2017年 01月 19日
薄藍反物かわゆす
昨秋のおわりから「藍の具合が悪く」、本人の機嫌も悪い、リバーマウスの御大こと川口の正藍型染師 田中昭夫。

「薄くてダメになった」藍とはいうものの、まんなかの火壺におが屑を入れて火を焚き、甕をあたため、まいにち世話を焼いている。

リバマから帰ると、体中がいぶされたにおいでいっぱいになったのに気づく。
d0182119_16191156.jpg

このおが屑一袋が2日でなくなる。
d0182119_16224529.jpg

「薄くてダメ」と言ったって、そもそも御大の藍甕がデカすぎるのだ。
多少の蒅を追加しても間に合わないということ。

たいがい藍を食う。
おが屑も食う。

この御大。
何においても豪儀なのが、チャームであり、問題であり、特長だ。

やることない困ったちゃんの為、不肖けろ企画は上から目線の宿題を出していた。

「どうせなら、薄藍の反物を染めて下さい。本来の紺定としては出せないけれど、何かに使えます」
例えば、半纏のウラに使ったような、こんな薄藍。
d0182119_16295817.jpg

これはこれで、いいでしょう?

すると御大。
ちょっぴりやる気になった。

昨年の暮れには9反が仕上がっていた。
「半纏のウラみたいな」と言ったことで、唐草柄でなく、生真面目にウラ専用柄オンリー。
d0182119_16312127.jpg

あれれ?
d0182119_16314285.jpg

なになに?
d0182119_1632149.jpg

超かわゆすじゃない!?

型が古くてボロボロしてダメだって。
色ムラでダメだって。
d0182119_16332745.jpg

えー、ぜーんぜんダメじゃない。
むしろ、このゆるさがかわいいじゃない!
d0182119_16365887.jpg

分かっています。
決して「味」を求めない真摯な職人に、このような仕事を頼み、よしとするのがどうなのか、と。

最晩年となり、すべてをやり切った御大にだから、頼んだ。
何か月も前から道路に出て「寒明け蒅が届く」のを待っちゃう、藍狂いの御大をなだめるため、これをご提案することは、そんなに悪くはなかろうもん。

「わー、コマですか?」
「いや、大の字」だって。
d0182119_16344373.jpg

薄藍は要注意。
ただでさえ、藍は日光に弱く色褪せしやすい。
たたんでおくと、折り目だけが褪せる。

もし薄藍生地をミニクッションにして、窓辺に置いて、数か月で真っ白になってはたいへんだ。

そこで実験を開始する。
薄藍の絞りがあったので、屋外に吊るし、色褪せを検証する。
d0182119_1705070.jpg

1か月後。
左が屋内、右が屋外。
d0182119_1725560.jpg

うっすらあせている。
やはり退色は避けられない。

それが確信できた。
要注意物件には間違いないことを肝に銘じる。

でもかわいい。
と、褒めたら、正月2日から染め初め、さらに14反出来ましたとさ。
やってくれた、御大。
d0182119_17134163.jpg

TGが褒めるので、探り探り、みょうな気分で染めたらしい薄藍反物。
「大」と「呂」だって。
「毛」と「呂」がよかったな。
d0182119_17145486.jpg

寒明け蒅が届くまで1か月を切り、この薄藍染めも終了。
「もういいだろ」って。
d0182119_17155538.jpg

蒅がいつ届いてもいいよう、徐々に型付けをはじめ、来るべき日に備える。
だから忙しい、とおっしゃる。

あちこちガタがきているらしいが、蒅が届いたらそんなこと言ってられない。
d0182119_17181585.jpg

これ、型付け用の前掛け。
d0182119_1720732.jpg

生地巾そのままの、お手製の前掛け。
d0182119_17282064.jpg

糊がついてしまうので、型付け時の必須アイテム。
d0182119_17224740.jpg

激しい使用によって穴が開いたんじゃありません。
ついた糊を、夜中にネズミがかじって開いた穴。
d0182119_17284920.jpg

「谷さんの生地の残りだ」って。
レンテン族の白生地の端っこを藍無地に染めた前掛けとは、贅沢の極み。

「持ってっていいよ」って。
ネズミ穴開きのお年玉、もらってしまった。

御大って、いいとこあるな。

[PR]

by kerokikaku | 2017-01-19 16:23 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(2)
Commented by team-osubachi2 at 2017-01-20 10:50
ああ〜♡なんとツボな格子に、大さま
(ミシンの糸巻きと凧あげの糸巻きかと思っちゃいました/笑)
、、、、いつか毛さま呂さまも?
いつも楽しいご報告、今年も嬉しく拝見いたしますー♪
Commented by kerokikaku at 2017-01-21 11:26
team-osubachi2 様
聞かないとわからない意匠ですよね。
どこかお店のロゴらしく、御大アレンジのようですよ。


<< 1月下旬のインフォルマシ      GARAGE SALE SHO... >>