2016年 09月 30日
型染師と絞り染めーその2
ハギレを三つ編み。
d0182119_1552446.jpg

たったそれだけ。
d0182119_15322518.jpg

大のオトナが3人かかって
d0182119_15234666.jpg

からまるからまる。
d0182119_15251489.jpg

船頭多すぎて、息のあわないことったら。
おかしすぎて手が震え、腰が砕ける。
d0182119_15254926.jpg

やれやれ、わたしはイチ抜けさせていただく。
d0182119_1526145.jpg

御大ってヒトはね、結局ヒトに任せられないんだよね。
d0182119_15294957.jpg

四つ編みになった三つ編みを、君たち二人でなんとかしたまえ。
d0182119_15281087.jpg

最終形は、正藍染めして、こうしたい。
d0182119_15284113.jpg

2本目からは力を合わせず各々が三つ編みし、平和を維持。

どうにかこうにか、6本出来まして
d0182119_15312252.jpg

一旦水に漬けて、引き上げて水を絞る。
d0182119_153150100.jpg

女子部の絞りは非力で甘い。
d0182119_1533536.jpg

御大としては気に入りませんで、すかさず修正が入る。
ははは。
d0182119_15345584.jpg

藍のご機嫌はいかがかな。
d0182119_15361224.jpg

まあまあ、よかろうもん。
d0182119_15365629.jpg

カゴを用意し
d0182119_153725100.jpg

棒を渡し
d0182119_1538094.jpg

藍甕に沈め
d0182119_15382724.jpg

ぜんぶの三つ編みをジャボンかと思いきや、1本ずつ、そおっと。
d0182119_1540281.jpg

5分染めを3セット。
d0182119_15404026.jpg

その度にギュウギュウ絞り、ぶら下げて酸化させる。
d0182119_15412186.jpg

締め上げが足りませんですと。
d0182119_15415184.jpg

御大からすると、ま、気が気じゃないですよね。
d0182119_15482315.jpg

水にとって、すすぐとこんな感じ。
d0182119_15491459.jpg

ひと晩水につけて、また明日も同じ工程を重ね、思った藍色まで染める。

って、我々は来ないんで、続きは御大がやるってこと?
ですよね。

結局、御大のお手を煩わせたような。
ま、いっか。

彼岸過ぎると日暮れが早くてイケナイ。
d0182119_1554391.jpg

~オッタマゲオマケ情報~

おもむろに干されていた大座布団。
こんないいものがあったなんて、聞いてない。
d0182119_1631157.jpg

藍無地のような、うっすら格子柄が透けるような。
d0182119_1634314.jpg

たっぷりの真綿が詰まっていて
d0182119_1642822.jpg

おいおい、まさかのウラ使い!?
d0182119_1652272.jpg

しかも広幅、ナナメ格子で、超お宝布じゃないの。

アロハシャツをウラ使いするのはよくある話ですけど、こんなのアリなの?
d0182119_1655131.jpg

こたつの下に敷いてるんだって。
d0182119_1673092.jpg

豪儀すぎ。
[PR]

by kerokikaku | 2016-09-30 15:38 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)


<< 10月上旬のインフォルマシ      型染師と絞り染めーその1 >>