもん。
だいたいご推察どおりでございます。

そんなわけで、当局は頒布会について動き出しています。
来年の若葉の頃、都心の広めの空間で、2-3日間の開催予定。
こちらのブログであらためてご案内申し上げます。

未来の頒布会について 朗報その1
反物(細巾反物、主に帯地)は変わらず反販売ですが、広巾に関しては切り売りを考えています。
着物は着ないけれど生地は欲しい、自分ではじっこ縫って風呂敷を作りたいと言う方(まるでわたし)には良いと思います。広巾全部ではありません。詳細は後日。※反物は浴衣向けではありません

未来の頒布会について 朗報その2
いちばん最初の出会い、38年前田中紺屋での型染講習会に当局津田が参加した際、染織研究家菅原匠氏の説明を聞いて板書した「正藍染講習会」についてまとめたもの。
d0182119_17183134.jpg

こちらをパネルでお見せしようと思います。※本人未許可
d0182119_17184433.jpg

他の参加者のほうが熱かったそうですが、じっさい家に穴を掘って藍甕を埋めて藍を建てたのは津田さんおひとりだったそうです。
そしていまや押しも押されもせぬ型染作家という数奇な必然の始まり。

未来の頒布会について その他
たった2-3日の開催ですがご来場の皆様に少しでも楽しんでいただけるようにしたいと思っています。
あ、ワークショップとかはナシです。引退なんで。
田中御大を川口からかつぎだせるかどうか、今からスケジュール調整に入ります。

別件朗報
川口アトリア「川口の匠vol.4 麗のとき」のカタログが出来ました。
正藍染田中昭夫を始め、当展4匠の仕事が出ています。
d0182119_17393431.jpg

d0182119_17394570.jpg

当局でさえカタログの存在をチェックしそびれていました。
d0182119_17395442.jpg

2014/11/16現在サイトにアップはされていませんが、川口アートギャラリーアトリアに問い合わせれば1部500円(送料別)で手に入るようです。

おまけ
いまとなっては苦笑いしながらお見せできる、今回わたしがもっとも恐ろしかったモノ。
会期中のある日、田中紺屋の玄関に貼られていたという貼り紙。
d0182119_17525993.jpg

貼られた形跡を見て戦慄を覚えた。
この存在を知った夜は震えて寝られなかった。


さて長丁場、お読みいただきお疲れ様でした。
現場から以上です。
[PR]

by kerokikaku | 2014-11-16 15:41 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(16)
Commented at 2014-11-16 19:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kerokikaku at 2014-11-16 20:05
柳蛙様
まさかお目にかかれるとは思わず、嬉しい出会いに感謝しています。思いがけずお話も出来てよかった。あの時もいいましたが以前のコメントに一時救われる思いをしたのです。
きっといいものにして下さい。そしてまたお目にかかれますように。
度重なる配慮不足をお許しください。再UPしました。以後ほかの方々も注意いたします。言いにくかったでしょうにご指摘をありがとうございました!!
Commented by 津田千枝子 at 2014-11-17 00:22 x
ちょっとぉ〜 あのノート、本気で展示するつもり? まだ 許可してません! お恥ずかしい。今でも字が変わってないと 言われたけど、あれは急いで書いたんだから。
Commented by 山崎菜穂 at 2014-11-17 02:17 x
11月11日のツアーに参加させて頂きました。
津田様始めこの素晴らしい企画に携らて来られてきた皆様に感謝です。
ありがとうございました。
素敵なインド手引き麻と越後古代麻の帯のは早速お仕立てに出しました。
次の夏まで待ち遠しい限りです。
この次は田中さんの帯を締めて、お目にかかれる機会があれば嬉しいです。
最終日、お疲れ様でした。
Commented by hiroki at 2014-11-17 14:25 x
ヒロキです。土曜日はありがとうございました。お世話になりました。お疲れさまでした。
本当に私はラッキー者で、ふと気づけば田中さんの隣、な〜んも知らないけれど、恐る恐る質問してみたら、田中さんはどの質問にも飄々と楽しげに答えてくださって、心の中ですっかり一方的になついてしまいました。ビバ! 田中さん!
頒布会の広巾切り売り、実現したらすごくうれしいです。
私もチクチク風呂敷縫って、田中さんだぞ、どやさ! と持ち歩きたいです。
準備はいろいろたいへんかと思いますが、楽しみに待っています。
Commented by kumi at 2014-11-17 15:59 x
初めまして。時遅かりしの感ありですが、素晴らしい藍染のお話を偶然目にすることができました。参加はできなかったですが、お写真で楽しませていただきました。
来春くらいには都内で頒布会も開かれるとのこと。是非是非
伺いたいと思っております。このように素晴らしい手仕事がまた一つなくなってしまったのですね。残念でなりません。
Commented by kerokikaku at 2014-11-17 21:05
津田様

