2014年 12月 18日
すっかりおしゃべり
この一年半位、大げさでなくひたすら寝て過ごしてきていたのが、今秋になってにわかに馬車馬化してきた。
これがあるべき姿のような、そうでもないような。

こちらでお伝え可能な「けろ企画」としての活動もあり、そうでないものもある。
お伝えできないからって広く見てカタギの仕事。
とくだん悪事に手を染めているわけではない。

しかしいつだって残念というか、一生懸命だからというか、たいがいつんのめってしまう。
涼やかな顔をしながら実は湯気が出ている。

「燃費の悪いアメ車」と形容されるように、一旦一事に手を染めるとそれだけで目いっぱいになる。
動くときはフル回転だが、やはり必須睡眠時間が11時間というのはトータルパフォーマンスはよくない。
過眠症のおクスリってありますかね。

そのうち洗濯物は物干しから取ってそのまま着るという、若者一人暮らし風の生活になってくる。
そのくせ味噌汁の出汁だけは引く。
どれだけ眠くても麦とホップは半寝で飲む。

さて、言えないことばかりで以下ぼやかまくります。

じつは例のアレはあがってきていまして、あとアレするだけなのに、アレが届いた日にゴングが鳴ったように別件ファイトが重なり全く手が付けられていない。
前日まで寝るほどヒマな日々だったのに。
2年越しが3年越しになってしまうこと必至だ。
でもダイジョウブと思う。

アレについてもだいたいの見通しはつきました。
具体化してくるにつれ手ごわいハードルも見えてきた。
なんとかいいカタチに持っていくべく、徐々に詰めて参ります。

アレも、そうだなあ、そうだよね。
どこへ行っても聞かれるのはアレね。
そろそろだよね、やっとく?どおする?
とは言え実は一人ではどうにもならない企画でして、サポーターの皆様のご協力ありき。そろりお伺いを立てて、という段階。
今後さらなる協議に入ります。


そして今週、なんとなく息をひそめていたのにはわけがある。

ほぼ隔離されていた。
現在進行形で。

発注された案件をこなす場に、わたしひとりで一歩も出ないで黙々と。
出ればいいのに根を詰めてやっているので、出ない。

ひたすら一日中仕事をして帰り、また翌日も黙々。
これについては都内某所で某件としか言えない。
トップシークレットな某社長直々のミッション遂行中。
終わった後でも言えません。

「けろ企画」ではないようだが、これこそ「けろ企画」的なのかもしれない。

わたし、岩立ミュージアムの布コレクションの整理をすること(やってる方からしたら笑われそう)、五島美術館の更紗の整理(これまた)、岐阜テキスタイルマテリアルセンターの見本布ファイリング(これも)のお仕事を拝見するたび、湧き上がるものを抑えがたい衝動に駆られる。

誤解される前に申しあげると、ちなみに我が家はキチンと整理されているとは言えない。
わりとモノがごっちゃり。
仕舞ったものが見えなくなった途端に健忘の彼方へ消え、その結果行方不明。
もしくは捨ててしまって、捨てた行為さえも彼方へ。

まあとにかく。
雑然としたものをとりあえず(語弊あり)ファイリングすることに、たまらないものを感じる。
上手下手の問題は別です。
得意でもないが好きなのだ。

そんなことに近い発注を受けた。

湿度調整されて冷房(!)のかかった場所で、極寒地用ツナギを着こみ、PUENTEアルパカでインナー完全防備し、ほこりにまみれ、わりとビックリする環境の中、PC持ち込み、ipodで落語を聴きながら、あれやこれや仕事を、誰とも口を利かずに一日中やっている。

さすがPUENTEのアルパカはブラボーだわあ。
抜毛は気になるが、何より命びろいした気になる。
それに加え、腰から下は片手で足りない枚数の十二単で、寒いどころか動くと暑い。
「寒いですねー」のご挨拶に素直にお応えできない。

ともかく。
よくぞわたしに本件を発注してくれたよなあ。
人選すばらしいなあ、ありがたいなあ。

ってゆうか、ほかの人ならどうやってやるんだろうなあ。
ってゆうか、ほかの人は耐えられるのかなあ。

しかし、たぶんコレってわたしの天職に近いよなあ。
永遠だと辛いけど、短期決戦ならヨダレでちゃうなあ。
筋肉痛になったり持ち帰り仕事もあったりでかなりハードだが、困ったことに楽しい。

やばーい、もっとやりたーい。
すると本来の「けろ企画」がすすまなーい。
こっちが本来になったらそれもやばーい。

って、ぼやかしすぎて何のこっちゃ。


そんな日のこと、九州のココロの姉さんから明太子が届く。
蓋つき土鍋も届いたことだし、これで平和に年が越せる気がしてきた。

斬新な宛名だった。
ヤマトも偉い。
d0182119_23284843.jpg

こちらもぼかしまくり。

いただいておいて言うのもなんですし、さらに過去に何度もほのめかしております。

わたくし、ひらがなの「けろ」でして。

ほら、このブログ最上部の黒い帯の中、「けろ企画」ってありますよね。
ひらがなの「けろ」なの、気付いて下さいましたか?

なんで「けろ」かと言うと、「高校生の頃、黒ブチメガネをしていたら『カエルに似てる』って言われたので」ってのが本当です。
それっきりずっと昔の名前で出ています。

お天気ケロ太も他人の空似名でして。
ほら、カタカナですと「ケロケロケロッピ」っぽいですし。

カエル丸出しですし。
一時は頂き物のケロッピグッズに囲まれて泣きしました。

なのでひらがなを使っております。

実際は彫刻刀で彫ったような細目で、カエル似ではないです。

「領収書の御宛名様は?」と聞かれ、「ひらがなで『けろ』で『企画』です」と言った先から「ケロ企画」と書かれる世知辛い世の中なんでね。
べつに大したことでもないですけど。
笑顔で御礼を言って受け取りますよ、わたしくらいになっちゃうと。

そうだ、年賀状。
わたしは後出し派で、いただいておいてホントあれなんですけど、べつに構いませんが、もしできましたら、名前はひらがなの「けろ」でいただけますと、ちょっと穏やかな気持ちになれます。

なんか、しばらく人と口をきいていなかったから、やたらおしゃべりだな。
ペラペラするする出てくるもんだ。

どうもすみませんでした。



[PR]

by kerokikaku | 2014-12-18 22:28 | ものすごくその他 | Comments(2)
Commented by yomita at 2014-12-24 21:56 x
久々にけろブログ見たら私しかわからないことが書いてあって大笑いです。過酷ながらも楽しかったようで何よりです。天職と言われればなるほど。このミッション聞いた時、けろしかいないでしょって、困った時のけろ頼み、スミマセン。しっかしけろしか耐えられないような過酷な環境でお疲れ様でございました。よく休んでくだされまし。
Commented by kerokikaku at 2014-12-26 21:56
yomi様
天上天下極秘ミッションにつき多くのコメントは差し控えますが、素晴らしく過酷で歓喜に満ちたミッションでした。
ご推薦に感謝します。


<< すっかりさぼり      フタなし鍋にとじぶた >>