2015年 10月 19日
正藍型染、広幅の洋服
昨秋の田中紺屋ツアーで反物をお求めの方々が、帯に仕立て、今年5月の頒布会にお出かけ下さった。

壮観だった。
ため息があちこちからもれた。
d0182119_21511885.jpg

周りからの熱すぎる視線に、正藍型染、御大染布の帯は凛々しく応えていた。
d0182119_21512753.jpg

頒布会後も、帯や小物に仕立てたというお声やSNSでの画像を拝見した。

そもそも。
引退とか、最後とか、これでおしまいとか。

オオカミ少年にもほどがあり、でもそれにはじゅうぶんな理由があり、都度訂正をしていた。
もうそれもどうなのと逆ギレ、開き直りかけと申しましょうか。
いろいろありましてね。

だって、ほぼ無断転載ながら、昨秋、御大がこんな手紙を黒幕によこしたものだから。
d0182119_2201019.jpg

読むだに涙がちょちょぎれる。
おかげで今に至るわけで。


しかし広幅はほんとにありません。最後です。
ちなみに着尺も、ないです。
作らないのと、作れないということです。

・広幅を染める甕がない。ヤール幅は染められない。
・広幅の布同士がくっつかないよう、折り畳んで藍甕に下ろし、藍をたっぷり吸った布をまた持ち上げる。この作業がもはやできない。

・着尺のために、7mの長板の両面に13m超の布を貼り、型付け、糊を置き、えいやっと30kgを持ち上げることができない。
・着尺の布同士がくっつかないよう…以下同文。

御大が引退と申し上げたのは、「長板中型の着尺と広幅」のことだと解釈している。
そのため、先だっての新作帯地は、着尺の半分量のため、引退せずになんとか制作可能。
あとは新しい藍を待つばかり。

広幅も着尺も、頒布会でつるりとなくなった。
みなさまのお手元へと渡っていった。

とか言ってて、また別の奥の院が開いたらどぼちよう。
と、妙な期待をするのはご法度だけど。




広幅はヤール幅とも言い、そもそも服を作るための幅の布。

「正藍型染の服なんて、ちょっと畏れ多いけどなあ」と思っていたら、お客様より画像が届く。
d0182119_2233151.jpg

おやおや?
めちゃめちゃステキなんですけど。

クラシカルとモダンがうまく融合している。
懐かしいけれど新しい。

唐草牡丹柄が、プリンセスラインのワンピースになった。

聞けば、クラシカルを意識し、1964年刊の装苑を参考にご自身で仕立てたとのこと。
d0182119_2235989.jpg

襟のスタイルが全体に効いている。
裏の青い部分は無地部分を使用。

前はずらりとクルミボタン。
d0182119_2243119.jpg

脇にファスナー。
d0182119_2243955.jpg

前はギャザー、後ろはボックススカート。
d0182119_2245273.jpg

袖にもクルミボタン。
d0182119_2245992.jpg

御大の染布、しかも広幅。

おのずと丁寧な作りになったそう。
それは見てすぐにわかる。

インド手引綿。
0.92×4.7m(うち無地0.5m)の、すべて余すところなく使いきり。

御大にも画像をお見せした。

例によって「ほぅ」のみのコメントだったが、メガネをかけてきちんと見ていた。
これだけ丁寧に作ってもらえたなんて、作者からすればこんな嬉しいことはないはず。
d0182119_22161884.jpg

帯も「仕立てたよ」情報が、続々と入ってきています。

田中染布の集いとか、もしあったら呼んで下さい。

その節は、こちらの広幅ワンピースの方もお誘いします。

わたくしはとりいそぎ、布端を四角くまつっただけの風呂敷をかついで参加する予定です。
[PR]

by kerokikaku | 2015-10-19 21:54 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(6)
Commented by 津田千枝子 at 2015-10-21 18:02 x
お召しになった方々、みな素敵です。良かった。
あの手紙を読めば、これはなんとかしなければ、、、と思うでしょう?
ほんとにあの時は、誰も知らない存在だったのだもの、うそのよう。
Commented by kerokikaku at 2015-10-21 21:20
黒幕様

津田黒幕の、どげんかせんといかん、でこうなりました。
終わってみれば、どげんかできて本当によかった。
Commented by m-akko24 at 2015-10-23 22:12
御大の素晴らしい作品を知ったのは最後の頒布会の後でした(・_・;)
残念至極なり・・・
でも前掛けにできそうな布を一枚GETできて狂喜乱舞致しました♪
次なる野望は新作帯地に出会えることです!
どうぞご無理をなさいませんように・・・
Commented by kerokikaku at 2015-10-25 21:26
m-akko24様
狂喜乱舞されたとは!わかりますとも(笑)。ほんとうにありがとうございました!
新作帯地について、我々TGも草葉の陰からじっとりと経過観察中です。
御大のGOサインが出るまで、あわてず騒がず、震えて待っています。
Commented by team-osubachi2 at 2015-10-27 15:58
なんと!もう本当にホントに、洋裁できる方、心から尊敬します!
あ、もちろん和裁もおできになる方、心から尊敬しています!

御大の布をゲットした友人知人らをなるべく追跡して、写真もしくは
なるべくじかに見せていただけるよう連絡を取るつもりでいますが、
友だちが帯にしたのを見ると、すごく布がピカピカ光っててスゴイんです。
あらためてビックリすることの連続です。

田中染布の集い・・・同窓会のようにして集まれるといいなあ〜♪


Commented by kerokikaku at 2015-10-27 21:08
team-osubachi様
わたくしのレベルですと「着物が自分で着られてすごいなあ」なんですけど。。。
帯や、とにかくカタチになると、光りますねえ。
布もですが仕立ても命です。御大布ということで、みなさま気合を入れて下さっているので間違いがない。ありがたいことだなあ。
ただいま少しタガがはずれておりまして、御大布のハギレ数々を継ぎ合わせて、いっそ抱き枕にしようかと暴走妄想中です。集いがあった暁には抱えて参ります。


<< 10月下旬のインフォルマシ      クライミングホームUNOの壁-18 >>