2016年 08月 06日
レスキュー布を洗う
あれは7月下旬のこと。
自分の予定と天気予報をにらんでいた梅雨のおわり。

6月に、川口の御大こと正藍型染師田中昭夫・屋号紺定宅、奥の院で、段ボールにごっちゃり入っていたハギレを救出した。
d0182119_2332791.jpg

ハギレとは名ばかり。
けっこうな長さの布もたくさん。
d0182119_23321737.jpg

とりあえずレスキュー仕分けをし、洗濯は後日とした。

そして、いよいよ7月下旬のある日。
曇りと晴れの中間だが、いいでしょう。

朝イチに御大に電話し、川口へ向かう。
d0182119_23463381.jpg

7月田中学校は、汗みどろの予感。
d0182119_13284239.jpg

御大は、新しい染布の仕上げと、次の準備をしていた。
d0182119_23464711.jpg

仕事のお邪魔にならぬよう、
「わたし一人で洗いますんで、ご自分の仕事をしてください」と申し述べる。
d0182119_2347515.jpg

水槽にレスキュー布を入れ、洗う。
d0182119_23474576.jpg

なぜか、御大もここへ来て働く。
d0182119_23472167.jpg

「いいですって、わたしがやりますから」ってのに、気が気でないらしい。
このところ「見るに見かねて」がキーワードになりつつある、当方けろ企画。
d0182119_23483092.jpg

洗うだけで半日かかりそうだ。
d0182119_23485583.jpg

この量だと、洗う先から干していかないと、間に合わない。

むしろを敷く御大。
d0182119_2349582.jpg

うわあ、これ、ハギレという名のお宝じゃないか。

田中昭夫「紺定」の染布は、ほんの小さなハギレになったとしても、仕事が仕事だけに、布の力が違う。
ハギレだからこそ、すごさがわかることもある。
d0182119_23491967.jpg

この手ぬぐい、レアすぎ。
d0182119_23493295.jpg

「オモテ向けて干したらダメだ。ウラ向けて干さないと」と御大。
d0182119_2350577.jpg

そうね、藍染布は色褪せやすい。
ウラ向けて干しますね。

御大が働く。
d0182119_23502174.jpg

張り手に、カシャン
d0182119_23503337.jpg

ポン
d0182119_23504459.jpg

干すぞ干すぞ。
d0182119_23505214.jpg

ウラ向けて干すぞ。

御大が働く。
d0182119_23511617.jpg

張り手が足りない、と御大が働く。
d0182119_23513720.jpg

地面も足りない。
d0182119_23514864.jpg

ともかく、敷いたりぶら下げたりして、ぜんぶ干す。

ぜんぜんハギレに見えない大布もたくさん。
干しても干しても、沸いて出るかのごとく、まだある。
d0182119_23521519.jpg

日暮れ前に取り込み、藍染めのハギレ、洗濯完了。

結果的に、御大がよく働いて下さった一日だった。
自分の仕事、ほっちらけ。

次のアイロンがけは、また8月に。
d0182119_121827.jpg

さて。

なぜ、藍染布をウラ向けて干したのか。

色褪せ防止もあるが
「ハトがさ、クソひっかけるからさ」と、おもむろすぎる発言に「え?」となる。

昼ごはんに外へ出た時、御大が「ホレ」と。
d0182119_1323086.jpg

たしかに。
[PR]

by kerokikaku | 2016-08-06 14:07 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)


<< 8月のアイロンーその1      8月上旬のインフォルマシ追加しました >>