2015年 06月 10日
6月中旬のインフォルマシのつもりが、なぜか海藻
上だの中だの、とっちらかっているうちに、ゆらぎのない「中」になった。

6月中旬です。
インフォいろいろあります。

その前に。

先日福岡の方から「オキュート」を頂いた。

「わぁ、オキュート!」と声をあげてみたものの、じつはオキュートが何のことか、食べ物なのは知っているが、海のモノか山のモノか、何モノかを知らなかった。

漢字かカタカナかも不明。

音のイメージで判断するに「ギューヒ」のたぐいかな。
「ギューヒ」も何だか分かっていないのは、どうかご内密に。
「イブリガッコ」みたいなものかな。
オブリガード的な。

保冷剤が入っている。
ナマモノなのか。
d0182119_1845504.jpg

おきゅうと。
けろ、みたいにひらがなだった。

細く切ってカツブシかけてポン酢、とあったのでそのようにして食べた。
d0182119_1847823.jpg

あらら。
イゴやん。

イゴとおんなじかも。

wiki先生がおっしゃるには「いご」とは海藻加工食品。

わたしの母親の故郷、新潟県津南の山奥へ行くと、必ずイゴが出る。
山奥なのでフレッシュな海産物はなく、ニシンもそうだが、加工品が出される。

寒天が海臭くなったような味気のないもので、子供の頃は好きではなかった。

しかし母親達は「イゴはここでしか食べらない、懐かしい、美味しい」と喜んでいた。
和カラシと醤油で食べた。

大きくなり、山菜料理と一緒にイゴが出て来ると「ああ、新潟だなあ」と思うようになった。

あちらの方言では「イ」と「エ」が怪しいので、「エゴ」に聞こえたり「イゴ」に聞こえたりする。
いちごは「エチゴ」。
色鉛筆は「エロエンピツ」。


忘れていたが、10数年前、わたしは「ところてんクラブ」に所属していた。

ひとさまの展覧会(アート系・絵画や版画展)のオープニングに出かけては、ハチマキを巻き、その場でにゅうっとところてんを押し出し、酢醤油の割合も吟味し、問答無用で来場者へ振舞った。

選りすぐりの伊豆産ところてんを、草から煮出して固め、クーラーボックスでよいしょと会場へ持ち込む。

役割分担、時間設定、温度管理も完璧だった。
時に、産地が西伊豆か東伊豆かで部内が割れることもあった。
d0182119_19112760.jpg

ところてんゲリラ部活動。
ゲリラの素養はこの頃からあったらしい。

そして誰も不思議がらなかった。
絵を見に来て、いきなり「ところてんです」と渡され、何の質問もせず、皆静かにお召し上がりだった。
d0182119_19114316.jpg

今考えると末恐ろしい。
こちらの会場は、たいへん立派で、たいへんキチンと、ちゃんとした施設なのだ。
よくもまあ、やらせてもらえたものだ。
d0182119_19145921.jpg

子供までも働き手として担ぎ出し(この子ももう高校生)、温度や量やサーブ方法について、非常にこだわった部活だった。

道具も全てプロ仕様。
けっこう、金かかってた。

あれらはいま、どこへ行ったのだろう。
d0182119_19144577.jpg

さらにこの万博の法被、めっちゃ欲しいんですけど。
誰のなん?どうしたん?

おきゅうとを食べたら、色んなことを思い出した。

6中インフォはこの次にします。
[PR]

by kerokikaku | 2015-06-10 19:31 | 毎月のインフォルマシ | Comments(2)
Commented by yomi at 2015-06-27 01:54 x
EXPOあるよ!お祭り用手拭いとかといっしょにしまってあるはず今度みつけとくね。
修平がちっちゃい。今高3受験生しかも美大志望。
Commented by kerokikaku at 2015-06-29 12:52
yomi様
なんでもあるのにたまげています。
修ちゃん、美大って、DNA濃すぎ。


<< 6月中旬のインフォルマシ      通販サイトでお求めの皆様へ 黒幕より >>