2015年 05月 19日
「正藍型染師 田中昭夫の布 頒布会」への道-9.75 中巾
我々が中巾と呼んでいるタイ木綿の反物がある。
d0182119_16165420.jpg

手引手織の木綿地に、幾何学紋が主に型染してある。
d0182119_1617545.jpg

昨秋のツアー時に発掘した布。
d0182119_16183395.jpg

カタチになっているらしき、これはいったい何か。
d0182119_16172876.jpg

お大尽専用の布団皮だったりして、もう、どんだけですか。
d0182119_1618282.jpg

縫製も田中昭夫だったりで。
d0182119_18571970.jpg

そもそもは帯地用。
3色使いもあるモダン柄シリーズ。
d0182119_16253841.jpg

からだに当ててみると、反物で見るよりイメージしやすい。
d0182119_16255067.jpg

ちょっといいでしょ。

もし頒布会場で、見知らぬ隣人と心がユナイトした場合。
半分ずっこで工夫して、ペアで半幅帯を作るってのもいかがでしょう。
d0182119_16281242.jpg

実行部ユニフォームの裏地に使われた特岡木綿は少しだけ残布あり。
d0182119_16321570.jpg

浴衣までは作れない長さだが、田中仕事の中では珍しい絞染め生地です。
カット売り可。
d0182119_1633635.jpg

インド手織タッサーシルクの座布団。

布団屋に仕立ててもらったふっかふかの中綿。
ツアー時で完売だったはずが、思いがけない再発掘により、泣いても笑ってもラスト5枚のみ。
d0182119_16335667.jpg

そうそう、少し汚れていた発掘染布を、おそるおそる洗ってみた。
と言いつつ、問答無用の、ざっくばらんな洗濯機。
おしゃれ着中性洗剤、ガラガラぽん。
d0182119_16382668.jpg

落ちなかったです、藍。
今まで見知っていた藍染のCAUTIONとずいぶん違った。
それだけ田中紺屋の正藍染めは固かった。→正藍染めについて
d0182119_214356.jpg

そしていまだ残業中の御大。

値札に素材名を自筆で書くのが大事な業務。
字引を引きながらの、これまた生真面目仕事が田中流。
d0182119_16454660.jpg

間に合うのか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
正藍型染師 田中昭夫の布 頒布会
2015年5月21日(木) 5月22日(金)5月23日(土)

21(木)15-19時/22(金)11ー19時/23(土)11ー18時
※開催時間が各日で異なりますのでご注意下さい
会場:DEE′S HALL(表参道駅徒歩3分) d0182119_2348835.jpg 
[PR]

by kerokikaku | 2015-05-19 18:58 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(2)
Commented by molamola-manbow at 2015-05-20 14:04
あのう先輩、拡大して読むと「御入手後のお手入れ」のところに
「中性洗剤で一晩ひたし、押し洗いし絞らずに水を切り乾かしてください。脱水機による強い脱水は禁物です」って書いてありますぜぃ。

Commented by kerokikaku at 2015-05-21 08:50
あ、それは、、。
世の中ホンネとタテマエが入り混じってございまして、正しくは取説に書かれたとおりですので、上記ガラガラぽんは、やってはいけないけど、やっちゃったらいけた的な、特例です。
決しておすすめはしませんが、田中の藍はどんだけ固いのか?という、あくなき探求と実験の参考としてとらえて頂ければ幸いです。


<< 「正藍型染師 田中昭夫の布 頒...      タンクトップの胸の位置 >>