2014年 11月 24日
鍋災
べつに奇をてらおうとか盛ろうとかそういうことでは一切ない、「ものすごくその他」の最たるもの。
我が人生、そんなことばかりなんだ、というさみしい話。

5月の万古祭で幸運にも1,000円の土鍋を手に入れた。
妹が「お金はええわ」というので結局は買ってもらった。

大事に大事に東京へ手持ちし、うちに着いた途端の惨劇はこちら

そのあと盆の帰省時。
近所の万古屋B品コーナーで土鍋800円を見つけた。
妹が「またわたしが買うたる」と言ってくれた。

秋になり、このあと春まで毎日出動するこの土鍋。
大きさも使い勝手も最高だ。
買ってもらったのも嬉しい。

今夜も使って洗ってコンロ上で乾かしておいた。

さて。
振動って、知らず知らずに何かをゆるませますね。

たとえば、わたしは毎朝コーヒーをガリガリしている。
d0182119_11332324.jpg

台にしている机の脚。
けっこうしっかりした脚なのだが、すぐにグラつく。
数年前に西麻布の道端で拾った机ですけど。
d0182119_11335914.jpg

右手はミルを回し、左手は脚を回すこともしばしば。
(この動作も、いつか何かをやらかす予感がある)

さっき、コンロに何かが落ちた。

上から何かが轟音を立てて落ち、その後何かがガシャンと割れた。
d0182119_1138165.jpg

この意味わかります?

長年の振動で換気扇のフタが落ち、それが土鍋に激突し、フタが床に落ちて割れたのだ。

鍋運の悪さに涙も出ない。
いったい何のお導きでしょうか。

言いたいことがあるならはっきり言ってほしい。
空気を読まされるのは嫌いだ。

とりあえず換気扇は久しぶりに掃除しておいた。
もし無精を暗示したかったのなら、鍋は割らないで欲しかった。
そこまでしなくても、換気扇の掃除ぐらいやりますから。

あー、1,000円鍋のフタさえ取っておけば、この800円鍋に使えたなあとか。
思ってもせんないこと。

ぜったいまた万古鍋を買ってやる。
かならずや安価で。
[PR]

by kerokikaku | 2014-11-24 11:22 | ものすごくその他 | Comments(4)
Commented by at 2014-11-25 17:18 x
リトアニアではガラスや陶器が割れることが幸運の前兆と言われている

悪運ではなく良運の持ち主なのでは
Commented by kerokikaku at 2014-11-25 22:54
灰様
なんとすてきなフォローをありがとうございます。
今夜からフタなし鍋。このまましばらくフタなし鍋生活、むむむ、なんてこった。
次なる安価万古鍋ゲッツまで、この意地っ張り鍋で良運を味わいたいと思います。
Commented by gongxifacai at 2014-11-26 00:08
次回は自分のお金で買ったら違うかもね。
Commented by kerokikaku at 2014-11-26 00:21
gonabzxaih様
するどい。


<< にわか染師      だんごと団地とバスと >>