2015年 10月 30日
11月上旬のインフォルマシ
ああ忙しい。
こんなにたくさん展覧会があるなんて。

春画も行きたいし、も行きたい。

20余年乗っていない、いまでは乗り方すら記憶にない、原付ゴールド免許の更新もあるときたもんだ。
名古屋-東京間400kmを下道で往復したのに、アクセルが何の意味だか健忘の彼方。

健忘前に11月インフォを。
当方のそんな心意気にも関わらず、DMは届いているもののWEBのUPがされていないサイトもございます。
各自、アンダーグラウンドなり、なんなりと、詳細をご確認の上お出かけ下さい。

ダニエルなんて、ずうっと前から、きっちりCOMING SOONインフォやってるのにねえ。
衣裳も変えて、販促に余念がない。
d0182119_21585897.jpg

なのに、どうしたもんかねえ。
わたしゃ知らんぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

柿崎かずみ版画展
2015/10/5(月)-11/15(日):ポネット~スウィーツ&カフェ~(東浦和)


いろいろな手法の版画作品約10点と、ポストカードや手づくりのブローチなどを展示販売します。
秋のスウィーツとともに、お楽しみいただけたらと思います。

d0182119_2234533.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木村優子+杉村恵美
ビーズコラージュと皮のバッグ
2015/10/29(木)-11/7(土):アートスペース繭(京橋)

d0182119_226035.jpg

ぜったい自分のジャンルではないし、持ってもいないが、アンティークの上質な手仕事のビーズ細工は、ひじょうに気になる。
こちらのビーズもそんなにおいがする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿児島睦の図案展 2015
2015/10/30(金)-11/17(火):doinel(外苑前)


動物や植物を描いた陶器やプロダクトで人気のアーティスト・鹿児島睦の作品の魅力の一つである柄や模様。 鹿児島睦の手から生まれる“図案”の魅力をひもとく「鹿児島睦の図案展」、3度めの開催となる今年は、その線と輪郭によるモチーフのちからに迫ります。
d0182119_2294947.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロベール・クートラス展 後期
2015/11/7(土)-22(日):ギャラリーSU(麻布台)
前期はカルトとテラコッタ、この後期はグワッシュと油彩画の展示です。
d0182119_2213146.jpg

ああ、あの時、あれは3年程前のSUで、ピンクと黒のななめ縞のカルト、いまも目に焼き付いている、あれ、決めておけばよかった。
やっぱ欲しいと、翌週SUに行ったら、もうなかった。

ってことって、今までも、これからも、あるよね。
それはそれで意味があるのだろう。

情報として、来春は静岡三島のベルナール・ビュフェ美術館でクートラス展、あります。

名所真鶴の、貝やヒツジや蛸や富士と一緒にどうぞ。
とは私個人に向けたコメント。
d0182119_2217328.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

佃眞吾展 木工 ゲスト陶 村田森
2015/11/7(土)-15(日):うつわ菜の花(小田原)

d0182119_2227414.jpg

テキスト内に、われらがTGの敦子姫こと田中敦子さんのリコメン情報あり。
でもこの画像じゃ読めないね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ハルネ小田原一周年記念
手から生まれるアクセサリー展
2015/11/7(土)-16(月):菜の花ヴィレッジ菜の花暮らしの道具店(小田原)

出品作家|小原聖子(金工)/きたのまりこ(金工)/クロヌマタカトシ(木工)/佐藤比南子(繊維)/ノモトヒロシ(金工)/長谷川まみ(金工)/深田恵里(革)/森玄子(フェルト)/太田憲(寄木)
d0182119_22335495.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仁城義勝 木のうつわ
2015/11/8(日)-17(火):日日(京都)

d0182119_22354333.jpg

美しい封筒と便箋、そして美しいレイアウトで日日から嬉しい便りが届いた。

生日足日

あたらしい日日が開業します。

富ヶ谷の一軒家の日日で、昨年冬の仁城さんの展覧会を最後に、京都に移転と聞いていた。

忘れもしない、二週続けて東京大雪のとき。
長靴を履き、どうにか仁城展に行き、後ろ髪を引かれてそれっきりだった。

あなうれしや。
日日があたらしくOPENだ。
御所東だそうだ。
最後も仁城さん、最初も仁城さん。

会期を見て愕然。
方面としてはそっち方向に行っている時期じゃないか。
なのに、にっちもさっちもブルドッグにつき、京都まで行かれない。

おろろん、おろろん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藤田圭子 amazing jewelry
2015/11/9(月)-14(土):ギャルリワッツ(表参道)


素材の面白さを身にまとう美しいカタチに。先入観とのギャップを楽しむdodo。
藤田圭子さんが創るコンテンポラリージュエリーです。
商品タグで構成されたシリーズに、今度はゴムが加わり、またオシャレな表情をみせるシリーズの誕生です。
クラッチバッグも魅力的ですよ!

d0182119_22495633.jpg

念のため。
「商品タグで構成されたシリーズ」というのは、こういうこと。

わかるかな。
シャツなどを買って、家でいちばん最初にハサミでプチンと切る、半透明のあれ。
あれの色版が藤田さんの手によってこれになる。
d0182119_22502677.jpg

そりゃもう最初に出会ったときはタマランチだった。
その後どえらい変化を遂げている。
[PR]

by kerokikaku | 2015-10-30 21:55 | 毎月のインフォルマシ | Comments(2)
Commented by gongxifacai at 2015-10-30 23:51
クレマチスの丘って三島駅からけっこう遠い。
ぜひ真鶴で一泊してね。
Commented by kerokikaku at 2015-11-01 10:58
gonstayxhai様
そのつもりでございます。


<< H.P.E2015秋展と鈴木照雄展      蝉ダカラ >>