2016年 01月 15日
1月のインフォルマシ ひとからげ
たいへん言い訳がましいが、今世紀初頭まで毎年きっちり年賀状をしたためていた。
何パターンも違えて版画で刷ったり、一枚ずつ手彩したこともあった。
11月半ばから準備で大忙しだった。

毎年出すが一度ももらったことのない友人にも。
面識はあるもののそれっきりな方にも。

とにかく律儀に出した。
ほんとに出した。
回収率の悪すぎる年賀状を、何年も何年も出し続けた。
まじめに出した。

ある年プツっとなり、一切出すのをやめた。
なんか、やんなっちゃった。

下さっていた方には絶対お聞かせできないセリフだけれども。

それでも頂くのは楽しみで、へぇ~、ふ~んとひとり言を言いながら、くれた人のことを思い出しながら大層嬉しく拝見。

そういう場合は後出しじゃんけんの寒中見舞いを返していた。
2月過ぎのとんでもない時分にようやく返していた。

年を追うごとにもらう数が減っていった。
淘汰されて当然。

この数年、とうとう後出しじゃんけんもしなくなった。
もらいっぱなしの人生に成りさがった。

平気ではないです。
ぜんぜんです。

何かをもらったら、ゲンコツでも返すのがスジだと思っている。
机上に置かれた束を見るたびに、ハートがチクチクしている。

でも返さない。返せない。
この矛盾をうまく説明できない。

無礼者として認知されていることだろう。
そうなのわたし無礼なの、と、どこに向かって開き直るのが正解か。

この場を借りて謹んでお詫び申し上げたい。
ご無礼を何卒ひとつ。

ぜんぶぜんぶ嬉しく拝読しとります。
一応テレパシーでお返ししとります。

でもって、お年玉はがきも、図々しくチェックしとる。
そんなことだから切手シートひとつたりとも当たりません。

1月インフォ、ざっくりひとくくりで少々お知らせします。
詳細はサイトでご確認下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初売り繭市
2016/1/12(火)-20(水):アートスペース繭(京橋)

d0182119_20491145.jpg

おお、繭も市をやるのか。
繭のことだから、きっとお宝放出市だろう。

ってことは、その翌週のけろ企画のなにがしかとかぶる商売敵なんだろうか。
なーんて、そんな大きな口をたたいちゃってよいのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家系ーUchikeiー
2016/1/16(土)-24(日):Gallery SU(麻布台)


初春恒例となった、奈良の「古美術 中上」さんによる展示会。
今年のテーマは「家系(うちけい)」です。
「家は営みの原点、心を満たしてくれる存在です。
いろいろな事が起こる世の中、人それぞれが生活を大切にし内向きに充実を図ることができれば、という思いから、家にまつわる古いものを蒐めました」とのこと、ご高覧頂けましたら幸いです。
(写真/ロマネスクの石、トスカーナ・11~12世紀)

d0182119_2053358.jpg

年末、SUオーナーの山内さんと妙に熱い放談をした。
わたしは一体どの立場からかは不明だが、ギャラリストのSUさんと、あーでもないこーでもないと世知辛い世の中を憂いてヒートアップした。

「これからは、もっといじわる婆さん化しよう!」というところで互いが落ち着いた。
SUさんは若すぎてまだ婆さん域に達しておらず、それってどうよ、と思わなくもなかったが、まあいいとする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

濱野太郎[織]・秋野ちひろ[金属] 二人展「ie」
2016/1/18(月)-24(日):ひねもすのたり 器とcafe(阿佐ヶ谷)


「家」という言葉からインスパイアされて製作した織物・真鍮を使ったオブジェ・アクセサリーを展示します。
d0182119_211248.jpg

こうやって、ところどころに同じキーワードが自然発生することは、遠くない未来の予兆だ。
家系なのね、今年は。
ミニマムなのね。

秋野のちこちゃんとは積もる話がありすぎて、どこから手を付けてよいかわからない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

技法から知るトライバルラグ 主催:tribe
2016/1/26(火)-31(日):ザ・エスノースギャラリー2階 (千駄木)


30年以上もの間、「tribe」として国内で遊牧民文化や先住民族のテキスタイルを紹介してきた榊龍昭(サカキ・タツアキ)氏による、「遊牧民の織り」に焦点をあてた展示。
彼らが作る織物には、家族や共同体が末永く平和に暮らすために欠かせない知恵と、未来へ受け継がれる民族の誇りが、鮮やかな色彩や美しい紋様で表現されています。
『羊を育て、毛を紡ぎ、草木で染め、機で織る。』一枚の布やラグが出来上がるまでの”すべて”の行程を自分たちで行う。何年もかかる並大抵な作業ではありませんが、それこそが部族の「暮らし」の一部です。
ひとつひとつの結び目の間に完成までの物語があり、糸と糸の間にこめられた、織り手の思いが感じられます。是非、ご覧ください。

d0182119_218736.jpg

ここにも「家」。
スマック織、キリム織など、技法に焦点を当てるところがイカシテいる。

tribeの絨毯がほしい。
敷けるだけの広さの家もほしい。
[PR]

by kerokikaku | 2016-01-15 20:30 | 毎月のインフォルマシ | Comments(2)
Commented by 柳蛙 at 2016-01-19 02:33 x
お返事しかと受け取りました!
という事で宜しいでしょうか。
私も自己満足で出しているので、お気になさらず。
ブログにまとめてでそれで満足です。
関東にも雪が降ったりとなんだか変な天候ですが、
お体にお気を付けてお過ごし下さい。
Commented by kerokikaku at 2016-01-19 22:45
柳蛙様

ああ、かたじけなすぎて涙が。
ご丁寧にありがとうございます。
数日前に受けとりまして、間違いなくテレパシーをお返ししておりました。ほんとです。

例の御大との恒例安否確認も数日前に電話で済み。
「オレも送った」とのことでしたが、こちらに関しては受け取っておらず、郵便屋の怠慢か、御大もいよいよかのどちらかです。


<< GARAGE SALE SHO...      レスキューつづき >>