2016年 03月 24日
4月上旬のインフォルマシ、オチ無しまくら長すぎ
わたしくらいになっちゃうと。
時代を先取り、早や巻きの心がけで4月上旬をインフォしようと勇んだのだが、果たして時代がついてこなかった。

まだ届いとらん、ほとんど。

近所の家。
ぐるりと庭のある平屋の小さなおうち。

長らく住んでおらず、年々生け垣は朽ち、庭は荒れ放題。

その庭が美しかった。
庭でなく、園になっていた。
d0182119_18455029.jpg

小雨に濡れたムラサキ色の花が群生。

手入れされずのこの感じにハッとする。
フジでもムスカリでもなく、これ以上ムラサキの花の名前がでてこないのが残念。
d0182119_184727.jpg

相続やら何やらで妙なオサレマンションが建たないことを祈るが、時間の問題なのは明らか。


上から下まで石鹸派で、ふだんは「石鹸工場の残り物を固めた石鹸」なるリサイクル石鹸を使っている。
驚きの1個50円だが品質も良好。
たまに気合を入れてアレッポの石鹸も使うが、50円に比べ高級品のため、心して丁重に使う。

パッケージをむきながら気が付いた。
アレッポの石鹸はシリア産。

映像で「現在のシリア」を観た。
ハリウッドのセットでもここまでやるか、な破壊された廃墟の街。
どうにもできなすぎる。

どこかの知らない国でないシリアの石鹸。
だからどうってことでもないけれど。
おろおろするだけだけれど。


昨夜、非常に不安な案件が発生した。
叱られる、えらいことになる、と覚悟して朝から出かける。
すると、拍子抜けするレベルでカタがついた。

けろはなんでもネガティブに考えすぎ。
もっと楽観的にしたらいいのに。
と、表立った陰口をたたかれたことを思い出す。

じゃあ言いますけど、調子こいて根拠のない楽観で向かうと、たいがい足元をすくわれてきたんです、こちとら。
基本、びびって慎重にしておかないと、基本、どこか抜けているんで。

なんか悔しい。
でも拍子抜けでよかった。
とくに何の教訓もないですが。


ふと見ると、種芋かと見まごうばかりの芽吹きじゃがいもを野菜カゴに発見。
あわててママカレーにする。

今夜は絶対ママカレー、と決断したくせに、ついクミンやカルダモンやマサラを入れてしまい、オバか他人かはたまたインド人混血なような、どっちつかずカレーになる。

でも美味いんだぜ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとり古墳部スソアキコの
『松の大古墳展』
2016/3/2(水)-30(水):アトリエすゞ途(西荻窪)
d0182119_19281226.jpg

d0182119_19282028.jpg

片道2時間かけて来たのにその日は休みだったという、語るも涙の友人から頂戴したDM。
3月下旬カテゴリですがシラっと。

古墳は、というか古墳も不勉強にてコメント窮す。

スソさんは言わずもがなの帽子作家さんです。
そして広すぎるほぼ日サイトで、今展のインフォが見つけられず迷子。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉岡萬理のうつわ展
2016/3/19(土)-4/6(水):ギャラリー&カフェ草花舎(島根)

d0182119_19355893.jpg

島根県益田市は、僕の住む奈良県桜井市と同様、過疎化が進む元気の無くなってきている町ではないかと思います。
そんな同じ規模、同じ問題を抱える両市ではありますが、わが桜井市には個人が営むアートギャラリーがあったかな~? どうやったかな~? ま~そんな所ですが、そう考えると 「草花舎」 さんはスゴイ!!と日本中アチコチ個展で廻っている僕は思うのであります!!
そしてその展示の内容もハイレベル!! どこで個展をしても胸を張れる作家さんばかりです。 ウェ~ィ、僕はさておきですよ(汗)

ハッキリ言って、こんな田舎と言ったら失礼ですが、良くこの場所で長年アートギャラリーを続けてこられたな~と僕は関心してしまいます。 そしてこの周辺に 「草花舎」 さんのファンがたくさん居られ、支えあって励ましあって、元気をあたえあって、地域を潤してこられたんだろうな~と思うのであります。とにかく、地方に元気がないこんな時代に 「草花舎」さんのような貴重な場所はないのです!!桜井市も頑張らなアカンな。

2年に1回のペースではありますが 「草花舎」 さんで個展をさせていただける事、島根に行ける事、有り難く思うのであります!!本当にまだまだ綺麗な自然が残る場所です。 楽しみです!!


上記、萬ちゃんのブログから勝手に抜粋させていただきました。
そのとおりやな、と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

母がつくった子供服
-インドから日本まで-
2016/4/7(木)-7/16(土):岩立フォークテキスタイルミュージアム 木金土開館(自由が丘)

d0182119_1942193.jpg

上の萬ちゃんにつられて、あかんわ、訛ってまうやん。

母がつくった子供服、とは冴えた視点のお題で楽しみ。
いつも申しますが、長い期間やってるからとあぐらをかいていると終わるのが岩立ミューです。
どうぞお気をつけください。

このタイトルを見てすぐ「TSUTSUI'S STANDARD ‐筒井さんの子ども服-」を思い出した。
2年前か。
あれもガツンときた。

ものを作るって、神様用が最上位で、その次が家族のため子供のため、自分のためが最後で、それと前後するあたりがヒトに売るため。

小学校の入学式は母の手作り上下だったなあ。
学年一番のデッカイわたくし、バラ模様のワンピとベスト。

あの服、どこへ行ったんだろう。

忘れられないなあ。
[PR]

by kerokikaku | 2016-03-24 18:50 | 毎月のインフォルマシ | Comments(4)
Commented by molamola-manbow at 2016-03-24 22:34
ハナダイコン
Commented by kerokikaku at 2016-03-24 22:54
モラモラ様
たべもんみたいな、つけもんみたいな。
ハナダイコンの花園。
Commented by りよりよ at 2016-03-25 12:06 x
サクラソウは?
Commented by kerokikaku at 2016-03-28 16:40
りよりよ様
サクラソウもたっくさん見つけましたよ。
ムラサキ限定で探してみると、サクラソウはギリギリラインです。


<< ムラサキ色の花      さくらいろ >>