2015年 05月 24日
「正藍型染師 田中昭夫の布 頒布会」への道-12.0 頒布会終了
どこからともなく、何の知らせか。
愛染様がラッパを吹いたのか。

大阪から名古屋から京都ほか、もっと広くから。
最終日も開場から多くの方にご来場いただいた。

昨日はよく見られなかったからとか、初日求めた布がしみじみよかったので再度とか、さっき買ったけどまた戻って来たとか。
リピーター続々のミラクルが同時多発。

昨日の股引男子女子共に、自分なりに完全に着こなしての再来場にも大きく沸きました。

あ、昨日の人だ!
ほとんどの来場者は、あの股引男女情報はインプット済み。
拍手も出たりして。

履き方指南が堂に入ってきた御大。
d0182119_049487.jpg

いよいよ半纏・布団皮もSOLDになりました。
d0182119_0521382.jpg

あの。
実行部がいま一番後悔している点を、ここだけの話として伝えます。

実はあと数点、田中紺屋に置いてきたようです。
持って来たつもりだが、どうも数が合わない。

「布団皮なんか売れないよ」
御大の言葉についうっかり同意し、「そうだよね、じゃ、半分置いて行こうか」。

あの判断は失敗だった。
ほかは洗いざらい引っぺがしてきたつもりです。

これについて、今はお答えもできかね、事実確認もとれておりません。
「いっそなかったことにするか、どうするか」
このあとクヨクヨ悩ませていただきたい。

いずれにせよ。
正藍染めの股引・半纏・布団皮ブームが2015年南青山で起こった事実は、歴史に残る大事件と言ってよいだろう。

田中帯でのご来場も多かった。
昨秋のツアーで帯地をお求めの方々が、仕立ててお召しで来てくれた。
今日こそは写メの撮れる余裕がやっとできました。

すがすがしい大柄の唐草紋が美しすぎる。
d0182119_0411562.jpg

からの、でれでれ。
d0182119_183938.jpg

左のカタバミ帯
この柄こそ田中紺屋のシンボルマーク。
こちらの方の後方広報支援活動が、この頒布会を大きくゆさぶったことは間違いない。

この線なんのこっちゃと、質問さえなかった青いライン。
閉場数分前、やっと撮れた。
この長さ、長板と同じ7mなんですよ、と世界の中心でさけぶつもりが忘れてた。
d0182119_118372.jpg

あの、どちら様。
d0182119_1201184.jpg

誰かに似てるっぽい。
d0182119_120484.jpg

オレのムスコ!

三男坊氏を、搬出に駆り出してくれた御大の粋なはからいだった。

「初日の設営の方がよかったのに」とか、「昨日も来て欲しかった」などなど。
田中ガールズからの温かい洗礼に、にこやかなほほ笑み返し。

搬出入の男手は好物であり、何より助けていただいた。
うちのオトーサンがこんなことになっている事実も知ってもらえた。

赤帽到着に勝ち(いつも赤帽さんのほうがずっと早く着いちゃう)、つつがなく搬出は完了。
d0182119_1255743.jpg

御大搬出も無事完了。

これで終わり。
本当にみなさま、ありがとうございました!

そしてDEE'S HALLで開催できたことは我々の誉れでもあります。
田中さん、あのDEE'Sでやったんだよ!
わかってるかなあ。

田中仕事をたくさんの方にご理解頂き、我々のミッションは完了した。

例の騒動から見守って下さっていた方、どこからともなく流れ着いた方、有効方面から「行った方がいい」とプッシュされて新幹線飛び乗りの方。

どうぞ正藍型染師 田中昭夫本人とその仕事を覚えていて下さい。

博物館で古い型染布を見た時に、ふと思い出すかもしれない。
だれかの帯を見て「あれは田中さんと同じ技法かな」と思うかもしれない。
藍染の服を着た時、田中正藍と比べちゃうかもしれない。
おかげで目が肥えちゃってと文句が出るかもしれない。

本物の正藍型染師がここにいました(まだいますけど・笑)。

追って、当頒布会黒幕より、ご挨拶と今後についてのお知らせを致します。
しばしお待ちを。

まずは南青山の中心で、どこに向けて言っていいのかわからないほどの多方面、とりあえず空に向かって感謝の藍を叫びます。

ありがとー!
[PR]

by kerokikaku | 2015-05-24 01:52 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(2)
Commented by hosogai at 2015-05-24 22:03 x
三日間お疲れ様でした。昨日は予定があり、ゆっくりできませんでしたが、明るい光の中に広がる藍の色を見ることができ、伺えて良かったです。1日目に、自分じゃ活かしきれないし着る人に使って欲しいと帯を諦めたのですが、やはりハギレだけではなく、一つの作品として手に持ちたいと思い、帯を購入させていただきました。帯の仕立ては少し先になるので、しばらくは購入した生地を壁に飾って楽しもうと思います。大事にしていきます。田中さんにもお伝えください。
それにしても生地見本の販売に気づけなかったことは後悔ですね。
最後に、友人達に田中さんの作品を紹介でき、とても嬉しかったです。本当に頒布会の開催ありがとうございました。
Commented by kerokikaku at 2015-05-24 22:41
hosogai様
この度は続けてのご来場をありがとうございました!
帯地を求めていただいたこと、うれしいです。こうやって田中仕事に感動し大事にして下さる方の手にきちんと渡ることが、我々ゲリラの狙い(!)です。そうでなきゃやらなかった。

我々の力だけでは広げきれなかった世界を、こちらが知る知らないに関わらず、多くの方が好意的に広めて下さったおかげで盛況に終われたこと、本当にありがたいです。本物だから、間違いないから、胸を張ってゲリラ活動が出来ました。ああ、よかった~。


<< 「正藍型染師 田中昭夫の布 頒...      「正藍型染師 田中昭夫の布 頒... >>