2017年 03月 07日
若い衆とのコラボ品-1
柿渋染め作家:冨沢恭子

d0182119_21403091.jpg
ヒダヒダ縫いがポイントの「小籠包かばん」。
御大×TOMMYの贅沢なショーロンポー。
d0182119_14055249.jpg
発掘された、途中やりの「鳶の親方半纏」が元生地。

この松煙染ハギレに冨沢柿渋がかかった。

d0182119_14085042.jpg
冨沢さんは、ギャルリ百草展と会期がかぶるため、いまもって鋭意制作中の状況。

預けた田中染布はこちら。
d0182119_15232518.jpg
生地は仕込み済、と連絡があった。
d0182119_14130915.jpg
科布にはチクチクを入れ、柿渋。
d0182119_15253330.jpg
問答無用の特別待遇。
ほかの若い衆には他言無用。
スライディングセーフの前日納品とはこれいかに。

かたずを飲んで震えて待つ。

※3/7現在の仕上がり状況はこちら⇒
d0182119_14062297.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・

洋服:
MITTAN

ざらりとした触感が涼しげな、広幅カディコットン。
ゆらぎ麻葉の型染ワンピースは、2枚重ねでも単体でも着られる。
内側は藍無地の麻。
d0182119_14554277.jpg
d0182119_15173343.jpg
岡崎木綿広幅に空色の紗綾形。
内側はクレープ木綿晒。
d0182119_14562337.jpg
いつものMITTAN商品よりハンドルが長く、肩にも掛けられる特別仕様のバッグ。
d0182119_16175423.jpg
”型染”師の”絞り染”、岡崎木綿で。
d0182119_15212989.jpg
のれん用に作った帆布に藍×渋木。
「巴」は片面に。
d0182119_15220153.jpg
裏地は、絞りBAGも同じくMITTANの藍のペルーコットン。
d0182119_15222035.jpg
袴風パンツの菱花柄は、この布のみに使用の型紙。
あまりにも贅沢。
可能な限り柄が途切れないよう調整してあった。

上質の薄手カディコットン広幅に、花芯は藍取り、すっきりした濃藍で。

袴のようにポケットは付いていないが、しっかりと御大の布を感じていただける、とのこと。
d0182119_16264745.jpg
MITTANのインスタグラムでもご覧頂けます。

・・・・・・・・・・・・・・・

洋服:奥田早織

数十年前に古民芸もりたで求めた江戸期の蚊帳の藍無地を、早織ちゃんへパス。
d0182119_13264625.jpg
すると貫頭衣のような、早織解釈の3枚が届いた。
肩が蚊帳、下はそれぞれ早織セレクト麻。

d0182119_16510691.jpg

中央のちいさなパーツは小原聖子の真鍮+白漆。
コラボ&コラボのTOPS。
d0182119_16511174.jpg
デニムのヒモパンツ。
d0182119_16512355.jpg
裾のみ正藍無地木綿。
ここまでムラなく濃く染めることの凄さ。

ウエストゴムパンツ。
まえうしろ、履き間違えOKな仕様。
薄藍かわゆすの裾と、広幅木綿の貴重なBIGチェック。
d0182119_21380704.jpg

チェックパンツの後ろ面、無地は2種類。

d0182119_16514649.jpg

TG布茶もレポートしてくれました。
d0182119_17101441.jpg
奥田早織さんのインスタグラムでもご覧頂けます。

・・・・・・・・・・・・・・・

洋服:加藤希久代

好天のいまがチャンスと、すべてに洗いをかけてみた。
d0182119_17221261.jpg
干しながら、気分が上がってしょうがない。
d0182119_17135566.jpg
白梅をバックに、梅ちゃんシリーズ。
両端は岡崎木綿、真ん中はインドカディコットン。

たまらない。
わたしはこの3点セットが欲しい。
d0182119_17233911.jpg
2017年の初染め、薄藍かわゆす
d0182119_17313321.jpg
d0182119_17282830.jpg
d0182119_17354495.jpg
カディコットン&手紡茶綿、たっぷり贅沢なギャザーブラウス。
d0182119_17381269.jpg
パンツのストライプは左右それぞれ。
岡崎木綿の貴重な広幅を使いました。
d0182119_17412220.jpg
正藍無地との悩ましいリバーシブル。
d0182119_17414253.jpg
ハギレパーツをパッチワークしたラップスカート。
d0182119_17434933.jpg
もしかして
d0182119_17544482.jpg
両面いける。
d0182119_17553553.jpg
なんの衒いもなくみえるストライプ。
だからこそ、素材と染めがモノを言う。
d0182119_17573450.jpg
広幅に太い縞、藍取り濃淡、そしてこの生地。
春を飛ばして初夏の風が吹いた。

この手の上質なカディコットンは、いま手に入るのかどうか。
d0182119_18091955.jpg
続きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【正藍型染師 田中昭夫の新作染め布と、若い衆とのコラボ展】
2017/3/10(金)‐16(木):月日荘(名古屋)
d0182119_13084254.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2017-03-07 14:04 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)


<< 若い衆とのコラボ品-2      七緒vol.49と月日荘ご近所MAP >>