2016年 12月 24日
逆さサンタ
昨日はリバマこと川口訪問だった。
見事な雨上がり。
d0182119_19455274.jpg

御大が型付け作業をすると聞きつけ、一度確認しておきたいな、と。
藍の状態がアレなんで、染めるのは寒明け蒅のあとになります。
十二月田中学校についてはあらためて。
d0182119_19472345.jpg

さて。

先週末から、ケータイ紛失BIGプロブレム発生。
ひとり大騒ぎの一週間だった。

新幹線を降りる時から地下鉄に乗るまで。
ほんの数分の出来事。

地下鉄に乗る前に気付き、同行人に鳴らしてもらうがうんともすんとも。
地下鉄に問い合わせるが、届いていないという。
JRと警察にも連絡する。

荷物をロッカーに入れ、最寄りのケイタイ屋で通信を止めてもらう。
しかしiphone操作については知らぬ存ぜぬ。

「iphone屋に電話してみてください」って、電話するケータイがないんです。
「ウエブで調べれば」とおっしゃるが、この先3日間はWIFI環境がございません。
「iphoneを捜すアプリ」って、スマホがないのでどうしたら。

ケータイがないと、メールも電話も検索もできない。

この絶望的事実にお手上げだった。

公衆電話を前に小銭がない。
コンビニで両替を断られ、テレカも売ってない。

地下鉄窓口で100円両替を頼むと50円玉を混ぜて下さり、何度も両替へ。
公衆電話はおもしろいほど小銭が消える。

なんかもう、無力感でいっぱいだ。

混み合うiphone屋は翌日やっと通じた。
そこではじめて「通信は止まったが表面のデータは見られる状況にある」と知る。

ケータイ屋は通信を止めて下さって有難いこと。
しかし中のデータが「見られる状態」なことを、初動段階で強くアナウンスすべきでしょう。

何故なら、何の因果かパスコードを入れておりません。
誰でも見られるオープンマインドな状態です。

ケータイ内のデータ。
パスワードやら何やら、こわいものがぜんぶ入っている。

おーい、見られるんかい。

電話を止めたからってあかんがな。

早よ、ゆうてや。

アタマ真っ白。

JRからは「届いてへん」メールが入る。

あかん、こりゃあかん。

わたしは、君たちを一秒たりとも待てない。
君たちも、わたし自身も信用できない。

朝イチにケータイ屋へ駆け込む。
機種変したてで何の値引きもなく、つちかった割引が抹消されるペナルティ、さらに鬼のプロパー一括払い。

鬼、鬼、おまえさんたち鬼、と思いながら同じ機種を泣きながら再購入。
しばし居座る権利を得、持ち込んだPCとデザリングし、その場で設定をイチから変える。

ぜんぶのパスワードを変えんといかん。

やられたら終わりだ。
世知辛い世の中とは思いたくないが、残念ながら、過去やられたことがあるのだ。

やれることは全部やっておかねば。

あのパスワードを変えるならこっちのパスワードも変えないと。
慌てているので、変えた先から忘れてしまい、またパスワードを変え、それをメモした紙がどこかへ行く。

わたしは今、なにをやっていますか。
いい仕事をしていますか。

クレジットカードも止めた。
それにより公共料金などの引き落としもぜんぶ変更。
あれもこれも、ぜーんぶ変える。

アーメン、ソーメン、冷やソーメン。
そんなこんな。

きょう午前中も、あっちこっちに契約変更を連絡しまくっていた。

ピンポンが鳴り、郵便屋さんから封筒を渡される。
ケータイ片手に封を開けてみると「携帯電話機拾得のお知らせ」のペラリ一枚。

なんのことだかわからない。

とにかく早ようモロモロの契約を変更しなくては。
てか、しなくていいのか。
通話中の変更手続きを切るのか、なんなのか。

わたしは今、なにをして、なにをしなくていいですか。

え?

てゆうか、2度も問い合わせた時は「ない」ってことだったのに、その日に「あった」んだね。
身も心も痛めて、オールリセットした一週間後の今、という奇跡的なタイミングでお知らせして下さったのね。

は。

たいへんお騒がせし、ご迷惑をかけまくった皆々様へ、この場を借りて深いお詫びを。
届けて下さった方と当局には、なんでもうちょっと早く、なんつうことはつゆほども思わず、深い感謝とため息を。

サンタさん、ステキなプレゼントをありがとう。
d0182119_2145413.jpg

わたしは来週、新幹線に乗って名古屋までケータイを取りに行かねばなりません。

新しい同機種のケータイが2つになる予定です。
1つはなにもかもリセット消去し、使えないケータイです。

まだ返済し終わっていないんです。
手元にあったほうが、いくらか精神衛生に良いでしょう。
d0182119_21594988.jpg

それから。

口が裂けても、誰にもゼッタイ言うまいと。

かたく心に決めていたことを、聖なる夜に告白します。


荷物を入れたコインロッカーのカギ。

それもその日に無くしていました。




[PR]

by kerokikaku | 2016-12-24 19:59 | ものすごくその他 | Comments(4)
Commented by 津田千枝子 at 2016-12-25 10:39 x
ええ!!ロッカーの鍵もなかったの!それは知らなかった。で、荷物、どーしたの?
Commented by kerokikaku at 2016-12-25 11:16
イマジンしてみよう
Commented by gongxifacai at 2016-12-25 22:28
わがManbow氏も携帯を失くして、どこからも音沙汰なく、
新しいのを買った翌日に警察から連絡が来た!
ぜんぜん使いこなしてないので、けろさまのようにはアレコレはしていないけど、
我が家にも同じ携帯が2台あります。
一台もらったけど、使っていないの私。
契約しようかな。
でもこのままガラケーで充分な気もするんだよね。
Commented by kerokikaku at 2016-12-26 21:19
いまでは御大のガラケーがまるでつかえないカラダです。


<< 毎回変える      しんぼうためといてや >>