2015年 01月 09日
1月上旬のインフォルマシ
ビバ、イチゴ。
ようよう悪寒は去り、のこされたのは鼻下のでっかい吹き出物。
やれやれ、痛ったいのなんのって。
麦とホップはまだ苦い。

出ばなくじきの空白期を埋めようにも、すぐさま活動って出来ないものですね。
動作がもったりしている。機械じゃないのだなあ。
なんとなく残念。

まずは後出し年賀状でリハビリを兼ねる。
ひろせべに画伯ファン、べにラーならばこのカード使用必須だろう。
d0182119_229303.jpg

恐ろしいことに字が書けない。
哀しい事実。
病み上がりキャンペーン中とは言え、キーボード依存症と相まって、ぐらぐらの乱筆、誤字、傾斜、内容も脈絡不明。

あかん、ここで立ち止まってはあかん。
振り返ってもあかん。
えーい、出してまえ。

さて、早速始まっている展覧会もあります。
詳細はサイトでご確認の上お出かけください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

曽田 耕 100 bags
2015/1/1(木)-25(日):輸入雑貨店nico(湯島)


昨年末に店内の小部屋で開催した「100ガマグチ」に続き、
来年は元旦から曽田 耕さんの展示「100bags」を開催いたします。
いろんな意味で小部屋には納まりきらないため、今回は小部屋+1F部分を全て使っての展示になります。

d0182119_2219814.jpg

「いろんな意味で」とはなんぞや。
さらに「いま、けろさんのための小部屋になってます」とnicoさんが念押ししてきた。
真に受けてよいのか、わたしのためって、そりゃえらいことだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第18回展
インド北東部の特異な服装
―ナガランド州、アルナーチャル プラデーシュ州―
2015/1/8(木)-3/28(土):岩立フォークテキスタイルミュージアム(自由が丘) 木・金・土開館

d0182119_22273139.jpg

講演会
*いずれも2015/1/20(火)からの10:00-16:00に電話予約をお願いします。
両者とも現地の映像を交えながらお話していただきます。( 定員40名 会費2500円)

◎2015/2/3(火)13:30〜15:30
「コニャック ナガランド最奥に生きる人の今」 講師|高橋暁史
◎2015/2/24(火)13:30〜15:30
「アルナーチャル プラデーシュ州のモンパの服装の変遷」
ーカード織、ラック染め、靴や帽子作り、紙漉きなどを中心にー 講師|脇田道子

ギャラリートーク
*いずれも予約不要で当日10:30-11:30に展示品の解説します。会費500円(会員は無料)/定員無
◎2015/1/24(土)ー岩立 広子
◎2015/2/14(土)ー廣田 繭子(学芸員)
◎2015/3/7(土)ー岩立 広子
◎2015/3/21(祝土)ー廣田 繭子(学芸員)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アードルフ爺さんの海辺の家
濱野太郎[織]・秋野ちひろ[金属] 二人展
2015/1/9(金)-17(土):ひねもすのたり 器とcafe(阿佐ヶ谷)

d0182119_2239139.jpg

作家二人の頭に浮かんだ海辺に住むアードルフ爺さんのまわりにあるものを想いながら制作しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

絵を飾るように布を飾る
2015/1/13(火)-22(木):ART SPACE繭(京橋)


*選んだ布を額に入れてみよう!一緒にアレンジしてみませんか
d0182119_22424065.jpg

赤いソファの向こうの赤い古渡更紗、ああ、すてき。
陽にあたって灼けないかそれがしんぱい。
繭の布コレクションにはお宝が仰山ございますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊藤久仁子敷物工房展
伊藤久仁子 赤羽純子 坂野いづみ
2015/1/15(木)-21(水):Gallery 招山(鎌倉)

d0182119_2248775.jpg

2年ぶりに招山での伊藤さんの敷物展。
でも前回は行かれなかった。

前にもここで申し上げましたっけ、ずいぶん前に東中野PAOで初めて伊藤さんの敷物に出会ったときのこと。
わたしはカラフルなキリムやガベにも目がない。
なのにほとんど無地で毛のままの色調の伊藤さんの敷物にがつんとやられた。
足場を組んで織るスタイルにも。
その時はふうんと思っただけだったが、後からじわじわ「あの敷物、よかったなあ」と思った。
潔い強さとやさしさが感じられた。

うちには入りきらないし全くの分不相応なので夢想の話だが、欲しい現代作家モノをあげてみてと言われたら、じつは伊藤さんの敷物だったりするわたし。
そのまえに、敷けるだけの部屋が必要。
わーん。
[PR]

by kerokikaku | 2015-01-09 22:19 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< HPE News 号外 201...      伏せた >>