2017年 03月 21日
リバマバトンタッチ-1
怒涛の月日荘展終了の2日後。

返却便の片付けのため、リバーマウスこと川口へ降り立つ、TG用務員けろ企画とTG幕田くん。
d0182119_09501241.jpg
3月田中学校・名古屋編は、すごかったね。

ありがたかったよね。
みなさまのおかげだよね。
d0182119_09501966.jpg
まさか御大、染めを始めていないだろうか。

なんたって2015年青山展、翌日の前科がある。
d0182119_10140415.jpg
なにもなかった。
d0182119_09502578.jpg
杞憂にホッと胸をなでおろす。

紅白梅がかわゆすだった。
d0182119_09503158.jpg
ふと見ると、
d0182119_09504170.jpg
あの、ぶった切り桜は満開だった。
d0182119_09504896.jpg
こんちはー、お邪魔しまーす。
d0182119_09510950.jpg
返事はなく、甕場の風景が違っていた。
d0182119_09512375.jpg
大甕のフタ、新調したんだな。

また豪儀にあつらえたんだな。
d0182119_09511392.jpg
わたしは以前の小汚いフタが好きだったのに。
d0182119_09513119.jpg
座敷に入ると、御大は絶賛開封中だった。
もちろん、あいさつはナシ。

「ちょ、ちょ、ちょっと」

誰か、御大を止めてくれ。

うちらが行くまで、ぜったい開けないで、って何度も念押ししたのに。

こっちにも段取りってものがある。
d0182119_11355359.jpg
「ちょっと待てーー!」
d0182119_11360063.jpg
だめだ。

御大スイッチが止められない。

なんでいつも、こうなのか。
黙々と開けつづける82歳のパッションが止まらない。

かばんを置く間も、挨拶をする間も、かつて一度も与えられなかった。

はいはい、やります、やりますってば。
d0182119_11360874.jpg
何かを手伝いたいらしい。

じっとしていられない。

じゃあ、やっていただきましょう。
そっちも片づけといて下さい。
d0182119_11375030.jpg
こんなに少なくなった。

みなさまのお手元に、きれいさっぱり渡っていった。
ありがたさでいっぱいだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

やることがなくなると、横でじっと仁王立ちの御大。
わたしは落ち着かない。

越後古代麻のはじっこをハサミできれいにしといてね、と頼むとおとなしくなった。
集中仕事は、得意なんでね。
d0182119_10441264.jpg
田中さんさあ、藍甕のフタ、替えたでしょ。

古いフタ、捨てたでしょ。

ああいうの、捨てないでよね。

藍と愛と汗と涙の骨董品なんだから、捨てないでよね。

だってさあ。

あの立派な五右衛門窯も捨てたよね。
d0182119_10514178.jpg
骨董品の脱水機も捨てたしねえ。
d0182119_10531386.jpg
わたし好みなんだから、古いの、なんでも、とっておいてよね。

ぜったい捨てないでよね。

注意喚起を促し、この日の作業を終えることにした。

・・・・・・・・・・・・・・・

「今夜は近所のトンカツ屋で、一杯ゴチになろうかな」

そう声をかけると「うん」とだけ発し、あっと言う間に戸締りをし、走るように飛び出していった。
d0182119_09531598.jpg
さっきまでのヨタヨタ歩きは、なんだったのか。

待って、ってば。

置いてけぼりのTG用務員であった。
d0182119_09540133.jpg
わたくしが言うことじゃないですが、だまっている御大の代弁をする。

「なんでも好きなモノ、好きなだけ、頼みなはれ」
d0182119_09541157.jpg
「うちら結構ヨレヨレですけど、田中さんさあ、名古屋出張で疲れませんでしたか?」

「べつにそうでもないなあ」

ええ。

そうでしょうとも、そうでしょうとも。
d0182119_09543320.jpg
半纏のウラ地用の「うす藍かわゆす」。
d0182119_09544009.jpg
ことし2017年の初染め、10数反。
藍が薄くなったので「いっそ、うす藍で」と、岡崎木綿に型付けしてもらった布。

月日荘で、カット反や半巾に生まれ変わったかわゆす染め。
d0182119_09545395.jpg
コマのようだが「大」の字の文様。
d0182119_09551719.jpg
こちらは「大」と「呂」。
d0182119_09552796.jpg
田中さんの半纏は、なんて字ですか?
d0182119_11233551.jpg
「キ」だな。
d0182119_11222589.jpg
でしょうねえ。

何かにキ印ですもんねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・

また明日、続きをちょっとやるね。
これで月日荘にバトンタッチね。

田中紺屋の取扱いは、この後ぜーんぶ月日荘でね。

「うん」
d0182119_11470213.jpg
続きます。


[PR]

by kerokikaku | 2017-03-21 12:55 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(2)
Commented by コット at 2017-03-21 15:54 x
やや?何かありそうな気配がそこはかとなく・・・BY通りすがりの者
Commented by kerokikaku at 2017-03-21 16:30
だ、大丈夫です

た、たぶん


<< リバマバトンタッチ-2      正藍型染師 田中昭夫の新作染め... >>