2014年 12月 06日
津田千枝子展
あの時期。
津田さんとは、連日100回位のメールと電話のやりとりをする濃密な仲だった。

泣いたり笑ったりと勾配激しいジェットコースターに一蓮托生。
身に余る光栄と、身の程知らずな立ち位置を与えられた。

先日のHPE展では半月ぶりのお目文字となった。
急速接近したあとのこんにちはは、なんとなく気恥ずかしいようなヘンな心持だった。

「あのね、これね、実物より3倍くらい大きくてね、ここはプラチナ箔でね」
そう言いながら青山八木での個展案内を下さった。

ハテナと思いつつもこちらがばたばたしてしまい、名残り惜しいくバイバイする。
最後の追い込み中、あたまから湯気が出ているにもかかわらずお顔を出して下さったのだ。

その夜「全体の感じを見てね」と画像をいただいた。
d0182119_15452784.jpg

思いがけない騒動の黒幕として東奔西走かつ右往左往しながらも、個展に向けてきっちりと走っていた。

津田さんの美しい型染帯の世界。

まずは素材。
そしてそれを生かす型と色。

あの頃、我らゲリラ活動にお付き合いいただいた方には言わずもがなの哲学。
(今思えばコンビ名を付けておけば、なあんて)

津田さんのオフィシャルサイトはこちら
プロフィールの段、津田さんの作る姿勢がシンプルに的確にまとめられています。

青山八木さんでの年に一度のチャンスも今年で10周年。
ぜひお出かけください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

津田千枝子展 型染の帯
2014/12/9(火)-13(土):青山八木(青山一丁目)

d0182119_1556529.jpg

全日津田さんは在廊しています。

っと、津田さん関連は、明日も続きます。



[PR]

by kerokikaku | 2014-12-06 15:35 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< 津田さんからの、ああ      H.P.E自主展ポレポレ坐終了... >>