2016年 03月 17日
3月下旬のインフォルマシ、早め
さきほど姪っ子から、高校受験に合格した、と連絡があった。

そうでしょう、そうでしょう。
受かるでしょうとも。

おばちゃんは花粉で涙目になりながら、お祝い探しに走る春。
現金が一番いいんだろうけど、そうはオバ問屋が卸さぬ春。

さて。
追いかけられる前にやっておこうという心がけ。
早め早めに3末インフォをしておきたい。

ビュフェ美術館ではクートラス展、始まってます。
岩立ミュージアムの今企画展はあさってまで。
黒sunuiは、20日曜まで、21月祝に行ったらたいへんよ。

もろもろ、立体的な動きをしないと。
気が付くと、暮れになっていそうでこわい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

佐々木綾子
yukari WOO kimura
二人展
2016/3/12(土)-27(日):E-to(江戸川橋・神楽坂)


うつわ作家佐々木綾子さん、テキスタイルデザイン木村うーゆかりさんの春を感じる二人展です。
繊細なフォルムをカラーが魅力の佐々木さんの器と、木村さんの色とりどりのハンドプリントの融合で美しくうっとりする空間に…

d0182119_12171675.jpg

カロカロハウス・サポネリアの緑さんの娘さんが、テキスタイルデザイナーWOOyukariさん。
わたし、ちょっと気になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神奈川県下最大の朝市
大磯市
毎月第3日曜日 9:00-14:00:メイン会場 大磯漁港
 

d0182119_1221371.jpg

前述のカロカロ緑さんからの情報。
神奈川県下最大だって。漁港で朝市だって。
サイトも可愛い。

大磯散策しながら、ナマモノ満喫って、いいな。
第3日曜ってことは、直近は3/20(日)です。
近い人、うらやましいぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

永松朝子
襤褸と籠
2016/3/22(火)-30(水):アートスペース繭(京橋)

d0182119_12264922.jpg

言うまでもなく、3/17現在、繭のHPにはUPされとりません。
そういうの、いいんだな、きっと。

90年代~00年初頭、ある一定の層のお姉さま方。

アケビや山葡萄のカゴを持ち、草木染の衣(服というカテゴリでなく)をぞろりと纏い、骨董家具のありそうなギャラリーやスペースに多く出現していた。
ぞろぞろぞろ。

目の飛び出そうな価格の野趣あふれる籠。
籠はよいもの。籠はわるくない。

でも、いっとき、なんだかなあと思っていた。

10年代になって、衣でない、どちらかといえばPOPな服装で、威圧感ナシに持っている友人を見て、「こういうのは合わせ方なんだな」と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Démaé jewellery
Work in progress!
2016/3/23(水)-27(日):杉並 海の家(代田橋)


d0182119_12392099.jpg

おお、ワークショップ、やるんだ。
ガラス・銀・革の3パターン。
詳細は上記Démaé jewelleryのサイトでご確認を。

どうやら以前、金沢の梅田香奈ちゃんちでガラス制作をやらせてもらったの、あれが体験1号だったらしい。
と言われてしまうと、もっぺん、やってみようかって気になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小前洋子展
「エレメント」
2016/3/23(水)-30(水):DEE'S HALL(表参道)


テーブルの上の本とつぼを入れ替えてみる。ふっと空気が変わる。
心地いい気配を作るエレメントであるつぼ。小前さんのつぼは
その浮遊するような不思議な形で美しい空気を生み出します。

好評だった前回に続く2回目の展覧会です。
増々、その個性が面白い形を作り出し洗練されてるようです。
桜も咲く頃、気持ちいい季節の楽しみな展覧会です。

d0182119_1246564.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Studio 654 Exhibition
Toh&Illustration 2016
2016/3/25(金)-4/3(日):間・Kosumi(落合・東中野)


森田榮一さんが主宰する Studio654は、江戸時代から続く焼き物の産地、栃木県笠間にあります。
笠間焼は、江戸以来の伝統を受け継ぎながら、それに捕らわれない自由な気風が、徳利から斬新なオブジェまで、多種多様な焼き物を生みだしています。

国内外から移住する陶芸家も多く、”654”を主宰する森田榮一さんもその一人です。
現在はご家族のうち3人が陶芸家 、息子さんの一人は造形作家としてStudio654を運営しています。

器、オブジェ、イラストレーションなどそれぞれの個性が現れた,楽しい展覧会になることでしょう。
桜もそろそろ咲き始める季節になります。お散歩がてら どうぞお出かけ下さい。

d0182119_1252175.jpg

Kosumiさんは、ああ見えて、こう見えて、眼力がすばらしい。
Kosumiさんが紹介した作家さんは、その後ブレイク率高し。
だからなんだっていうことではないです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FUCHISO 10選 開店10周年企画展
2016/3/26(土)-4/3(日):FUCHISO(外苑前)


◯こうして開店から10周年を迎えられましたこと、支えて頂きました皆様方へ、深く感謝と御礼を申し上げます。
会期中は10選以外のアンティーク品を 10% OFF にてご紹介をさせて頂きます。
(現代作家作品・オリジナルバッグ・オリジナルジュエリーは含みません)
刻々と変化しゆく外苑の桜も見頃のころ、どうぞ良い日にお越し頂けますことを、心よりお待ちいたしております。
フウチソウ 小松 綾子

d0182119_12575510.jpg

DMオモテ面のルーマニアベンチを含めると、10選でなく11選だそう。
どの民のどの手工芸にも魅力を感じ、10に限れませんでした。とのこと。

10周年おめでとうございます!
すごいなあ。
[PR]

by kerokikaku | 2016-03-17 12:15 | 毎月のインフォルマシ | Comments(2)
Commented by gongxifacai at 2016-03-17 15:32
E-toは会社のすぐ近く。
木村うーゆかりさんのバッグ持ってます。
去年の工房からの風にでてました。
聖子ちゃんとかなかよし茅ヶ崎組ですね。

届きました。さっそく穿いてます♪
Commented by kerokikaku at 2016-03-18 13:26
gongtyafaxi様
わたしも行ってきましたよ。駅前にえらいオサレ建物出来ててびっくり。
毎度お世話になりありがとうございます。
ロングパンツいま履いています、ゆるゆるです。まだちっと寒い。


<< かっぱの足あと      3月中旬のインフォ、遅くて御免 >>