2017年 03月 05日
リバマ事件簿ー了
田中紺屋の不測事態を見かねた黒幕は、播磨藍の村井さんとその知人の方から、急きょ蒅を分けてもらうことにした。
d0182119_11391582.jpg
「その人たち、誰だかわからないんだよなあ」
「ここに来たことあるっていうんだけどなあ」

村井さんも日々の推移を心配してくれていた。
自分の知らないところで、色んな方が気にしてくれている。

「オレは運がいい」
ボソっとつぶやいた。
d0182119_12490905.jpg
外に、素晴らしい色味のタオルが干してあった。

「甕に水を張る前にさ、中をきれいに拭き上げたんだ」
d0182119_11413024.jpg
この意味わかりますか?

朝早く起きて、藍が到着する前にひとりで再度さかさハシゴを立て、甕に入り、バスタオルで中を拭いたってこと。

ご厚意で分けて頂いたありがたい蒅を入れるのだ。
丁寧に、だいじに、仕込みたい。

ちなみに例の寒明け蒅は、20日経って青が出て来た。
d0182119_11392939.jpg
試し染め。
d0182119_11394976.jpg
少し青になりましたね。
d0182119_11400586.jpg
「まあそうかな」

「こんなもんじゃないんだけどな」
d0182119_11400705.jpg
お待ちかね。

播磨藍を受け取った黒幕のクルマがやってきた。
d0182119_11552675.jpg
蒅がすぐ沈むように、あえて乾いた一昨年の蒅を用意してくれていたとのこと。
d0182119_11402116.jpg
出来立てだった寒明け蒅とは、ずいぶん違い
d0182119_12094031.jpg
からりとして、タネもカラも混入していない。
d0182119_11403240.jpg
いよいよ田中紺屋の藍甕に「播磨藍」が入る。
d0182119_11404670.jpg
1俵の半分量を、大谷焼甕1ツに仕込む。
d0182119_11410740.jpg
フスマと石灰を投入。

辛くしないよう、注意深く。
d0182119_11414200.jpg
こんどこそ慎重に。

きちんと建つまで、「紺定」色のパキッとした濃い藍になるまで、待つ。
d0182119_11415680.jpg
ようやっと、田中紺屋の気が晴れた。
d0182119_14024435.jpg
ラストスパートに準備した、型付け済みの反物群。

これらは、藍がしっかり建ってから、ぼちぼちと染めていけばいい。
慌てた仕事はしない。
d0182119_11425709.jpg
さて。

我々TGが関わって「田中昭夫の染め布展」を行うのは、この月日荘展でほんとうに最後です。
まとまってご紹介できるのは終わり。

さいご、さいご、でTGは最後です。

ただし、この様子じゃ、田中御大はまだ染め続けます。
誰にも止められない。
d0182119_13020242.jpg
では、3月以降、徐々に染まった反物はどうなるのか。

どこで入手できるのか。

TGが、またどっかで「最後」展をやるのか。

「否。」

d0182119_13052380.jpg
この先はすべて名古屋月日荘取扱いとなります。

それだけは、決定しています。

・・・・・・・・・・・・・・・

すでに3/10からの月日荘展分のパッキングは終わりました。
d0182119_13125762.jpg
力強くも愛らしい岡崎木綿の帯地。
d0182119_13155201.jpg
弁柄も入りました。
d0182119_13162232.jpg
月日荘好みのリクエストに応じた花柄、岡崎木綿帯地。
d0182119_13172494.jpg
やわらかく染まったカタバミやベニバナも。
d0182119_13175614.jpg
例の古い韓国手績手織麻の帯地は、あるだけ御免。

再度申し上げますが、生地がもう手に入りません。
d0182119_13074062.jpg
江戸期蚊帳に正藍無地染め反も出します。
d0182119_13264625.jpg
少しですが、カット反もあります。
ハギレセットも作りました。

そして「若い衆コラボ品」。
こちらの詳細は少々お待ち下さい。
d0182119_13285911.jpg
しめて大段ボール11個分。

来週金曜からの月日荘展にて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【正藍型染師 田中昭夫の新作染め布と、若い衆とのコラボ展】
2017/3/10(金)‐16(木):月日荘(名古屋)
d0182119_13084254.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2017-03-05 10:59 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(7)
Commented by team-osubachi2 at 2017-03-05 11:44
ほんの数年前まで「生まれてくるのが百年遅すぎた」と言っていた
その同じ人物の口から「オレは運がいい」という一言が漏れでてくるとは、、、。
泣けてくる感動巨編です。
中日過ぎに伺う私は少し拝見できるだけでいい。
たくさんの布がたくさんの人の元へお嫁入りしますように♡
Commented by kerokikaku at 2017-03-05 17:59
予定では、三月今ごろはのんびり「月日荘展を震えて待て」的なブログのはずだったのですが、寒明け蒅からどんどん話がアワアワで、短編が巨編で、藍酔いしています。

でもそんなアレコレは全く関係なく、ただひたすら清々しい染め布だ、というのが紺定の布なのです。
Commented by kema at 2017-03-05 18:43 x
けろ様 お久しゅうございます。3月にコメントしましたkemaです。
言いつけ通り震えて待っていましたよ。
御大にお会いしたさに、金曜の夜に名古屋入りする予定です。
座布団とお揃いの帯を里帰りさせてあげたいのです。気がつきましたら、お声掛けください。
Commented by kerokikaku at 2017-03-05 22:26
kema様
ああああ、ありがとうございます。

残された重要ミッションは、無事に御大を3/10(金)初日の朝、川口から名古屋へ運搬することです、笑。運び屋は手配済み。

藍が心配で来ないって言いそうで、なんとかなだめすかしていますが、わたしが一番震えています。
Commented by ayumi at 2017-03-06 11:03 x
リバマ事件簿はらはらしました。「了」を読み終わりホッとしました。

本当に清々しい布ですね~
名古屋に行けないのが本当に残念です。

勉強不足で恥ずかしいのですが、江戸期の蚊帳布とそれ以降の蚊帳布の違いを教えてください。素材?布幅?
時間の余裕があるときに教えてください。

名古屋での展示会の成功を祈ってます。
Commented by kerokikaku at 2017-03-06 21:32
ayumi様
いつもありがとうございます。
ホッとしていていいのでしょうか。
脅すようですが、リバマの御大はつぎに何をするのか、何が起こるのかわたしにもわかりません、笑。

わたしも不勉強の長として、江戸期の蚊帳と推測するのは手績み手織りであること、農家の閑散期におばあ(とかいってわたしより年下かもしれん)達が各家庭で織ったので、太さや織りも素材の色味もばらばら、ということです。
明治を過ぎると機械織り・合成繊維に席巻されます。

黒幕にたずねたところ、こんなサイトを教えてくれました。
ご参考まで。
http://www.anmin.com/kaya/hakubutukan/rekisi.htm
Commented by ayumi at 2017-03-07 14:32 x
お忙しい中蚊帳の事ありがとうございます。

青山の頒布会の時は着物を着ないし、洋裁も出来ないから反物買っても・・・とか思って端切れを購入してまんぞくしてましたが、今回のコラボ作品素敵すぎます!
バックに洋服、アクセサリーに小物。
名古屋なんですよね・・・
は~本当に残念。
全国に涙してる布好きが居ると思います(笑)
追加のリポートと写真楽しみにしてます!!!


<< 若い衆とのコラボ品ー序      リバマ事件簿ー2 >>