2016年 10月 11日
座布団カバーを作る
作る、なんてエラそうに。

じゃーっと縫っただけ。
ただの直線、チャックなし。

天高く、以下省略。
d0182119_21505629.jpg

リバティ生地をじゃーっと縫い、汗と涙と何かのしみ込んだ枕カバー。
臀部に敷けば、お座布団にも変貌するすぐれもの。

10余年前は赤だったと、見る影もなく、色褪せもかくや。
d0182119_21532048.jpg

そうだ、御大の座布団カバーがあるじゃないか。

御大の型染めに鳩車を発見した時は嬉しかった。
とっくに死んだお爺ちゃんが長野出身で、お土産にもらったのが懐かしい。
d0182119_2157418.jpg

入れ替え完了。
d0182119_21573112.jpg

ぱっくり開いた口は、正藍染めの木綿糸で綴る。
d0182119_2158888.jpg

やれやれ、目のカスミめ。
近眼がさらに進んだ、と思いたい。
d0182119_2158552.jpg

みじんぎりも、小口切りも、まつり縫いも、人間関係も、何だってざっくり。

ブラックジャックをオマージュするお座布団、一丁上がり。
苗族にだけはお嫁に行けない。
d0182119_2217356.jpg

なんか、一個だと、さみしい。
d0182119_2204382.jpg

そうだ、うちには御大ハギレがあるじゃないか。

あの頃、田中染布の通販サイトを立ち上げ、2日目の夜になってから「もう先取りじゃないからいいよね」と、自分でも購入したカット布。

風呂敷を作った後の、菊と牡丹のハギレをつなげる。
d0182119_2275436.jpg

ウラは適宜接ぐ。
レイアウトに問題があるのは承知だが、いつの日かほどくとし、先を急ぎたい。
いちおうどれも御大布、ということに意義を持ちたい。
d0182119_2285847.jpg

紗綾形も50cmあったっけ。
d0182119_2294350.jpg

はじっこ処理するも、捨てられない。
d0182119_22102673.jpg

これを捨てると、お天道様と、各方面から叱られますゆえ。
あれに見えるは科布の糸端。
d0182119_221135.jpg

じゃーん。
お座布団、3丁上がり。

あわわ、

どぼちよう。

ウィンター仕様の背景とのマッチングが、悪すぎて、濃ゆくて、暑い。
冬に向けてでなく、夏に向けるべきだった。
d0182119_2231866.jpg

どぼちよう。
折り曲げるにも生地が足らず、お口ぱっくり子。
d0182119_2227392.jpg

そうだ。
H.P.Eのお座布団はどうなってたっけ。

谷さんがむきむきっと出したのはホンモノのワタでした。
当方、ユザワヤのポリ綿使用なのがタマにキズ。
d0182119_22292156.jpg

困った。
こおゆうヒモ、ない。
作れない。
綯えない。
正藍染め木綿糸も足りない。
d0182119_2227401.jpg

GSSで、手ごろなの、見たような、売っちゃったような。

あいたたた。
ひと晩考えます。


つけたし:
魔法のビンのあっち側には
d0182119_2372444.jpg

H.P.Eの糸端が、ぴらぴらっとな。
d0182119_2382586.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2016-10-11 22:01 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(4)
Commented by team-osubachi2 at 2016-10-12 16:16
良いものですな、秋、あたらしいおざぶのカバー♡
当方はお菓子の筒缶に絞り終えた水彩絵の具のチューブを溜めてるのですが
ガラスボトルにいろんな布の端っこや糸玉が詰まってるのも良いですな♡
Commented by kerokikaku at 2016-10-12 22:38
あ、それ、すてきですね、ちびた絵の具のチューブ。

ちなみに、魔法のビンに糸端を貯めてる画像を御大に見せたところ、意味不明的なお顔でした。
Commented by gongxifacai at 2016-10-12 23:10
10日にKEIANで敦子姫にお会いしたら、
御大布で座布団カバーを作りたいと言ってました!
これを見て参謀に注文がいくかもね:笑
Commented by kerokikaku at 2016-10-13 17:56
逆に、これを見た姫からのご注文、、ないね。


<< 10月中旬のインフォルマシ      体育の日 >>