2015年 11月 20日
11月下旬のインフォルマシ
本日は、わたくし個人の頭上、それも練馬区石神井で惑星直列があった。

あちらの展示、こちらの病院、そちらの警察、ぜんぶ石神井だった。
そんなことって、あるよね。

上京したての頃、石神井が「いし、かみ、い?」ではなく「しゃくじい」と知り、ほぉと思ったものだ。

はすごかった。
d0182119_1920288.jpg

練馬区ってば、いい展示を企画した。
わたくし好みの中規模展示。
お役所博物館らしく、人もまばらで安気。
でもこんないい展示、もっと宣伝してもいいのに、と思う。

展示レイアウトも最大限に最小限。
ひじょうに見やすく、何よりセミ博士の美意識が余計な説明や追随を許さず、それでじゅうぶんだった。

蟲系はすべてNGのため、背筋ヒィィとなりつつ、時々目をそらし、それでも堪能した。
蝉が見たいわけではなく、なんていうか、コレクション方法や展示演出が見たかった。
PCなき時代の、博士直々レタリングの素晴らしさ、異常スレスレの几帳面さ。

蝉愛。

貝愛と同じく、偏愛の前では、誰もがははーっとひれ伏す。
娘さんの描いた蝉画の精密さを観て、血の濃度におそれおののく。

区民のなんとか検診や、ゴールドなんとかの更新や。
石神井、完全ノーマークだったぜ。

29(日)まで、西武池袋線、石神井公園駅からわりかし遠方。
ガッツのある方、悪いことはいいません、おすすめします、どうぞ。
となりの石神井公園は、紅葉真っ盛り。
一面枯葉カサカサ絨毯で敷き詰められています。

なのにアサガオってまだ咲いてるのね。
d0182119_1936758.jpg

石神井のもけもけは
d0182119_19404661.jpg

ニキドサンファール風なのね。
d0182119_1941229.jpg

11月下旬も変わらずもけもけ、もりもり。
詳細はサイトをご確認の上お出かけ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内田鋼一 食器展
2015/11/20(金)-29(日):うつわ菜の花(小田原)


内田君に食器展をしたい。と言ったら、にやっと笑った。ハットして茶碗もくださいなどとつけ加えたけれど、実際にはどうなることやらわからない。でも食器をとりあげたいのです。自分が使っている飯碗、すごく素敵だと思うのです。ご飯が美味しくなるのです。どんなものがくるか、ハラハラどきどきするのです。
d0182119_204352.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

芦田尚美展/AMETSUCHIの色
2015/11/21(土)-29(日):hase(名古屋)


AMETSUCHI=アメツチ=天地
山並みの線刻で「そら」と「つち」を表現した器のシリーズ。
天地の恵みを食卓に。

d0182119_21172532.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あめつちの詩 ーしむらのいろを纏うー
2015/11/21(土)-23(月祝):茶寮一松(浅草)

アトリエシムラ×minä perhonen ー着物と帯ー
2015/11/20(金)-23(月祝):ほぼ日のTOBICHI2(表参道)

d0182119_2123551.jpg

いわずもがなの。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Knit Clothing and Antique Pearl. EXHIBITION
humoresqueのニットとアンティークパール展
2015/11/21(土)-25(水):GALERIE AU BOIS(大阪)
2015/11/27(金)~:humoresque(西麻布)


ニットとお洋服のブランドhumoresqueーユーモレスクーと、
フランスアンティークの手芸品を集めるMERCERIE GRAIN D'AILE-メルスリー・グランデールーの
展示即売会を行ないます。
humoresqueの優しく美しいニットに、
MERCERIEのフランス・アンティークパールで仕立てたアクセサリー。
販売会の会場となる大阪・北浜GALERIE AU BOISにて、11月21日から5日間、そのあと
東京・西麻布humoresque店内にて27日からご覧頂けます。
冬のお楽しみを見つけに、どうぞお出かけください。

d0182119_21305572.jpg

たいへん、洒落ている、タッキー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川口江里 日々の器
2015/11/27(金)-12/6(日):間・Kosumi(落合・東中野)


新しさと古さを併せ持つ 川口江里さんの器は
あしらい方によって表情が変わり、いかようにも
楽しませてくれる、懐の深い器です。
灰志野釉、白釉、鉄錆釉.、トルコ青釉に
彩られた美しい器の数々をどうぞご覧下さい。

d0182119_2133257.jpg

そういえば、うちにある、古陶のような鉄器のような、連日愛用の皿。
ずいぶん前に間・Kosumiで求めたものだった。
d0182119_224918.jpg

これはもしや。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとやすみのうつわ
スズキサト
2015/11/28(土)-12/6(日):ギャラリー上り屋敷(目白・池袋)


オイシイを盛って
タノシイと食べる
ひとやすみのうつわです

d0182119_21423131.jpg

こちらでのスズキサトさん展では、いつも目白かいじゅう屋さんのパンがある。
なのにいまだかつてかいじゅう屋の日に伺えず、スズキサトさんにもお目にかかれない。
これには何の意味があると見たらよいだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

=MITTAN EXHIBITION=
2015/11/28(土)-12/6(日):Routes*Roots(京都)


世界に遺る衣服や、生地にまつわる歴史を元に、現代のあたらしい民族服を提案するMITTAN。
秋冬に暖かい半纏コート、肌触りのよいストール、新型のパンツなど様々なアイテムを展示販売します。

d0182119_21474738.jpg

先だってこそっと入洛し、某所でこのDMを手にする。
たしかいま、東京でもMITTAN展なような、DMの大きさが違うような、なんだろう、と眩暈がした。

眩暈は正しかった。
大きいほうが京都、小さいほうが東京。
d0182119_21532874.jpg

MITTANたら、しゃれおつ。

みったんてん、MITTAN展、って。
つぶやいてみて、響きがかわゆす。
[PR]

by kerokikaku | 2015-11-20 21:56 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< 美しい床屋      よかれくそ >>