2015年 03月 03日
3月上旬のインフォルマシ
BAHAGIAをずりっとヨコずらし。

日光が眩しいですね。
寒くてあつく、あたたかくて冷たいですね。
脱いだり着たりですよね。
月がきれいですね。

それから花粉がね。
と、肩寄せあって辛さを分かち合いたいが、どうしたことか例年より当たりが薄い。
それなりだけど、まだ前夜の感覚。
何もかもがほとほと嫌になる、あの忌まわしい症状ではない。

単にヒッキーだからかもしれない。
明日、外で大きく深呼吸して外出したならばどうなることか。

何の思いすらかけたくない。
舞いやむのを、黙って待つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

春の支度
小野豊一 染めもの展
2015/3/7(土)-22(日):ギャラリー&カフェ草花舎(島根・益田)

d0182119_20204114.jpg

とある紺屋案件以降、型染という表現が気にかかる。
直接描いたものも好きだが、元々版画をやっていたので間接的に何かを表現することにたまらないものを感じる。
なんだか、このDM、きれいでしげしげと眺めてしまう。
小野さんが若い男子だというのもいい感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

妄想 ROCK FES
3/13(金)-24(火):ブックギャラリーポポタム(目白)

d0182119_20275485.jpg

小雪散る京都、行けるのは今しかない!と張り切って四条河原町のギャラリーへ急ぐ。
地図アプリに従うが、どうにも見当たらない。
はじまった、また迷子か、と裏道に入ると入口が見つかった。

ひっそりした古いビルの上階、まさかやっている風には見えない。
失礼ながらやっていた。

小さい女の子達が、横たわる大きな女の子の周りをかしずくように囲む絵があった。
手には鰻重・だんご・お寿司・お菓子等々。
おいおい、好物ばかりやん。

ほんわかとかほっこりとか、不思議ちゃん系が多分に苦手な私にあって、ひろせべにさんの世界は別格。
なんだろう、毒入りイチゴ大福を彷彿とする、あの見事な達観性。

今展は、どうやらべにさんの作品も並ぶイベントのようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

津田千枝子展―半幅帯・ストール・バッグー
2015/3/14(土)-21(土):fudoki(板橋・蓮根)

d0182119_20421478.jpg

あの津田さんです。
12月に青山八木展が終わったばかりの、あの津田さんです。
とある紺屋頒布会の黒幕として、しかと幕ウラで君臨する、あの。

1月末にインドに渡り型染仕事をしてきたそうです。

こんなイケメンや
d0182119_215581.jpg

プリティや
d0182119_2171453.jpg

糸車老婆や(見た目より若いんじゃなかろうか)
d0182119_2181177.jpg

モーモーのいるインドで
d0182119_219751.jpg

布を作ってきたそうです。
d0182119_21155435.jpg

fudokiさんでの展示は初めてだそうです。
d0182119_21451829.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小原聖子 個展「TWIG」
2015/3/14(土)-22(日):間・Kosumi(落合・東中野)


海で磨かれ、細くつるつるになった小枝がいとおしくて。
それらを使ったオブジェや小枝のような真鍮のブローチなど、身近な海に思いを馳せながら、繰り返すリズムが心地よい作品をお届けします。
d0182119_2121168.jpg

聖子ちゃんって、すごい。
いつも新しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋野ちひろ コラージュ
2015/3/14(土)-29(日):ギャラリーSU(麻布台)

今回のテーマは、真鍮と異素材の出合い。
コラージュする感覚で、真鍮に別の素材を組み合わせ、新たな世界が生まれます。

d0182119_2126016.jpg

タイトルを二度見。
何か足りないような、ちょうどいいような、あれれ。

そうか、彼女のブログタイトルとリンクしているんだ。
コラージュのように、が原点なんだ。
[PR]

by kerokikaku | 2015-03-03 20:02 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< 「正藍型染師 田中昭夫の布 頒...      BAHAGIA UNDERWE... >>