2017年 03月 09日
明日から、名古屋月日荘でラストショー
播磨藍の仕込みも、月日荘出荷も終わった翌日、黒幕のケイタイが鳴った。

御大ホットラインは、こちらの心臓をドキンとさせる。

「火壺に入れるおが屑がなくなった」SOSだった。
d0182119_21594458.jpg
藍あたため用のおが屑は、日に1袋以上消費する。
バカでかい4甕を仕込み中なので、思った以上に減りが早かった。

運転免許は返納、すぐ取りにはいかれない。
木工屋におが屑の確保と、軽トラ運搬の手配をせねば。

さらにその翌日のこと。

わたしのケイタイにも着信が何度もあった。
折り電するが出やしない。

″取扱注意骨董品名古屋運搬担当者″との打ち合わせに、その日リバマへ出向いていた黒幕より報告があった。

「藍がきた!って」

なんのことらや。
だって藍は届いているじゃない。

そうではない。
「藍がきた」とは藍の建つ兆しが見えた、ということ。
d0182119_22151656.jpg
藍が順調に建ってきた。

もちろん播磨藍。
仕込みから4日目。

建ちが良い。
嬉しくて嬉しくて、何度も電話したらしい。

約束の時間ぴったりに黒幕が着いた時は、すでに中石を打ってのべた後だった(中石の意味は各自検索されたし)

「遅いよ」
って、もうほんとうに、どの口が。

播磨藍が建つのはしごく朗報だが、すぐに震えが来た。
「今度こそ御大、名古屋に行かない、って言うだろうな…」

藍こそすべて。
こればっかりは治らない。

藍が心配で名古屋どころじゃないだろう。
代理でわたしが半纏股引の正装し、みなさまをお迎えしてもどうにもならない。

黒幕が続けた。

「藍は建てる時に30度近くまで加温する必要があるけど、温度が下がると発酵がゆっくりになるの。まだ止め石をするところではないから、名古屋の朝に様子を見て、翌日戻るまで藍に休んでてもらって、それからまた加温して調整すればいいよ、と言ったら納得した」とのこと。

そう。

おが屑がなくなったのがコレ幸い。

もしもおが屑があって、PHがどんどん下がってきたら、と考えるだに恐ろしい。
あの御大、名古屋行きは200%キャンセルしただろう。

しめた。
もう、行くしかない。

もともと、さっくり月日荘展が開催とは思っていなかった。
きっと何かある、と覚悟はしていた。

・・・・・・・・・・・・・・・

2015年5月「最後の頒布会」終了の翌日。

我が目を疑う、この光景からはじまってしまった。
d0182119_23204981.jpg
精練窯も新調しちゃって
d0182119_23222645.jpg
100反も精練して
d0182119_23312619.jpg
訪問の度に反物が増えて
d0182119_23260862.jpg
あるはずのないハギレが出てきて
d0182119_00081725.jpg
コラボを企画、こんどこそ最後の月日荘展を決めて
d0182119_00102353.jpg
染めすぎで藍が薄くなったので、無地や絞りも染めて
d0182119_23292840.jpg
型も彫り直して
d0182119_23281902.jpg
うす藍反も染めて
d0182119_23321354.jpg
寒明け蒅を、待って、待って、待ちくたびれて
d0182119_23343152.jpg
甕の中身を大入れ替えして
d0182119_23384060.jpg
届いた蒅がうまくいかなくて
d0182119_23370261.jpg
焦ってときどき叱られて
d0182119_23393419.jpg
大甕を掃除して
d0182119_23182729.jpg
急きょ分けてもらった播磨藍を仕込んで
d0182119_23485207.jpg
なにかしなきゃと
d0182119_23420048.jpg
お茶運びもして
d0182119_23472793.jpg
田中さん、もうほんとに最後ですよ。

「うん」
d0182119_23535553.jpg
どんな仕事にも苦労はつきもの。
でも田中昭夫の仕事は苦労ではない。

人の100倍大変なことになっても、好きで、楽しんで、これしかなくてやっている。
これがやりたくてしょうがない。

苦労なんて野暮な混じり気は一切なし。
先入観なく、まっすぐに田中昭夫の染め布をご覧下さい。
まっすぐに応えてくれる、邪気のまったくない、潔く、清々しい染め布です。

藍こそすべて。

自分のやりたい、ほんとうのことをする。
他のことはどうだっていい。
d0182119_23532494.jpg
3/10(金)の朝、無事に名古屋月日荘へあらわれるまで、気は抜けない。

震えて待つのは、いよいよこちらの番だ。

ぜんぜん好々爺じゃない。
d0182119_00213720.jpg
田中昭夫の染め布、ラストショー。
若い衆とのコラボ展、明日から名古屋月日荘にて。

ついでにTGも勢ぞろい。
こちらもラストです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【正藍型染師 田中昭夫の新作染め布と、若い衆とのコラボ展】
2017/3/10(金)‐16(木):月日荘(名古屋)
d0182119_13084254.jpg





[PR]

by kerokikaku | 2017-03-09 12:05 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(2)
Commented by やまびこ at 2017-03-09 18:41 x
ずっとずっと読ませていただいて、いよいよ明日。今も読んでもううるうるです。
田中さん、TGのみなさん、かっこいい!東京ならすっ飛んで作品を見に伺うところですが残念。これからもお元気で!!
Commented by kerokikaku at 2017-03-12 22:39
> やまびこさん
ありがとうございます。おかげさまで開催できました。多くのみなさまにお越しいただき、御大も名古屋入りし、初日二日目終え、昨夜御大はリバマへ戻りました。82年で1,2のBIG DAYだったと思いたいですが、思っているのはTG側だけか(笑)。ともあれあたたかいご支援の賜物です!感謝します!


<< 正藍型染師 田中昭夫の新作染め...      3月中旬のインフォルマシ >>