ふふ。一応参考までにご意見として頂戴しておきましょう。
Commented by kerokikaku at 2014-11-17 21:13
山崎様
この度はご参加とお求めをありがとうございました。
そして既にお仕立て出しとのこと、ぜひ頒布会で披露して下さると、楽しみに夢想いたします。

いまさらジローですが、着物を着ないわたしのたわごと。
実は今回一番心惹かれたのが山崎さんお求めのインド麻、白地にアダンの花っぽいの、いまもしっかり目に焼き付いています。第一回ツアーのあと「発掘」した逸品。「おお、よしよし」と壁面に飾ったのはわたしです。第二回で一番に手にされていたのを見逃しませんでしたよ。わたしがゲットしたところでタンスの肥やしでしたのでちょうどよかったです。といいつつ何だか遠い目なのです(笑)。
Commented by kerokikaku at 2014-11-17 21:16
hiroki様
久しぶりのお目文字で嬉しかったです。すてきな上下でお出かけでした。話も弾んでよかったです。
しかし、hirokiさんは持っていますねえ。わたしは知ってますから、あのころから運を持っている方でした。
すごいなあ、まいったなあ。
頒布会の時はわたしの方がhirokiさんの後ろをついて歩かせていただきたい。ではまたその時に!
Commented by kerokikaku at 2014-11-17 21:21
kumi様
ことの顛末にお付き合いいただいたようでありがとうございました。
終わってしまえば、見ず知らずの心ある皆様のおかげでどうにか成り立った当ゲリラ活動です。感謝しています。

来年若葉の頃に頒布会。頒布会だけれど売るばっかりじゃなくてやや展示会です(展示会って言っちゃ怒られるんだった)。初めての方にも楽しんでいただけるように考えますのでお待ちくださいね!
Commented by f9 at 2014-11-18 15:35 x
ひろきさんと一緒に行かせてもらった、平野です。最後の1枚のお座布団をもとめたものです。うちの旦那もすごくいいね。とすでに自慢の一品に。田中さんの仕事をこの目で見ることができ、ありがとうございました。ツアー、お疲れさまです。フェイスブックにけろ企画さんのアドレス、リンクさせてもらいました。ブログにも一喜一憂、追体験。田中さんの廃業は残念ですが正藍の品々が人の手に渡り生活のなかで生かされていく、そんな機会を与えてくれたこの企画に感謝です。
Commented by kerokikaku at 2014-11-18 15:40
f9様
それはそれは嬉しいお話をありがとうございます。
お座布団を倉庫から発掘できて良かったです(笑)!
いろいろとご心配をおかけしましたが、おかげさまで何とか終わることができました。
FB、さぼりっぱなしなのでそのうちシレっと復活します。
Commented by 辛夷 at 2014-11-19 15:53 x
第三回ツアーに参画させていただいた者です。
その節は本当にありがとうございました。胸いっぱいになって言葉にならない半日でした。実はこのブログにはもう長いことモグッて拝読していたのでした。
そうそ勝手ながら許可なく私が参加している「kimono真楽」というコミュニティーの「辛夷」というハンドルネーム日記にリンクさせていただき、感想を15日&18日に書かせていただきました。ご覧いただければ幸いです。
Commented by kerokikaku at 2014-11-19 16:09
辛夷様
あの日、いろんな方面からいろんな思いをかかえたそうそうたる皆様が来て下さっていたことに、今更ながら身の引きしまる思いです。お付き合いいただきありがとうございました。

秩父太織、お会計の時つい「あっ」と声を出してしまいましたが、辛夷さんの元へ渡ったことは偶然ではないと思います。

わたしなぞ、ようよう田中さんと反物を引っ張り出せただけで(時として迷惑がられ、笑)、どこまで分かったものかという身分です。皆様のお気持ちの前ではお恥ずかしい次第。
心ある皆様に助けられたなあと、感謝でいっぱいです。
Commented by ibelievemyself at 2014-11-20 18:49
Kero様

第3回ツアーに参加したものです。 
黒幕軍団の心意気のおかげで素晴らしい機会を得ることができて感謝しています。ありがとうございました。
Kero様の企画には、いつも心踊り、ふらふらと引き寄せられています。
次の機会にはぜひ、ハグしあいたいと願っております。
Commented by kerokikaku at 2014-11-21 10:14
ibelievemyself様
ビッグハグなコメントをありがとうございます。
それもこれも事態趨勢見守り&ご参加の皆々様のおかげです。
田中さん、これでだいぶ打ち解けて下さったので、つぎこそはわたしに会っても怪訝なお顔じゃないといいなあと思っています。


<< さぼる宣言      スマトラ・バタックの踊り、で思... >>