2016年 04月 16日
4月中下旬のインフォルマシ
旅行は、その土地でなにかを見たり、ひとに会ったり、おいしいものをいただいたり、がその時間軸での楽しみ。
その後は折にふれ名前を見聞きするたび、何がしかのシンパシーを感じる。
それが副産物。

函館や金沢に新幹線開通と聞くと、あーそうか、と自分の旅路と照らし合わせて思いを馳せる。
インドネシア情報を知ると、しばらく行っていないけどどう変わったかな、とか。
伊勢志摩サミットって、賢島って、こども会のバス旅行でさんざん行ったっけなあ、とか。

日本中、いや世界中いろんな場所を訪れたことのある方は、自動的に日々ピピっとアンテナ受信するだろう。
何らアクションを起こさなくても、もはや他人事ではない親近感を覚える。

2年半前にはじめて熊本を訪ねた。
熊本城を遠目にさかむらさんちに入りびたり、あとは豪雨の阿蘇神社に寄っただけの、観光とはおよそほど遠いだらっと旅。
夕飯は餃子の王将だったっけ。

それでも熊本の印象はグーであり、ブラタモリの熊本編はなじみの親戚の街のように観た。

どうしたらいいのだろうね。

とりあえず募金して、この機に手回しラジオを用意して、それからどうしたらいいのだろうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

渡邉紘子展
おとしもの大将、
ヘレンさん
2016/4/15(金)-24(日):ブックギャラリーポポタム(目白)


落し物や失くし物が多いヘレンさん。
大切な指輪を失くしてしまったことをきっかけに、
これからは物を失くさないと決心し、作戦を立てました。
果たして上手くいくのでしょうか・・・

d0182119_1029553.jpg

先だって『ミャオ族の刺繍とデザイン』刊行記念展のあった、目白の奥にあるちいさなスペース。

渡邉紘子さんの透明感と毒のある世界感は、どうしてもご覧いただかないと分からない。
ヴァンジ彫刻庭園美術館でのKIGIのおんなのこの感じ、ひろせべにさんの毒キノコ感、京都メリーゴーランドで観たleftoveruniverrseの浮世離れ感、たまらない。
毒入りドリーミー四天王と、勝手にあがめている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

俺とおまえ展
手織人 酒寄剛史×ファブリックアーティスト阿部由布子 第一回二人展
2016/4/20(水)-25(月):キチジョウジギャラリー(井の頭公園駅)

d0182119_10454479.jpg

d0182119_10455651.jpg

なかなかのインパクトの展覧会名。
さをり織の酒寄剛史さんは、あたらしいアプローチを持って伝統のさをり織を伝えている。
コンセプトが固い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

musuburi
1週間の生地屋さん vol.7
2016/4/21(木)-26(火):ギャラリーCONTEXT-S(阿佐ヶ谷)


リネンとコットンの交織によるリバーシブル生地やビックチェックの生地など、春を感じる生地とストールを作りました。
恒例のporto ponponeさんとのコラボレーションで、コートやワンピースなどのオーダーもお受けします。どうぞお出かけ下さい。  
長谷 真由美

d0182119_10504743.jpg

使ってくったりして色褪せしてと、musuburiの生地は経年が楽しみのひとつ。
ちょびっといただいて、ちょびっとづつ服にして、ガンガン着たおす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016春
目白コレクション
2016/4/23(土)24(日):目白椿ホール


旬のアンティークショップが集まりました

d0182119_1056219.jpg

上の渡邉紘子さんの展覧会と会期がかぶるため同時に行かれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



- 葉山芸術祭参加 -
「ganga工房」真木テキスタイルスタジオとPONNALETの布
2016/4/23(土)-29(金):PONNALET葉山の家


真木テキスタイルスタジオのganga工房はインド北部 ガンジス川(インド名 ガンガ)の近くにあります。
その工房で真木千秋さんの糸づくりからこだわった手織の布がうまれ、たくさんの人を魅了し続けています。
手紡ぎの風合いゆたかなタッサーシルク糸を麻に織りこみ、ふんわりとしたシルエットのギャザースカート、定番生地でロングベスト、チュニック、パンツ。
柔らかなボーダー柄の生地では薄手のロングコート、上衣、ベストなど。 組み合わせ楽しい春の服がそろいました。
軽やかな彩りの新作ストールも合わせてご紹介いたします。
PONNALET木綿着物の新作、真木テキスタイルスタジオ×PONNALETの半幅帯もお楽しみに。
PONNALETセレクト結城「澤屋」の紬着尺も葉山に届きます。

d0182119_110915.jpg

ラケッシュさんのカレーランチ、真木千秋さんのお話会もあり。
詳細はPONNALETのサイトでご確認下さい。
[PR]

by kerokikaku | 2016-04-16 10:23 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< さえない      みしまなづる >>