2015年 08月 22日
8月下旬のインフォルマシ
お盆ひっかかりの先週、15日あたりから続々と展覧会がある。

殺人的な酷暑シーズンを通じて地道に準備されていたかと思うと、この時期に開催される作家には敬意を表してやまない。
いつだって表現者に対してはやまないが、特にやまない。

あんたら、えらい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「家をめぐる物語」
2015/8/15(土)-8/30(日):ギャラリーNoir/NOKITA・STUDIO FRONT ROOM(伊豆長岡)

参加作家
石神照美(陶)今井和世(絵)江籠正樹(木彫)佐藤克耶(コンクリート+)
鈴木恵美(絵)水田典寿(造形)MELLOW GLASS(ガラス)


家と森の不思議な物語
さまざまな素材を使った小さな家とモノ。
森の風景、道ばたの草花 動物たち
互いに共鳴し合い物語が始まる・・・
d0182119_1365320.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

用の図と地Ⅲ”Tool-Object Duality"
熊谷幸治|冨沢恭子|渡辺遼 三人展
2015/8/15(土)-8/31(月):OUTBOUND(吉祥寺)


私達の普段の暮らしを取り巻く物が、その最小単位では粒子としての性質と波動としての性質を両方持つとされている様に、日常の尺度において、物は全て用途を前提としているかどうかに関わらず、具体的な働きを起こす「機能」と、抽象的なもたらしを及ぼす「作用」の双方を胚胎すると考えます。それらは重なりあった状態であり、図と地の関係の様に相補的かつ反転し得る関係と言えるかもしれません。

器と器でない物、又は鞄と鞄でない物、或いは広く道具と造形物、二相隔て無く物作りに取り組む三者の作り手の仕事を、是非ご覧下さい。

d0182119_1324323.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下 和弘 作品展
マイカップに出会う。
2015/8/15(土)-9/6(日):ギャラリー&カフェ草花舎(島根・益田)

d0182119_13104079.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏の繭展
コレクションの愉しみ
2015/8/20(木)-8/29(土):アートスペース繭(京橋)


昨年、あちこちのミニシアターで好評のため再演が続いたドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー」という映画がある。慎ましく生きる美術好きの夫婦のコレクションの軌跡を描いたもの。この一見華やかさのない映画がどうしてそんなロングヒットになったのだろう。
子供のころのビー玉やお菓子の景品集め・・・人は誰でもコレクターの資質を持っている。
ギャラリーを始めたころ、尾崎正教という方が、わたくし美術館の勧めを提唱して日本中を回っていられた。3点自分の好きなものを持ったらコレクター、わたくし美術館だと。
30年近くギャラリーをやっていて感じることがある。自分が引き寄せたアートは自分を写す鏡なのだと・・・。口の上手い業者に乗せられるのではなく、素直に自分で選んだものはその人そのものだと・・・。
だから3点だろうが1000点だろうがコレクションは面白い。ギャラリーはコレクションを見せる場ではないが、でも人間がやっていることだから、それぞれギャラリーの癖がある。それがまた自ずと集まる人たちの顔ぶれが決まってくる一つの要因になる。
たかがアート、されどアートなのだ。
映画のシーンのように壁一杯に絵やオブジェを飾って遊んでみようと思う。もちろんお買い得価格にて。お待ちしています。(繭)

d0182119_131218100.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sunuiと冨沢恭子のsmile market
2015/8/21(金)-25(火):ロバの本屋(山口)


元気でキッチュなsunuiの手づくり雑貨は見てると楽しくてワクワクするし、
柿渋染めのざっくりした冨沢恭子ちゃんのかばんは大きくておおらかで素敵なのだ。
夏の終わりに元気をもらいたい人、ぜひ遊びに来てくださーい!

d0182119_1327765.jpg

こそっと行ってやろうかとしていたが、暑さのせいで、ご無礼御免。

20年近く「最寄り駅は吉祥寺」と言っていたが、実際のドアtoドアは堂々の徒歩40分。
さすがに気おくれし、最近では西武線沿線を最寄駅と言うようにしている。

ロバの本屋、最寄バス停まで徒歩35分。

うちから吉祥寺よりも近いじゃないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Afa/Lifeafa
真砂三千代 衣展
2015/8/22(土)-8/31(月):菜の花 暮らしの道具店(HaRuNe小田原 菜の花ヴィレッジ内)


心地よい風を感じる季節。 さらさらとした感触の綿や手織りの絹、オーガニックコットンの素材で、ゆったりしたブラウスやパンツを作りました。綿麻で作ったロングワンピースやログウッド染めのストール、ヨモギで染めた二重織りガーゼのチュニックなど爽やかな着心地をお楽しみ下さい。
d0182119_1336388.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Nidi gallery Presents
渡邉紘子個展
shadows
2015/8/27(木)-9/2(水):Nidi gallery(渋谷)


布や糸を使って制作された繊細で緻密な立体作品、可憐な世界観が詰まったインスタレーションで人気を集めるアーティスト、渡邉紘子の個展を開催いたします。

多様な象徴性を持つ“影”をテーマに、私たちを独自のファンタジーの世界へ誘います。
また、初の作品集「スプリング・コレクターの話」(Totodo)の発表、販売も行います。どうぞご期待ください。

d0182119_13403114.jpg

すごーく気になるアーティスト。

京都で出会ったleft over universeとも重なる。
おなじく京都のひろせべにさんもしかり。

そうか、ファンタジーでドリーミーで毒、が好物なのだと分かった。
[PR]

by kerokikaku | 2015-08-22 14:03 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< 東京だよおっかさん      ちーっす >>