2016年 06月 04日
つるつる
6月上旬のインフォのマクラにあじさいを載せたところ、真鶴御大こと布茶さんもマクラに載せていた。
d0182119_22542955.jpg

福岡から松濤へ7月にお出ましのプラナカン展示も、かぶった。
d0182119_22563540.jpg

誰が見ても、けろが真似しおった、だろう。

いやいや。
たまたま。

めったやたらなコンタクトはし合わない(他意はない)ので、談合なんてとんでもない。
力量差歴然。

一心同体少女隊でもない。
d0182119_2365120.jpg

てか、いっそ、旺盛なレポート行脚の談合という名の尾行、もしくはゴーストライターでも受け入れたい。
ありゃ職人技の域です。

図書館でジャケ借りした本。
川上弘美の「真鶴」。
d0182119_2395675.jpg

いまだ3回しか訪鶴していないくせに、勝手な親近感で思わず借りた。
ガーッと読み、最後の数ページは先程はなまるうどん吉祥寺店内で読了した。

有効な感想はよそから引っ張ってみて下さい。
わたしとしては面白「い」と「くない」の中間ぼやぼやだが、とにかくこの作者の本はガーッと読める。
そしていつだって奥歯にアジの小骨の3本挟まった感。

本にあった「夏の祭」は貴船まつりだろうかとか、主人公がバスで降りたところは遠藤貝美のあそこだろうかとか。
なんで、駅前のしかも1軒しかない名居酒屋が出てこないのか。
泊まれるホテルあったっけとか。

巻末にあった参考文献「真鶴町史」や「新・真鶴風土記」も気になる。
ひとんちの町のことなのに。

これとは別だが、真鶴町まちづくり条例「美の基準」をちゃんと読んでおきたい。

いつかの4回目の訪鶴はきっといそがしい。

[PR]

by kerokikaku | 2016-06-04 13:35 | ものすごくその他 | Comments(2)
Commented by gongxifacai at 2016-06-06 23:02
4回目はお泊りで。
待ってるぜぃ。
(インフォはなるべく被らないようにチェックしてます)
Commented by kerokikaku at 2016-06-09 21:57
gongxifacai 様
かぶるのはかつらもインフォも、たまたまなんでよかろうもん。とおもっちょる。
あの真鶴本にあったホテルに泊まりたいけどお化け的なものがついてくる内容だったので非常に悩んでいます。


<< 緑いろいろ      試行錯誤という名の その2 >>