2015年 10月 12日
10月中旬のインフォルマシ
誰?、のあとですが10月中旬のインフォにします。

しっかし、まあ追われている。
秋になり、年末が見えてきたから、ではなく、もっと目先の問題。

UNOがオープンするって。
するんだっていうものだから、追われている。
していいんですけど、基本的には。

日中出かけることが多かったので、今週は帰宅後夢を見るような猛スピードでTシャツを作り、印刷物その他を作る。
猛スピードとはいえ何日もかかる。

気付くと日が暮れていて、気付くと1週間経っている。
起きているのか寝ているのかわからない。

なんでもツルツル出来ると思うなよ。
中6日仕上がりというのを6日前にわたしに頼めば出来ると思うなよ。

いわんこっちゃない。
パンフの営業データを間違えて印刷かけてしまった。

うう、校正ミス。
わたしのせいか、わたしのせいか。

あんたち、いまから500枚訂正シール作るっちゃ。
しかも、いちばん小さな文字部分。

目がシュっと細まり、涙がにじんできた。

渋柿も、やな色になって、シュッと縮まっている。
d0182119_21195095.jpg

あわてるなんとか。
気をつけよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

熊谷幸治 土器展

2015/10/10(土)-18(日):hase(名古屋)


土器は700度前後の低火度で焼成するものです。
1000度を超える温度で焼いた器を使うのは先進国ぐらいで、今でも世界の標準は土器なのだそうです。
土器も魅力ですが、熊谷幸治さんも大変魅力的です。
熊谷ワールドにどっぷりとハマってください。

d0182119_2123366.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さをり織り 酒寄剛史個展
人生を変える服
2015/10/14(水)-27(火):西武池袋本店 手芸売場「さをり」(本館7階南B9)

人生が変わる時

それは 日常の中にある「当たり前」に気がついた時
「服を着る」ということも きっとそういうこと
一着の服には 人生を変える力がある
織り 仕立てる日々を重ね そう感じるようになりました

d0182119_21281499.jpg

酒寄さんは、昨秋の田中紺屋展に訪ねられて、御大とその仕事に出会い、とても心を打ったという大変丁寧なお便りをいただいていた。
5月DEE'S展にもお越しだった。
またお気持ちを綴ったお便りを頂戴し、畏れ多くありがたいことと御大にも見せた。
真っ直ぐな方なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

白洲千代子 ジュエリー展
~零れそうな色~
2015//10/15(木)-23(金):石川画廊(銀座)

d0182119_2138159.jpg

ミレニアムな頃、いまはなき銀座ゴリラクラブで番頭もどきをしていた時、何度も作品を拝見していた。
ゴリラクラブとは印度更紗や西洋アンティークを扱う、上野恭子さんの伝説の骨董屋。

ある時、白洲さんがお店に来て、即興で銀化したローマンガラスにシルバーのワイヤーをくるくると巻き付け、ペンダントトップにした。
なぜか、それ、わたし持ってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小原聖子の真鍮のかたち+藍
2015/10/16(金)-29(木):スパイラルマーケット(表参道)

d0182119_21522055.jpg

聖子ちゃんのシリーズで、この藍部門がいちばん気になっている。
10/24(土)はトンテンカン「真鍮のバッヂ作り」ワークショップがあります。
スパイラルでトンテンカンか。やるな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひろせべに作品展
正体
2015/10/16(金)-11/1(日):喫茶 橙灯(茗荷谷)

d0182119_21561916.jpg

はっきり言って、べにキノコの毒にあたりに行ったほうがいい。
泣きながら言うけれど、わたしは初日にどうしても行かれない。

だからきっと売切れ。
タモさんの絵、あるかな。
マイケルの絵、あるかな。
できたらモーリスホワイトの絵、あるといいな。

10/17(土)18(日)は京都下鴨のユーゲの出張カフェ有り。

橙灯さんが「ギャラリーカフェ」じゃなくて「喫茶」橙灯になってたの、いま気づいた。
そうだよねえ、喫茶橙灯だよねえ。

同時開催、湯島の輸入雑貨nicoでべにさんの小部屋展もあります。
過去のべにさん小部屋画像をご覧になると、あなたもタモさんがきっと欲しくなります。
[PR]

by kerokikaku | 2015-10-12 21:11 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< 騒動一周年記念会合 その3      騒動一周年記念会合 その2 >>